東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

WBO世界ミニマム級王座決定戦開催
image


 WBO世界ミニマム級2位、田中恒成(畑中)が日本最速となる5戦目での世界王座奪取を目指し、5月30日、パークアリーナ小牧で同級1位、フリアン・イエドラス(メキシコ)とWBO世界ミニマム級王座決定戦を行うことが主催の畑中プロモーションより発表された。
 田中は2013年11月デビュー、2014年10月には原隆二(大橋)を10回TKOで破り、OPBF東洋太平洋ミニマム級王座を獲得。今回の試合がプロ5戦目となる。田中はこの試合に勝てば、井上尚弥(大橋)の持つ6戦目を更新する5戦目での最短世界王座獲得となる。
 一方、対戦相手のイエドラスは26歳の右ファイター戦績は25戦24勝(13KO)1敗となっている。