東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

2019年12月試合結果
2019年12月31日 大田区総合体育館 (東京都)

WBOアジアパシフィックタイトルマッチ
12回戦 ミニマム級
     WBOアジアパシフィックミニマム級チャンピオン
  ○ 重岡 銀次朗 (ワタナベ) 105P(47.5Kg)
      KO5R 2'13"
  × レイ・ロリト (大成) 105P(47.5Kg)

WBOアジアパシフィック王座決定戦
12回戦 スーパー・バンタム級
     WBC世界スーパー・バンタム級8位・OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級1位・WBOアジアパシフィックスーパー・バンタム級1位・日本スーパー・バンタム級チャンピオン
  × 久我 勇作 (ワタナベ) 122P(55.3Kg)
      KO1R 1'24"
     WBOアジアパシフィックスーパー・バンタム級5位・フィリピンフェザー級5位
  ○ ジュンリエル・ラモナル (フィリピン) 121 1/2P(55.1Kg)

WBO女子世界タイトルマッチ
10回戦 スーパー・フライ級
     WBO女子世界スーパー・フライ級チャンピオン・IBF女子世界バンタム級2位
  ○ 吉田 実代 (EBISU K’s BOX) 114 3/4P(52.0Kg)
      判定 3−0 ( 98−91・97−92・99−90 )
  × シー リーピン (中国) 112 1/4P(50.9Kg)

WBO世界タイトルマッチ
12回戦 フライ級
     WBO世界フライ級チャンピオン
  ○ 田中 恒成 (畑中) 112P(50.8Kg)
      KO3R 2'29"
     WBO世界フライ級10位
  × ウラン トロハツ (中国) 112P(50.8Kg)

WBO世界タイトルマッチ
12回戦 スーパー・フライ級
     WBO世界スーパー・フライ級チャンピオン
  ○ 井岡 一翔 (Reason大貴) 115P(52.1Kg)
      判定 3−0 ( 116−112・115−113・116−112 )
     WBO世界スーパー・フライ級1位
  × ジェイビエール・シントロン (プエルトリコ) 114 3/4P(52.0Kg)

女子日本王座決定戦
6回戦 フライ級
     日本フライ級1位
  × 佐山 万里菜 (ワタナベ) 111 3/4P(50.6Kg)
      判定 0−3 ( 55−59・55−59・55−59 )
     日本フライ級2位
  ○ 平山 夢 (YuKOフィットネス) 111 1/2P(50.5Kg)

4回戦 ヘビー級
  × イザドパナヒル・モハメドレザ (角海老宝石) 244 3/4P(111.0Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・37−39 )
  ○ 河瀬 啓吾 (宇都宮金田) 209 1/2P(95.0Kg)

4回戦 56.5 Kg契約
  × ビバリー 塚田 (ワタナベ) 124 1/4P(56.3Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・37−39・37−39 )
  ○ 柘植 龍也 (青木) 124 3/4P(56.5Kg)

2019年12月28日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

6回戦 58.5 Kg契約
  × 今田 雄大 (蟹江) 128 3/4P(58.3Kg)
      判定 0−3 ( 55−58・55−58・56−57 )
  ○ 木村 テミン (グリーンツダ) 129P(58.5Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
  × 近藤 冬真 (蟹江) 114 1/2P(51.9Kg)
      判定 1−2 ( 74−79・75−77・77−75 )
     日本スーパー・フライ級20位
  ○ 那須 亮祐 (グリーンツダ) 114 3/4P(52.0Kg)

日本ユースタイトルマッチ
8回戦 フライ級
     日本フライ級5位(ユースチャンピオン)
  ○ 白石 聖 (井岡) 112P(50.8Kg)
      TKO1R 2'09"
  × 鷲尾 樹貴也 (千里馬神戸) 111 1/2P(50.5Kg)

8回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級16位
  ○ 安達 陸虎 (井岡弘樹) 146 3/4P(66.5Kg)
      TKO6R終了
     日本ウエルター級11位
  × 安藤 暢文 (高崎) 145 1/2P(65.9Kg)

IBF世界挑戦者決定戦
12回戦 スーパー・フライ級
     WBC世界スーパー・フライ級11位・WBO世界バンタム級4位・IBF世界スーパー・フライ級5位
  × 石田 匠 (井岡) 115P(52.1Kg)
      判定 1−2 ( 113−115・112−116・116−112 )
     IBF世界スーパー・フライ級8位
  ○ イスラエル・ゴンサレス (メキシコ) 114 1/2P(51.9Kg)

2019年12月23日 横浜アリーナ (神奈川県)

4回戦 ミニマム級
  △ 武藤 準 (マナベ) 105P(47.5Kg)
      引き分け 1−0 ( 39−38・38−38・38−38 )
  △ 初鹿 健吾 (八王子中屋) 104 1/4P(47.2Kg)

4回戦 フェザー級
  × 内山 大志 (ワールドスポーツ) 125 1/2P(56.9Kg)
      TKO1R 1'37"
  ○ 布 清治 (本多) 125 3/4P(57.0Kg)

8回戦 116 ポンド契約
  ○ ローマン・ゴンサレス (ニカラグア) 115 3/4P(52.5Kg)
      TKO2R 2'20"
     フィリピンフライ級12位
  × ディオネル・ディオコス (フィリピン) 115 1/2P(52.3Kg)

WBC世界タイトルマッチ
12回戦 ライト・フライ級
     WBC世界ライト・フライ級チャンピオン
  ○ 寺地 拳四朗 (BMB) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO4R 1'08"
     WBC世界ライト・フライ級12位
  × ランディ・ペタルコリン (フィリピン) 106 1/2P(48.2Kg)

IBF世界タイトルマッチ
12回戦 フライ級
     IBF世界フライ級チャンピオン
  ○ モルティ・ムザラネ (南アフリカ) 112P(50.8Kg)
      TKO9R 2'54"
     IBF世界フライ級14位・WBOアジアパシフィックスーパー・フライ級1位
  × 八重樫 東 (大橋) 112P(50.8Kg)

WBA世界タイトルマッチ
12回戦 ミドル級
     WBA世界ミドル級チャンピオン
  ○ 村田 諒太 (帝拳) 159 1/2P(72.3Kg)
      TKO5R 2'45"
     WBA世界ミドル級8位
  × スティーブン・バトラー (カナダ) 160P(72.5Kg)

4回戦 ライト級
  × カリエンテ 子安 (E&Jカシアス) 134 1/4P(60.8Kg)
      TD4R 2’07” 0−3 ( 37−40・38−39・37−39 )
  ○ 阪本 大樹 (花形) 134 3/4P(61.1Kg)

4回戦 50.0 Kg契約
  ○ 齋藤 哲平 (M.T) 110 1/4P(50.0Kg)
      TKO3R 0'40"
  × テンプル 神原 (青木) 109 3/4P(49.7Kg)

2019年12月22日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 ウエルター級
  × 勇島 恭介 (仲里) 145 1/2P(65.9Kg)
      TKO4R 1'16"
  ○ 呉山 清竜 (尼崎亀谷) 145P(65.7Kg)

4回戦 55.0 Kg契約
  × 長岡 波輝 (仲里) 121 1/4P(54.9Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・36−40 )
  ○ 長尾 太我 (SUN-RISE) 121 1/2P(55.0Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  × 渡邊 大将 (仲里) 129 1/2P(58.7Kg)
      TKO4R 2'39"
  ○ 大久保 海都 (寝屋川石田) 128 3/4P(58.3Kg)

4回戦 58.0 Kg契約
  × 野々口 勇斗 (仲里) 128P(58.0Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・36−40 )
  ○ 西村 連 (SUN-RISE) 128P(58.0Kg)

6回戦 53.0 Kg契約
  ○ 重里 侃太朗 (仲里) 116 1/4P(52.7Kg)
      TKO3R 2'17"
     インドネシアスーパー・フライ級4位
  × マクルーフ・バンバリ (インドネシア) 116P(52.6Kg)

8回戦 55.5 Kg契約
  ○ 野村 健太 (仲里) 122 1/2P(55.5Kg)
      判定 3−0 ( 79−73・79−72・80−71 )
  × 諏訪 亮 (SUN-RISE) 122P(55.3Kg)

日本挑戦者決定戦
8回戦 スーパー・フライ級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級10位・日本スーパー・フライ級1位
  △ 久高 寛之 (仲里) 114 1/2P(51.9Kg)
      引き分け 1−1 ( 76−76・77−75・75−77 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級8位・日本スーパー・フライ級2位
  △ ユータ 松尾 (ワールドスポーツ) 114 1/2P(51.9Kg)
※規定によりユータ 松尾の勝者扱い

2019年12月22日 住吉区民センター (大阪府)

4回戦 バンタム級
  △ 山下 陸 (六島) 117 1/2P(53.3Kg)
      引き分け 1−0 ( 39−37・38−38・38−38 )
  △ 由井 貴大 (オール) 117P(53.0Kg)

4回戦 59.5 Kg契約
  × 湯浅 響仁 (六島) 131P(59.4Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・36−39・37−39 )
  ○ 福田 星河 (エディタウンゼント) 130 3/4P(59.2Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 西田 凌佑 (六島) 122P(55.3Kg)
      判定 3−0 ( 60−52・60−52・60−52 )
  × パブリト・カナダ (フィリピン) 121 1/2P(55.0Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
  ○ 峯 佑輔 (六島) 114 1/2P(51.9Kg)
      判定 3−0 ( 76−75・76−73・76−73 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級10位・フィリピンフライ級12位
  × アーデン・ディアレ (フィリピン) 115P(52.1Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
  × 桑畑 デカナルド 闘凜生 (六島) 115P(52.1Kg)
      KO1R 2'12"
     フィリピンバンタム級6位
  ○ ケン・ジョーダン (フィリピン) 115P(52.1Kg)

WBOアジアパシフィックタイトルマッチ
12回戦 バンタム級
     WBO世界バンタム級15位・IBF世界バンタム級12位・WBOアジアパシフィックバンタム級チャンピオン
  ○ ストロング 小林佑樹 (六島) 117 1/2P(53.3Kg)
      判定 3−0 ( 119−107・120−106・118−108 )
     WBOアジアパシフィックバンタム級15位
  × コウ キチャン (韓国) 117 3/4P(53.4Kg)

2019年12月22日 後楽園ホール (東京都)

全日本新人王決勝戦
5回戦 ミニマム級
  ○ 森 且貴 (大橋) 104 3/4P(47.4Kg)
      判定 3−0 ( 49−46・49−46・50−45 )
  × 丁野 拓海 (中日) 105P(47.5Kg)

全日本新人王決勝戦
5回戦 ライト・フライ級
  × 安藤 教祐 (KG大和) 108P(48.9Kg)
      判定 0−2 ( 47−47・46−47・46−47 )
  ○ 表 祥 (SFマキ) 108P(48.9Kg)

全日本新人王決勝戦
5回戦 フライ級
  × 臼井 春樹 (八王子中屋) 111 3/4P(50.6Kg)
      判定 0−3 ( 45−49・46−49・44−50 )
  ○ 中村 淳希 (市野) 112P(50.7Kg)

全日本新人王決勝戦
5回戦 スーパー・フライ級
  ○ 目黒 聖也 (セレス) 115P(52.1Kg)
      判定 2−1 ( 48−47・47−48・48−47 )
  × 岩 圭祐 (オール) 115P(52.1Kg)

全日本新人王決勝戦
4回戦 バンタム級
  × 小笠原 梢太 (シャイアン大嶋) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・38−39・37−39 )
  ○ 中西 寛多郎 (HKスポーツ) 117 3/4P(53.4Kg)

全日本新人王決勝戦
5回戦 スーパー・バンタム級
  × 竹原 毅 (花形) 122P(55.3Kg)
      判定 0−3 ( 47−48・47−48・46−49 )
  ○ 津川 龍也 (ミツキ) 121 3/4P(55.2Kg)

全日本新人王決勝戦
4回戦 フェザー級
  × 亀田 京之介 (花形) 126P(57.1Kg)
      判定 1−2 ( 39−37・38−39・37−39 )
  ○ 前田 稔輝 (グリーンツダ) 125 1/2P(56.9Kg)

全日本新人王決勝戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  △ 谷口 彪賀 (八王子中屋) 129 1/2P(58.7Kg)
      引き分け 1−0 ( 38−38・39−37・38−38 )
  △ 岩崎 淳史 (フジタ) 129 1/2P(58.7Kg)
※規定により谷口 彪賀の優勝

全日本新人王決勝戦
5回戦 ライト級
  ○ 齋藤 眞之助 (石川ジム立川) 134 1/2P(61.0Kg)
      判定 3−0 ( 48−47・48−47・48−47 )
  × 藤田 健介 (千里馬神戸) 134 1/2P(61.0Kg)

全日本新人王決勝戦
5回戦 スーパー・ライト級
  ○ 本多 航大 (川崎新田) 140P(63.5Kg)
      TKO4R 0'42"
  × 藤田 裕崇 (名古屋大橋) 140P(63.5Kg)

全日本新人王決勝戦
5回戦 ウエルター級
  × 足名 優太 (渡嘉敷) 147P(66.6Kg)
      判定 1−2 ( 48−47・47−48・46−49 )
  ○ 安井 誉 (森岡) 146P(66.2Kg)

全日本新人王決勝戦
4回戦 ミドル級
  ○ 湯澤 卓巳 (宇都宮金田) 159 1/2P(72.3Kg)
      判定 3−0 ( 40−34・39−35・40−34 )
  × 国本 泰幸 (金沢) 158 3/4P(72.0Kg)

2019年12月21日 ワークポイントスタジオ (タイ・バンコク)

10回戦 スーパー・バンタム級
  × 松浦 大地 (ワタナベ) 121 1/2P(55.1Kg)
      判定 0−3 ( 92−98・92−98・92−98 )
  ○ タッタナー・ルアンポン (タイ) 121 1/4P(54.9Kg)

2019年12月21日 カッパーボックスアリーナ (イギリス・ロンドン)

12回戦 ヘビー級
     WBA世界ヘビー級13位・WBOアジアパシフィックヘビー級チャンピオン
  × 藤本 京太郎 (角海老宝石) 230 1/4P(104.4Kg)
      KO2R 2'10"
  ○ ダニエル・ディボア (イギリス) 240P(108.8Kg)

2019年12月19日  (タイ・バンコク)

6回戦 ミドル級
  × 小倉 大樹 (横浜光) 160P(72.5Kg)
      TKO5R終了
  ○ サイエッサニ・ホッセニン (タイ) 160P(72.5Kg)

2019年12月17日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 スーパー・フェザー級
  × 岩 亮 (大阪帝拳) 129P(58.5Kg)
      TKO2R 2'23"
  ○ 後藤 義敬 (SFマキ) 128P(58.0Kg)

4回戦 ライト級
  × 村山 豪輝 (エディタウンゼント) 133 1/2P(60.5Kg)
      TKO1R 2'41"
  ○ 伊集院 嵐 (SFマキ) 133 1/2P(60.5Kg)

8回戦 フェザー級
  ○ ロリ・ガスカ (大阪帝拳) 125P(56.7Kg)
      KO2R 1'37"
     WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級14位
  × ジョー・テホネス (フィリピン) 125 3/4P(57.0Kg)

8回戦 59.5 Kg契約
  ○ 脇田 将士 (ミツキ) 131 1/4P(59.5Kg)
      KO2R 2'47"
  × 宮本 知彰 (アポロ) 131P(59.4Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本スーパー・バンタム級14位
  ○ 辰吉 寿以輝 (大阪帝拳) 121 1/4P(54.9Kg)
      TKO4R 2'30"
     WBOアジアパシフィックバンタム級13位・日本バンタム級5位
  × 中村 誠康 (TEAM 10COUNT) 121 1/2P(55.1Kg)

2019年12月16日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 神田 拓也 (SRS) 129 3/4P(58.8Kg)
      TKO2R 2'47"
  × 西沢 匠 (鎌ヶ谷) 129 1/2P(58.7Kg)

6回戦 60.5 Kg契約
  × 谷本 涼 (角海老宝石) 133P(60.3Kg)
      判定 0−3 ( 56−58・56−58・55−59 )
  ○ 東 祐也 (北海道畠山) 133 1/4P(60.4Kg)

8回戦 51.5 Kg契約
  ○ 中嶋 憂輝 (角海老宝石) 113 1/2P(51.4Kg)
      TKO3R 2'23"
  × 田中 康寛 (輪島功一スポーツ) 113 1/2P(51.4Kg)

8回戦 56.0 Kg契約
  × 木元 紳之輔 (角海老宝石) 123 1/2P(56.0Kg)
      判定 0−2 ( 75−77・76−76・74−78 )
  ○ 溝越 斗夢 (緑) 123 1/4P(55.9Kg)

6回戦 72.0 Kg契約
  ○ 酒井 幹生 (角海老宝石) 158 1/2P(71.8Kg)
      判定 2−0 ( 58−56・58−56・57−57 )
  × 友松 藍 (ワタナベ) 158 1/2P(71.8Kg)

8回戦 ライト級
     OPBF東洋太平洋ライト級8位・WBOアジアパシフィックスーパー・ライト級9位・日本ライト級9位
  △ 粕谷 雄一郎 (角海老宝石) 135P(61.2Kg)
      引き分け 1−1 ( 77−76・76−76・75−77 )
     WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級7位・日本スーパー・フェザー級9位
  △ 杉田 聖 (奈良) 134 3/4P(61.1Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 スーパー・ウエルター級
     OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級チャンピオン・WBOアジアパシフィックスーパー・ウエルター級1位
  ○ 渡部 あきのり (角海老宝石) 154P(69.8Kg)
      KO2R 1'46"
     OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級8位・WBOアジアパシフィックスーパー・ウエルター級11位
  × シティデット・バンティ (タイ) 153 1/4P(69.5Kg)

2019年12月15日 エルシアター(エルおおさか) (大阪府)

4回戦 50.0 Kg契約
  ○ 湯浅 未来翔 (大鵬) 109 1/2P(49.6Kg)
      TKO2R 0'42"
  × 松田 輝 (エディタウンゼント) 110P(49.8Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 川西 永遠 (グリーンツダ) 104 1/4P(47.2Kg)
      判定 3−0 ( 39−36・39−36・40−35 )
  × 萱原 翔太 (エディタウンゼント) 104 1/4P(47.2Kg)

4回戦 50.0 Kg契約
  ○ 吉川 幸輝 (奈良) 110P(49.8Kg)
      判定 2−0 ( 38−38・40−36・40−37 )
  × 中澤 誠也 (本橋) 110P(49.8Kg)

6回戦 フェザー級
  ○ 藤田 裕史 (井岡) 126P(57.1Kg)
      KO5R 1'38"
  × 三瓶 一樹 (ワタナベ) 125 1/2P(56.9Kg)

8回戦 フェザー級
     日本スーパー・バンタム級18位
  ○ 大里 登 (大鵬) 125 1/4P(56.8Kg)
      TKO4R 2'38"
     日本フェザー級9位
  × 高須賀 千春 (フォーラムスポーツ) 125 1/2P(56.9Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級4位・日本スーパー・フェザー級3位
  × 大里 拳 (大鵬) 129 1/2P(58.7Kg)
      判定 0−3 ( 75−76・75−77・75−76 )
     日本スーパー・フェザー級11位
  ○ 中川 兼玄 (三迫) 130P(58.9Kg)

2019年12月15日 刈谷市あいおいホール (愛知県)

4回戦 フェザー級
  ○ 中村 龍明 (市野) 125 3/4P(57.0Kg)
      判定 2−1 ( 39−38・37−40・39−37 )
  × 煖エ 利之 (湘南山神) 125 1/4P(56.8Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  − 美濃 巧人 (とよはし)  棄権
      中止
  − 平井 乃智 (寝屋川石田) 

4回戦 64.0 Kg契約
  ○ 高畠 愛大 (タキザワ) 141P(63.9Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−36・40−36 )
  × 村田 望 (岐阜ヨコゼキ) 140 3/4P(63.8Kg)

6回戦 フライ級
  ○ マンモス 和則 (中日) 111P(50.3Kg)
      TKO5R 2'45"
  × ラードチャイ・チャイヤウェード (タイ) 111 1/4P(50.4Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  ○ テル のび太 (緑) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 3−0 ( 60−54・60−54・60−54 )
  × 惠 謙真 (T&T) 121 1/2P(55.1Kg)

6回戦 フライ級
  ○ 高野 人母美 (緑) 111 1/2P(50.5Kg)
      判定 3−0 ( 60−55・59−56・58−56 )
     日本フライ級4位
  × 近藤 佐知子 (駿河) 111 1/2P(50.5Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 ライト・フライ級
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級3位・日本ライト・フライ級1位
  ○ 矢吹 正道 (緑) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO4R 1'53"
     日本ライト・フライ級2位(ユースチャンピオン)
  × 芝 力人 (RK蒲田) 107 3/4P(48.8Kg)

日本王座決定戦
10回戦 ヘビー級
     日本ヘビー級2位
  × 竹原 虎辰 (緑) 245 1/4P(111.2Kg)
      判定 0−3 ( 94−96・94−96・94−96 )
     OPBF東洋太平洋ヘビー級11位・日本ヘビー級1位
  ○ 上田 龍 (石神井スポーツ) 227 3/4P(103.3Kg)

2019年12月15日 石川県産業展示館 (石川県)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 長谷 和紀 (トヤマ) 129 1/2P(58.7Kg)
      判定 2−0 ( 38−38・39−38・39−38 )
  × ファン キソン (中国) 129 1/2P(58.7Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 渡辺 大和 (カシミ) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・40−36 )
  × チャン イエフェン (中国) 121 1/2P(55.1Kg)

4回戦 バンタム級
  × 水上 翔太 (カシミ) 117 1/4P(53.1Kg)
      KO1R 2'06"
  ○ ゾウ ビンチェン (中国) 117 3/4P(53.4Kg)

8回戦 136 ポンド契約
     日本フェザー級13位
  × ピッコロ・ヴォリバー (カシミ) 134 3/4P(61.1Kg)
      KO7R 0'41"
  ○ バイ アフー (中国) 134 1/4P(60.8Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本スーパー・バンタム級15位
  ○ 英 洸貴 (カシミ) 122P(55.3Kg)
      判定 3−0 ( 79−73・80−72・78−74 )
  × カン バオリン (中国) 121 1/4P(54.9Kg)

10回戦 128 ポンド契約
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級2位・日本フェザー級4位
  ○ ゼネシス カシミ・セルバニア (カシミ) 128P(58.0Kg)
      TD7R 0’57” 3−0 ( 70−64・70−64・70−65 )
  × パンヤ・ウトック (タイ) 127P(57.6Kg)

2019年12月14日 岸和田総合体育館サブアリーナ (大阪府)

4回戦 59.5 Kg契約
  × 岩崎 圭吾 (ワイルドビート) 130 3/4P(59.3Kg)
      KO1R 1'59"
  ○ 河合 寅太朗 (フュチュール) 130 3/4P(59.3Kg)

4回戦 スーパー・ライト級
  ○ 平井 大輝 (勝輝) 138 3/4P(62.9Kg)
      TKO2R 2'02"
  × 加納 大地 (YANAGIHARA) 138 1/2P(62.8Kg)

4回戦 49.5 Kg契約
  △ 島 匠雅 (江坂) 108 1/2P(49.1Kg)
      引き分け 1−0 ( 39−37・38−38・38−38 )
  △ 重松 佑哉 (SFマキ) 108 3/4P(49.3Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 桑渕 柊耶 (江見) 122P(55.3Kg)
      KO2R 2'22"
  ○ 徳島 空吾 (ワタナベ) 122P(55.3Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 高原 剛政 (姫路木下) 122P(55.3Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・37−39 )
  ○ 本橋 大我 (本橋) 121P(54.8Kg)

4回戦 バンタム級
  × 横山 真音 (勝輝) 117 1/2P(53.3Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・35−40・36−39 )
  ○ 鶴海 高士 (寝屋川石田) 118P(53.5Kg)

4回戦 51.8 Kg契約
  ○ 米田 優大 (泉北) 114P(51.7Kg)
      判定 2−0 ( 40−37・39−37・38−38 )
  × 清水 翔太 (尼崎亀谷) 113 3/4P(51.5Kg)

4回戦 53.0 Kg契約
  × 新生 佳弘 (勝輝) 116 1/2P(52.8Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・36−40・37−39 )
  ○ 岡村 直樹 (エディタウンゼント) 116 1/4P(52.7Kg)

6回戦 50.1 Kg契約
  ○ 森 青葉 (泉北) 110P(49.9Kg)
      判定 3−0 ( 59−55・60−55・58−57 )
  × 東 健史 (ARITOMI) 109 3/4P(49.7Kg)

8回戦 バンタム級
  − 竹嶋 海刀 (勝輝) 
      中止
  − 岸根 知也 (ミツキ)  棄権

日本ユースタイトルマッチ
8回戦 フェザー級
     日本フェザー級15位(ユースチャンピオン)
  △ 殿本 恭平 (勝輝) 126P(57.1Kg)
      引き分け 1−1 ( 76−76・75−77・77−75 )
  △ 本橋 遼太郎 (本橋) 125 1/2P(56.9Kg)

2019年12月14日 内之浦銀河アリーナ (鹿児島県)

4回戦 53.0 Kg契約
  × 池田 大地 (都城レオスポーツ) 115 3/4P(52.5Kg)
      判定 0−2 ( 37−39・38−38・37−39 )
  ○ 春原 青空 (本田フィットネス) 113 1/2P(51.4Kg)

4回戦 62.0 Kg契約
  ○ 逆瀬川 斗有 (橋口) 136P(61.6Kg)
      判定 2−0 ( 39−36・39−36・38−38 )
  × 深川 隼人 (本田フィットネス) 135 3/4P(61.5Kg)

6回戦 ウエルター級
  × 相 恒彦 (橋口) 147P(66.6Kg)
      TKO1R 1'35"
  ○ 日高 健次 (都城レオスポーツ) 146 3/4P(66.5Kg)

6回戦 ミニマム級
     日本ミニマム級14位
  ○ 竹田 宙 (S&K) 105P(47.5Kg)
      判定 3−0 ( 60−54・58−56・59−56 )
     タイミニマム級2位
  × パヌウィット・シリウォン (タイ) 104P(47.1Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     日本ミニマム級13位
  ○ 春口 直也 (橋口) 107 1/4P(48.6Kg)
      KO4R 0'57"
     タイミニマム級3位
  × サンチャイ・ヨッブン (タイ) 107P(48.5Kg)

WBO女子世界タイトルマッチ
10回戦 ライト・フライ級
     WBA女子世界バンタム級7位・WBC女子世界ライト・フライ級12位・WBO女子世界ライト・フライ級チャンピオン
  ○ 天海 ツナミ (山木) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO8R 1'40"
     WBO女子世界ライト・フライ級1位
  × ジョゼベル・パガデュアン (フィリピン) 107 1/2P(48.7Kg)

2019年12月12日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 バンタム級
  △ 小林 英明 (Reason郡山) 116 3/4P(52.9Kg)
      引き分け 0−0 ( 38−38・38−38・38−38 )
  △ 布施 慎太朗 (白井・具志堅スポーツ) 118P(53.5Kg)

4回戦 54.0 Kg契約
  × ヤン ヒョンモ (韓国) 118 3/4P(53.8Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・37−39・36−40 )
  ○ 中林 稜太郎 (白井・具志堅スポーツ) 118 1/4P(53.6Kg)

6回戦 バンタム級
  △ 義元 得拳 (神奈川渥美) 118P(53.5Kg)
      引き分け 0−1 ( 57−57・57−57・56−58 )
  △ 木村 天汰郎 (駿河男児) 118P(53.5Kg)

8回戦 フェザー級
     日本スーパー・バンタム級16位
  △ 三浦 仁 (三迫) 125 3/4P(57.0Kg)
      引き分け 1−0 ( 77−75・76−76・76−76 )
     日本スーパー・バンタム級10位
  △ 河村 真吾 (ミツキ) 126P(57.1Kg)

日本ユース王座決定戦
8回戦 バンタム級
  × 石川 春樹 (RK蒲田) 117 3/4P(53.4Kg)
      TKO4R 0'30"
     日本バンタム級14位
  ○ 石井 渡士也 (REBOOT.IBA) 117 3/4P(53.4Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 フェザー級
     WBC世界フェザー級11位・WBO世界フェザー級15位・OPBF東洋太平洋フェザー級1位・WBOアジアパシフィックフェザー級9位・日本フェザー級チャンピオン
  ○ 佐川 遼 (三迫) 126P(57.1Kg)
      判定 3−0 ( 98−92・97−93・97−93 )
     OPBF東洋太平洋フェザー級7位・日本フェザー級1位
  × 日野 僚 (川崎新田) 126P(57.1Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 スーパー・バンタム級
     IBF世界スーパー・バンタム級7位・OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級チャンピオン
  ○ 勅使河原 弘晶 (輪島功一スポーツ) 121 3/4P(55.2Kg)
      KO5R 3'09"
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級15位・WBOアジアパシフィックスーパー・バンタム級11位・日本スーパー・バンタム級12位
  × 川島 翔平 (真正) 122P(55.3Kg)

2019年12月11日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 フェザー級
  × 長谷川 竜次 (フラッシュ赤羽) 125 1/4P(56.8Kg)
      TKO2R 1'46"
  ○ 小林 昇磨 (スターロード) 126P(57.1Kg)

4回戦 フライ級
  × 細井 崇史 (ラウンドBS) 110 3/4P(50.2Kg)
      KO1R 0'51"
  ○ 九十九澤 新 (レイスポーツ) 111 3/4P(50.6Kg)

4回戦 バンタム級
  × 木村 哲史 (フラッシュ赤羽) 117 1/4P(53.1Kg)
      TKO3R 0'59"
  ○ 中島 彬 (KTT) 118P(53.5Kg)

4回戦 スーパー・ライト級
  ○ 田中 慧士 (K&W) 139 1/2P(63.2Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・39−37・39−37 )
  × 飯島 悠登 (レイスポーツ) 139 1/2P(63.2Kg)

4回戦 バンタム級
  × 長岡 大樹 (フラッシュ赤羽) 117 3/4P(53.4Kg)
      TKO3R 2'59"
  ○ 丸山 俊平 (花形) 117 3/4P(53.4Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  − 塚田 祐介 (角海老宝石)  棄権
      中止
  − 片桐 康喜 (草加有沢) 

8回戦 スーパー・フライ級
  ○ 興法 裕二 (新日本木村) 114 3/4P(52.0Kg)
      TKO1R 2'02"
  × ファイヤー 一休 (三谷大和スポーツ) 114 3/4P(52.0Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     WBOアジアパシフィックライト・フライ級10位・日本ライト・フライ級3位
  ○ 佐藤 剛 (角海老宝石) 108P(48.9Kg)
      判定 3−0 ( 77−74・78−74・77−74 )
     WBOアジアパシフィックフライ級13位・日本ライト・フライ級6位
  × 多田 雅 (TI山形) 108P(48.9Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  ○ ジロリアン 陸 (フラッシュ赤羽) 130P(58.9Kg)
      判定 3−0 ( 79−72・79−72・78−73 )
  × イケメン アツシ (三谷大和スポーツ) 129 1/4P(58.6Kg)

2019年12月10日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 56.5 Kg契約
  × 田中 智也 (横浜光) 123 1/2P(56.0Kg)
      判定 0−3 ( 34−40・35−39・34−40 )
  ○ 和光 武 (KG大和) 123P(55.7Kg)

6回戦 フライ級
  △ 白鳥 光芳 (T&T) 112P(50.8Kg)
      引き分け 0−1 ( 57−57・57−57・55−59 )
  △ 坂田 健太 (神奈川渥美) 111 1/2P(50.5Kg)

6回戦 48.5 Kg契約
  × 櫛部 好充 (K&W) 106 3/4P(48.3Kg)
      判定 1−2 ( 56−58・56−58・58−57 )
  ○ 岡田 真虎 (JB SPORTS) 106 3/4P(48.4Kg)

6回戦 バンタム級
  ○ 富施 郁哉 (ワタナベ) 118P(53.5Kg)
      判定 3−0 ( 58−55・57−56・58−55 )
  × メルマルク・ディグノス (フィリピン) 116 3/4P(52.9Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
     日本スーパー・バンタム級4位
  × 岡本 ナオヤ (東拳) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 0−3 ( 55−58・55−58・55−58 )
     日本スーパー・フライ級15位
  ○ 水谷 直人 (KG大和) 121 1/2P(55.1Kg)

6回戦 48.0 Kg契約
  ○ 重岡 優大 (ワタナベ) 105 3/4P(47.9Kg)
      判定 3−0 ( 60−54・59−55・59−55 )
     OPBF東洋太平洋ミニマム級チャンピオン・WBC世界ミニマム級7位・IBF世界ミニマム級10位
  × リト・ダンテ (フィリピン) 106P(48.0Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級チャンピオン
  ○ 三代 大訓 (ワタナベ) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 2−1 ( 114−113・113−114・114−113 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級6位・WBOアジアパシフィックフェザー級2位・日本スーパー・フェザー級6位
  × 木村 吉光 (白井・具志堅スポーツ) 129 3/4P(58.8Kg)

2019年12月8日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 アトム級
  − 安久 夏実 (唯心)  棄権
      中止
  − 伊賀 薫 (真正) 

4回戦 48.0 Kg契約
  × 吉川 梨優那 (ディアマンテ) 106P(48.0Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・37−39 )
     日本フライ級5位
  ○ 渡邊 葵 (真正) 106P(48.0Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  ○ 浜田 麻理菜 (エスペランサ) 107 3/4P(48.8Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・39−38・39−38 )
  × 勝谷 美雪 (神奈川渥美) 107 1/2P(48.7Kg)

4回戦 フェザー級
  × 宮崎 裕也 (薬師寺) 125 1/2P(56.9Kg)
      TKO2R 0'03"
  ○ 中逵 友太 (ディアマンテ) 125 1/4P(56.8Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 村田 翼 (和光) 125P(56.7Kg)
      判定 2−0 ( 39−37・38−38・39−37 )
  × 鮫島 碧希 (真正) 125 3/4P(57.0Kg)

4回戦 ライト級
  × 上岡 基伸 (ハラダ) 133 3/4P(60.6Kg)
      判定 1−2 ( 39−37・38−39・38−39 )
  ○ 戸川 叡二 (姫路木下) 134 1/2P(60.9Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 濱元 耕平 (フォーラムスポーツ) 125 3/4P(57.0Kg)
      TKO1R 2'56"
  × 烏野 遼 (真正) 125 1/4P(56.8Kg)

WBOアジアパシフィックタイトルマッチ
12回戦 フェザー級
     WBO世界フェザー級7位・WBOアジアパシフィックフェザー級チャンピオン
  ○ 森 武蔵 (薬師寺) 125 3/4P(57.0Kg)
      判定 3−0 ( 115−112・116−111・117−110 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級6位・WBOアジアパシフィックフェザー級3位・日本スーパー・バンタム級11位
  × 水野 拓哉 (松田) 125 3/4P(57.0Kg)

2019年12月8日 石川多目的ドーム (沖縄県)

4回戦 75.0 Kg契約
  ○ 岡本 一成 (平仲BS) 165 1/4P(74.9Kg)
      TKO3R 0'38"
  × 坂本 駿 (江坂) 163P(73.9Kg)

4回戦 バンタム級
  ○ 金城 寛季 (平仲BS) 117 3/4P(53.4Kg)
      TKO2R 1'04"
  × 宇田川 雅和 (UNITED) 117P(53.0Kg)

4回戦 55.0 Kg契約
  ○ 山城 遼馬 (沖縄ワールドリング) 121 1/2P(55.0Kg)
      TKO4R 1'40"
  × 大森 雄貴 (三津山) 120P(54.4Kg)

4回戦 60.5 Kg契約
  △ 仲里 健太 (平仲BS) 132 3/4P(60.2Kg)
      引き分け 1−1 ( 37−39・39−38・38−38 )
  △ 浜崎 隆広 (仲里) 132 1/4P(59.9Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  × 登川 旭 (島袋) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO4R 2'59"
  ○ 板井 海都 (パンチアウト) 107P(48.5Kg)

6回戦 60.0 Kg契約
  ○ サンダー 照屋 (平仲BS) 132 1/2P(60.0Kg)
      判定 2−1 ( 58−56・58−56・56−58 )
  × 内藤 剛 (Reason大貴) 132 1/2P(60.0Kg)

6回戦 フライ級
  × 濱上 京武 (島袋) 112P(50.8Kg)
      判定 0−3 ( 57−58・56−58・55−59 )
  ○ 富岡 哲也 (REBOOT.IBA) 111P(50.3Kg)

6回戦 67.0 Kg契約
  ○ マーカス・スミス (平仲BS) 146P(66.2Kg)
      TKO3R 0'05"
     インドネシアスーパー・ライト級10位
  × ヘンディー・ルイス (インドネシア) 146P(66.2Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
     日本バンタム級3位
  × 平安山 裕子 (平仲BS) 115P(52.1Kg)
      判定 1−2 ( 56−58・58−57・56−58 )
     OPBF女子東洋太平洋フライ級3位
  ○ グレテル・デパズ (フィリピン) 115P(52.1Kg)

8回戦 ミニマム級
  ○ 仲島 辰郎 (平仲BS) 105P(47.6Kg)
      判定 2−0 ( 77−75・76−76・77−76 )
     フィリピンミニマム級8位
  × アリストン・アトン (フィリピン) 105P(47.5Kg)

2019年12月8日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 フェザー級
  − 渡邉 力哉 (グリーンツダ)  棄権
      中止
  − 岩屋 卓史 (寝屋川石田) 

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 平野 泰我 (大星森垣) 128 3/4P(58.4Kg)
      TKO1R 2'33"
  × 佐藤 光 (北海道畠山) 127 1/4P(57.7Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 井上 雅隆 (エスペランサ) 121 1/2P(55.0Kg)
      TKO2R 2'19"
  × 寺井 誠 (BMB) 121 1/2P(55.1Kg)

6回戦 70.0 Kg契約
  × コムサン・ポンセーン (タイ) 154 1/2P(70.0Kg)
      判定 0−3 ( 54−60・54−60・54−60 )
  ○ 中島  玲 (寝屋川石田) 154 1/2P(70.0Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     タイライト・フライ級チャンピオン
  ○ タノンサック・シムシー (タイ) 108P(48.9Kg)
      判定 3−0 ( 77−76・77−76・77−75 )
     WBO世界ライト・フライ級13位
  × クリスチャン・バコロド (フィリピン) 107 1/2P(48.7Kg)

8回戦 56.5 Kg契約
     日本スーパー・バンタム級13位(ユースチャンピオン)
  ○ 下町 俊貴 (グリーンツダ) 124P(56.2Kg)
      KO1R 3'08"
     インドネシアフェザー級1位
  × ジュフリー・カカフレ (インドネシア) 124 3/4P(56.5Kg)

WBOアジアパシフィック王座決定戦
12回戦 ウエルター級
     WBOアジアパシフィックウエルター級2位・日本ウエルター級4位
  × 矢田 良太 (グリーンツダ) 146 1/2P(66.4Kg)
      TKO10R 2'11"
     WBOアジアパシフィックウエルター級チャンピオン・日本ウエルター級3位
  ○ 別府 優樹 (久留米櫛間&別府優樹) 146 1/2P(66.4Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 スーパー・フライ級
     IBF世界スーパー・フライ級13位・OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級2位・日本スーパー・フライ級チャンピオン
  × 奥本 貴之 (グリーンツダ) 114 3/4P(52.0Kg)
      判定 0−3 ( 92−98・92−99・92−98 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級9位・日本スーパー・フライ級11位
  ○ 中川 健太 (三迫) 115P(52.1Kg)

2019年12月7日 神戸芸術センター (兵庫県)

4回戦 フェザー級
  × 岩永 翔亜 (明石) 125P(56.7Kg)
      判定 0−3 ( 36−38・35−39・35−39 )
  ○ 垣内 元気 (白鷺) 125P(56.6Kg)

4回戦 61.0 Kg契約
  ○ 武庫 一生 (JM・加古川) 134P(60.7Kg)
      判定 3−0 ( 40−35・40−35・40−35 )
  × 加藤 十兵衛 (EBISU K’s BOX) 134 1/2P(60.9Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  △ 熹W 響 (グリーンツダ) 108P(48.9Kg)
      引き分け 1−1 ( 37−39・40−37・38−38 )
  △ 前田 尊明 (VADY) 107 3/4P(48.8Kg)

6回戦 57.5 Kg契約
  ○ 原 優奈 (千里馬神戸) 126 3/4P(57.4Kg)
      KO2R 1'54"
  × 末吉 史明 (FUKUOKA) 127P(57.5Kg)

8回戦 47.0 Kg契約
     OPBF女子東洋太平洋ライト・フライ級1位・日本アトム級18位
  × 神田 桃子 (寝屋川石田) 103 1/4P(46.8Kg)
      判定 0−3 ( 74−80・74−78・74−78 )
     WBC女子世界アトム級3位・WBO女子世界アトム級チャンピオン
  ○ 岩川 美花 (高砂) 103 3/4P(47.0Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  × モニコ・ローレンテ (フィリピン) 130P(58.9Kg)
      判定 0−3 ( 74−79・75−77・74−79 )
     IBF世界スーパー・フェザー級12位・WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級10位・日本スーパー・フェザー級4位
  ○ 西谷 和宏 (VADY) 130P(58.9Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級14位・日本スーパー・フライ級21位
  × 徳山 洋輝 (千里馬神戸) 116 1/2P(52.8Kg)
      判定 1−2 ( 74−77・76−75・75−76 )
  ○ 住田 愛斗 (角海老宝石) 116 1/2P(52.8Kg)

8回戦 48.5 Kg契約
     OPBF東洋太平洋ミニマム級9位・日本ミニマム級2位
  ○ 平井 亮輝 (千里馬神戸) 107P(48.5Kg)
      判定 3−0 ( 77−75・79−74・77−75 )
  × 市川 裕久 (角海老宝石) 107P(48.5Kg)

2019年12月7日 カルッツかわさき (神奈川県)

4回戦 53.0 Kg契約
  ○ 阿比留 通子 (世田谷オークラ) 117P(53.0Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・39−37 )
     日本バンタム級8位
  × 岡村 花衣 (花形) 116 1/2P(52.8Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 稲森 卓也 (川崎新田) 125 3/4P(57.0Kg)
      判定 3−0 ( 40−35・39−36・39−36 )
  × 矢澤 祐毅 (ピストン堀口) 125 1/2P(56.9Kg)

4回戦 ミドル級
  ○ 會津 タツヤ (川崎新田) 160P(72.5Kg)
      TKO4R 2'14"
  × アンドレ 竹原ジュニア (セレス) 159 3/4P(72.4Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  × ファム・フウ・トゥオン (ベトナム) 113 1/4P(51.3Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・36−40 )
  ○ 長尾 朋範 (フラッシュ赤羽) 114 1/2P(51.9Kg)

6回戦 47.8 Kg契約
  ○ 伊佐 春輔 (川崎新田) 105P(47.5Kg)
      判定 3−0 ( 57−55・57−56・57−55 )
  × 山下 祥希 (KG大和) 105P(47.6Kg)

4回戦 62.5 Kg契約
  × ダオ・グエン・アン・トン (ベトナム) 137P(62.1Kg)
      判定 1−2 ( 39−37・37−39・37−39 )
  ○ 丸岡 宣男 (高崎) 135 3/4P(61.5Kg)

女子日本タイトルマッチ
6回戦 フェザー級
     OPBF女子東洋太平洋フェザー級5位・日本フェザー級チャンピオン
  ○ 三好 喜美佳 (川崎新田) 125 1/2P(56.9Kg)
      TKO6R 0'45"
     日本フェザー級6位
  × 緑川 愛 (ワタナベ) 125 3/4P(57.0Kg)

8回戦 ライト級
  × 及川 唯 (川崎新田) 135P(61.2Kg)
      判定 0−3 ( 75−77・75−77・74−78 )
     日本ライト級2位
  ○ 利川 聖隆 (横浜光) 135P(61.2Kg)

2019年12月7日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 ライト級
  ○ 浦川 大将 (帝拳) 135P(61.2Kg)
      KO2R 1'13"
  × 松岡 蓮 (浜松堀内) 134 3/4P(61.1Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 三尾谷 昂希 (帝拳) 122P(55.3Kg)
      TKO4R 1'31"
  × トンテップ・テーヤウォン (タイ) 121 1/4P(54.9Kg)

6回戦 フェザー級
  ○ 峯田 光 (帝拳) 125 3/4P(57.0Kg)
      KO1R 0'42"
  × トモーン・ピタワッタナクン (タイ) 125 1/4P(56.8Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 舟山 大樹 (帝拳) 122P(55.3Kg)
      TKO4R 1'54"
  × スラデッチ・ルハシリ (タイ) 121 1/2P(55.1Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 スーパー・フェザー級
     WBO世界スーパー・フェザー級3位・OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級1位・WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級2位・日本スーパー・フェザー級チャンピオン
  × 末吉 大 (帝拳) 130P(58.9Kg)
      TKO6R 1'30"
     日本スーパー・フェザー級8位
  ○ 坂 晃典 (仲里) 130P(58.9Kg)

WBOアジアパシフィックタイトルマッチ
12回戦 スーパー・フェザー級
     WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級チャンピオン・WBO世界スーパー・フェザー級6位
  △ ジョー・ノイナイ (フィリピン) 130P(58.9Kg)
      TD6R 2’07” 1−1 ( 48−48・46−49・48−47 )
     WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級1位・IBF世界スーパー・フェザー級3位・WBA世界スーパー・フェザー級4位・WBO世界スーパー・フェザー級10位
  △ 尾川 堅一 (帝拳) 129 3/4P(58.8Kg)

2019年12月7日 バークレイズセンター (USA・ニューヨーク)

IBF世界暫定王座決定戦
12回戦 スーパー・バンタム級
     IBF世界スーパー・バンタム級1位
  ○ 岩佐 亮佑 (セレス) 121 1/2P(55.1Kg)
      TKO11R 1'09"
  × マーロン・タパレス (フィリピン) 121 1/2P(55.1Kg)

2019年12月6日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 フライ級
  × 早川 公平 (足利) 111 1/2P(50.5Kg)
      TKO1R 1'59"
  ○ 藤田 圭 (青木) 111 3/4P(50.6Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 長島 純也 (新日本木村) 121 1/2P(55.1Kg)
      TD4R 2’03” 3−0 ( 40−37・40−37・40−36 )
  × 綾部 圭人 (T&T) 122P(55.3Kg)

4回戦 バンタム級
  × 宮崎 竜 (イマオカ) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 0−3 ( 35−40・35−40・36−39 )
  ○ オ・ロスティスラヴ (UNITED) 117 1/4P(53.1Kg)

4回戦 ミニマム級
  × 坂梨 智紀 (足利) 104 3/4P(47.4Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・35−40・36−39 )
  ○ 佐々木 凌 (青木) 104 3/4P(47.4Kg)

4回戦 バンタム級
  △ 大町 朋也 (イマオカ) 117 3/4P(53.4Kg)
      引き分け 0−0 ( 38−38・38−38・38−38 )
  △ 真野 泰地 (横浜光) 117 1/2P(53.2Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  × 中里 拓真 (石神井スポーツ) 114P(51.7Kg)
      TKO2R 1'28"
  ○ 三原 陽太 (戸熄G樹) 113 3/4P(51.6Kg)

6回戦 バンタム級
  × 高井 一憲 (中日) 116 3/4P(52.9Kg)
      TKO3R 0'10"
  ○ 落合 壱星 (セレス) 117 1/2P(53.3Kg)

8回戦 50.4 Kg契約
  ○ 中山 祐太 (勝又) 111P(50.3Kg)
      TKO7R 2'39"
  × 内田 勇気 (KG大和) 110 1/2P(50.1Kg)

女子日本タイトルマッチ
6回戦 ミニマム級
     OPBF女子東洋太平洋ミニマム級8位・日本ミニマム級チャンピオン
  − 千本 瑞規 (ワタナベ)  棄権
      中止
     OPBF女子東洋太平洋ミニマム級6位・日本ミニマム級2位
  − 成田 佑美 (姫路木下) 

8回戦 フライ級
  × 木橋 拓也 (上滝) 112P(50.7Kg)
      TKO4R 2'28"
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級9位・日本ライト・フライ級7位
  ○ 戸 達 (レパード玉熊) 111 3/4P(50.6Kg)

2019年12月2日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 ウエルター級
  ○ 上原 大樹 (伊豆) 146 3/4P(66.5Kg)
      TKO2R 0'53"
  × 池谷 一樹 (宮田) 146 1/2P(66.4Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  ○ 桜井 昌幸 (川崎新田) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO2R 0'45"
  × 倉本 和史 (T&T) 108P(48.9Kg)

8回戦 ライト級
  ○ 高田 朋城 (ワールドスポーツ) 135P(61.2Kg)
      TKO1R 0'54"
     日本ライト級15位
  × 橘 ジョージ (協栄) 135P(61.2Kg)

6回戦 63.0 Kg契約
  ○ 保田 克也 (大橋) 138 1/2P(62.8Kg)
      TKO2R 0'45"
     インドネシアライト級6位
  × レンガ・レンガ (インドネシア) 137 1/4P(62.2Kg)

8回戦 フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級10位・日本スーパー・バンタム級3位
  ○ 松本 亮 (大橋) 126P(57.1Kg)
      TKO4R 1'24"
  × 伊藤 仁也 (三河) 125 1/4P(56.8Kg)

8回戦 51.0 Kg契約
     日本フライ級13位
  ○ 桑原 拓 (大橋) 112 1/2P(51.0Kg)
      判定 3−0 ( 79−72・80−71・80−71 )
     フィリピンフライ級11位
  × リカルド・スエノ (フィリピン) 110 3/4P(50.2Kg)

WBOアジアパシフィック王座決定戦
12回戦 スーパー・ライト級
     OPBF東洋太平洋スーパー・ライト級1位・WBOアジアパシフィックスーパー・ライト級チャンピオン・日本スーパー・ライト級チャンピオン
  ○ 井上 浩樹 (大橋) 140P(63.5Kg)
      KO7R 3'08"
     WBOアジアパシフィックスーパー・ライト級5位・フィリピンスーパー・ライト級チャンピオン
  × ジェリッツ・チャベス (フィリピン) 139 1/2P(63.2Kg)