東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

2019年5月試合結果
2019年5月31日  (タイ・チャセンサオ)

6回戦 63.0 Kg契約
     WBC女子世界ライト級14位・IBF女子世界ライト級8位・OPBF女子東洋太平洋スーパー・フェザー級1位・日本フェザー級3位
  ○ 水谷 智佳 (宮田) 138 1/4P(62.7Kg)
      TKO1R 1'34"
  × ジョシタ・ヨータワン (タイ) 137 3/4P(62.4Kg)

2019年5月31日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 59.0 Kg契約
  △ 鈴木 雄大 (新日本木村) 128P(58.0Kg)
      TD2R 1’33” 試合の前半のためドロー
  △ 一道 宏 (T&T) 129 3/4P(58.8Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ ドミニク・謙心 (リングサイド) 129 3/4P(58.8Kg)
      TKO3R 1'54"
  × 渡部 浩人 (JB SPORTS) 129 1/4P(58.6Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  ○ 矢野 乃莉守 (花形) 114 3/4P(52.0Kg)
      判定 3−0 ( 58−55・58−55・57−56 )
  × かねこ たけし (REBOOT) 114 1/4P(51.8Kg)

6回戦 フライ級
  ○ 田中 康寛 (輪島功一スポーツ) 112P(50.7Kg)
      判定 3−0 ( 59−55・59−55・60−54 )
  × 白鳥 光芳 (T&T) 112P(50.8Kg)

8回戦 56.0 Kg契約
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級6位・日本スーパー・バンタム級3位
  △ 中川 麦茶 (角海老宝石) 123 1/2P(56.0Kg)
      引き分け 1−1 ( 76−76・76−75・75−76 )
     日本スーパー・バンタム級19位
  △ 三浦 仁 (三迫) 123 1/4P(55.8Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 遠藤 清平 (RK蒲田) 121 1/2P(55.1Kg)
      TKO2R 0'25"
  × 馬庭 大樹 (ONE・TWOスポーツ) 122P(55.3Kg)

8回戦 ライト級
  × マルボン・ボディオンガン (フィリピン) 134 3/4P(61.1Kg)
      KO2R 1'42"
     日本ライト級5位
  ○ 富岡 樹 (REBOOT) 135P(61.2Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     日本ライト・フライ級14位
  × 成塚 亮 (ワタナベ) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO4R終了
     日本フライ級6位
  ○ 藤北 誠也 (三迫) 107 3/4P(48.8Kg)

2019年5月31日  (タイ・チョンブリ)

WBC世界タイトルマッチ
12回戦 ミニマム級
  ○ ワンヘン・ミナヨーティン (タイ) 104 3/4P(47.4Kg)
      TD8R 2’35” 3−0 ( 79−73・78−74・78−74 )
     WBC世界ミニマム級4位
  × 福原 辰弥 (本田フィットネス) 105P(47.6Kg)

2019年5月26日 大阪市立大学第二体育館 (大阪府)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 山下 陸 (六島) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 3−0 ( 39−38・39−38・39−37 )
  × 松本 絢也 (守口東郷) 118 1/4P(53.6Kg)

6回戦 51.5 Kg契約
  ○ 古谷 昭男 (六島) 113 1/4P(51.3Kg)
      KO4R 2'35"
  × 大橋 波月 (TEAM 10COUNT) 112 3/4P(51.1Kg)

6回戦 バンタム級
  ○ 桑畑 デカナルド 闘凜生 (六島) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 3−0 ( 60−53・60−53・60−53 )
  × エリック・プルゴ (フィリピン) 117P(53.0Kg)

WBOアジアパシフィックタイトルマッチ
12回戦 バンタム級
     WBOアジアパシフィックバンタム級チャンピオン
  × ベン・マナンクィル (フィリピン) 118P(53.5Kg)
      TKO10R 2'52"
     OPBF東洋太平洋バンタム級8位・WBOアジアパシフィックバンタム級5位・日本バンタム級21位
  ○ ストロング 小林佑樹 (六島) 117 3/4P(53.4Kg)

WBCユース世界王座決定戦
10回戦 ライト・フライ級
     インドネシアライト・フライ級2位
  × メクティソン・マルガンティ (インドネシア) 107P(48.5Kg)
      TKO8R 2'42"
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級13位・日本ライト・フライ級4位
  ○ 加納 陸 (大成) 107 3/4P(48.8Kg)

WBOアジアパシフィック王座決定戦
12回戦 フライ級
     WBOアジアパシフィックフライ級2位・日本フライ級10位
  × 坂本 真宏 (六島) 111 3/4P(50.6Kg)
      TKO6R 1'06"
     WBOアジアパシフィックフライ級3位・日本フライ級5位
  ○ 阪下 優友 (角海老宝石) 112P(50.8Kg)

2019年5月26日  (中国・江西省)

WBA世界タイトルマッチ
12回戦 フェザー級
  ○ 徐燦 (中国) 125 3/4P(57.0Kg)
      TKO6R 1'16"
     WBA世界フェザー級10位
  × 久保 隼 (真正) 125 3/4P(57.0Kg)

WBA世界タイトルマッチ
12回戦 ライト・フライ級
  ○ カルロス・カニサレス (ベネズエラ) 108P(48.9Kg)
      判定 3−0 ( 119−109・119−109・118−110 )
     WBA世界ライト・フライ級2位・WBOアジアパシフィックフライ級5位
  × 木村 翔 (青木) 107 1/2P(48.7Kg)

2019年5月25日 オセオラ・ヘリテージパーク (USA・フロリダ州キシミー)

WBO世界タイトルマッチ
12回戦 スーパー・フェザー級
     WBO世界スーパー・フェザー級チャンピオン
  × 伊藤 雅雪 (伴流) 129 1/4P(58.6Kg)
      判定 0−3 ( 110−118・110−118・112−116 )
  ○ ジャメル・へリング (USA) 129 1/2P(58.7Kg)

10回戦 スーパー・フライ級
     WBA世界スーパー・フライ級7位・WBC世界スーパー・フライ級7位・WBO世界スーパー・フライ級4位・IBF世界スーパー・フライ級8位
  − 江藤 光喜 (白井・具志堅スポーツ) 114 1/2P(51.9Kg)
      ノー・コンテスト(無効試合)
  − ジェイビエール・シントロン (プエルトリコ) 114 1/2P(51.9Kg)

2019年5月19日 神戸ポートピアホテル (兵庫県)

4回戦 49.5 Kg契約
  × 糸賀 純一 (広島三栄) 109 1/4P(49.5Kg)
      判定 0−3 ( 38−39・37−40・37−40 )
  ○ 熹W 響 (グリーンツダ) 109P(49.4Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 花田 太一 (筑豊) 128 3/4P(58.4Kg)
      判定 3−0 ( 38−37・38−37・38−37 )
  × 渡邉 力哉 (グリーンツダ) 129 1/2P(58.7Kg)

6回戦 48.5 Kg契約
  × 龍虎 慎太郎 (真正) 106 3/4P(48.4Kg)
      判定 0−2 ( 56−58・57−57・56−58 )
  ○ 東 健史 (ARITOMI) 106 1/4P(48.1Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
     日本スーパー・フライ級16位
  ○ 大橋 哲朗 (真正) 114 3/4P(52.0Kg)
      KO1R 2'27"
  × カタウット・スリウォハ (タイ) 115P(52.1Kg)

6回戦 124 ポンド契約
     インドネシアフェザー級4位
  × アレガ・ユニアン (インドネシア) 121 1/2P(55.1Kg)
      KO3R 2'14"
  ○ 諏訪 亮 (真正) 123 1/4P(55.8Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 ライト・フライ級
     WBC世界ライト・フライ級5位・IBF世界ライト・フライ級7位・OPBF東洋太平洋ライト・フライ級2位・日本ライト・フライ級チャンピオン
  ○ 堀川 謙一 (三迫) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 3−0 ( 98−91・99−90・99−90 )
     WBOアジアパシフィックフライ級14位・日本ライト・フライ級1位
  × 多田 雅 (TI山形) 108P(48.9Kg)

IBF世界タイトルマッチ
12回戦 ライト・フライ級
     IBF世界ライト・フライ級チャンピオン
  ○ フェリックス・アルバラード (ニカラグア) 107 1/4P(48.6Kg)
      判定 3−0 ( 117−111・118−110・116−112 )
     IBF世界ライト・フライ級3位
  × 小西 伶弥 (真正) 107 3/4P(48.8Kg)

2019年5月19日 ふじさんめっせ (静岡県)

4回戦 フェザー級
  ○ プリンス 藤原 (駿河男児) 125 1/4P(56.8Kg)
      TKO2R 0'36"
  × 増本 大輝 (ワタナベ) 125 1/4P(56.8Kg)

4回戦 56.0 Kg契約
  ○ 佐野 圭祐 (駿河男児) 122 1/4P(55.4Kg)
      判定 2−0 ( 40−36・40−36・38−38 )
  × 加藤 隼人 (熊谷コサカ) 122 1/2P(55.5Kg)

中日本新人王戦
4回戦 スーパー・フライ級
  △ 原 彪真 (中日) 114P(51.7Kg)
      引き分け 1−0 ( 38−38・39−38・38−38 )
  △ 堀井 翔平 (トコナメ) 114 3/4P(52.0Kg)
※規定により原 彪真の勝者扱い

中日本新人王戦
4回戦 ライト級
  × 小澤 直由 (駿河男児) 134 1/4P(60.8Kg)
      TKO2R 1'45"
  ○ 松岡 蓮 (浜松堀内) 134 3/4P(61.1Kg)

中日本新人王戦
4回戦 バンタム級
  ○ 木村 天汰郎 (駿河男児) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−36・40−36 )
  × 冨田 風弥 (伊豆) 117 3/4P(53.4Kg)

6回戦 68.0 Kg契約
  × 清 利樹 (駿河男児) 149 1/2P(67.8Kg)
      判定 0−3 ( 55−60・55−59・54−60 )
  ○ 加藤 寿 (熊谷コサカ) 149 3/4P(67.9Kg)

8回戦 54.5 Kg契約
  ○ 舟山 大樹 (帝拳) 119 3/4P(54.3Kg)
      判定 3−0 ( 78−74・78−74・78−74 )
  × 三宅 寛典 (ビッグアーム) 120 1/4P(54.5Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
  ○ 村地 翼 (駿河男児) 116 1/2P(52.8Kg)
      判定 3−0 ( 80−72・80−72・79−74 )
  × レイモンド・タブゴン (フィリピン) 115 3/4P(52.4Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本スーパー・バンタム級19位
  × 堀池 雄大 (帝拳) 122P(55.3Kg)
      TKO8R 1'23"
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級11位・日本スーパー・バンタム級6位
  ○ 古橋 岳也 (川崎新田) 122P(55.3Kg)

8回戦 59.5 Kg契約
     WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級14位
  × 市川 大樹 (駿河男児) 131P(59.4Kg)
      TKO5R 2'30"
     日本スーパー・フェザー級7位
  ○ 杉田 聖 (奈良) 130 3/4P(59.3Kg)

2019年5月18日 墨田区総合体育館 (東京都)

4回戦 ライト級
  △ 岩 慧 (EBISU K’s BOX) 134 1/4P(60.8Kg)
      引き分け 0−1 ( 38−38・38−38・37−39 )
  △ 新明 哲平 (横田スポーツ) 134 3/4P(61.1Kg)

東日本新人王戦
4回戦 ミニマム級
  △ 松田 烈 (Reason押上) 105P(47.5Kg)
      引き分け 1−0 ( 38−38・38−38・39−38 )
  △ 平井 雄士 (宮田) 104 1/4P(47.2Kg)
※規定により松田 烈の勝者扱い

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  − 林 大雅 (本多) 
      中止
  − 山口 怜恩 (ワタナベ)  棄権
※山口 怜恩の棄権により林 大雅が次戦進出

4回戦 60.0 Kg契約
  ○ 岩屋 卓史 (寝屋川石田) 132 1/2P(60.0Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−38・39−37 )
  × 瀧野 貴之 (Reason郡山) 132P(59.8Kg)

6回戦 アトム級
     日本ミニマム級8位
  △ モンブラン みき (Reason押上) 102P(46.2Kg)
      引き分け 1−1 ( 56−58・57−57・58−57 )
     日本アトム級16位
  △ 樽井 捺月 (山木) 99 3/4P(45.2Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  × 吉野 ムサシ (八王子中屋) 115P(52.1Kg)
      判定 1−2 ( 56−58・56−58・58−56 )
  ○ コーヤ 佐藤 (伴流) 115P(52.1Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級10位・日本スーパー・フライ級19位
  ○ 中川 健太 (三迫) 116 3/4P(52.9Kg)
      TKO7R 2'17"
     日本スーパー・フライ級17位
  × 那須 亮祐 (グリーンツダ) 117P(53.0Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本スーパー・バンタム級11位
  ○ 藤原 陽介 (ドリーム) 122P(55.3Kg)
      TKO4R 2'28"
     日本スーパー・バンタム級3位
  × 岡本 ナオヤ (東拳) 121 1/2P(55.1Kg)

8回戦 ライト級
     OPBF東洋太平洋ライト級14位・日本スーパー・ライト級3位
  × 麻生 興一 (三迫) 134 3/4P(61.1Kg)
      判定 0−3 ( 73−79・73−79・74−78 )
     OPBF東洋太平洋ライト級6位・日本ライト級1位
  ○ 柳 達也 (伴流) 134 1/4P(60.8Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 スーパー・バンタム級
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級2位・WBOアジアパシフィックスーパー・バンタム級4位・日本スーパー・バンタム級チャンピオン
  × 田村 亮一 (JB SPORTS) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 0−3 ( 93−96・94−95・92−97 )
     WBC世界スーパー・バンタム級11位・日本スーパー・バンタム級1位
  ○ 久我 勇作 (ワタナベ) 122P(55.3Kg)

2019年5月18日 The SSE Hydro (イギリス・スコットランド・グラスゴー)

IBF世界タイトルマッチ
12回戦 バンタム級
     WBA世界バンタム級チャンピオン
  ○ 井上 尚弥 (大橋) 117 3/4P(53.4Kg)
      KO2R 1'19"
  × エマニュエル・ロドリゲス (プエルトリコ) 117 3/4P(53.4Kg)

2019年5月15日 後楽園ホール (東京都)

東日本新人王戦
4回戦 フライ級
  × 戸田 祥司 (横浜さくら) 112P(50.7Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・38−39・37−39 )
  ○ 石井 直輝 (ワタナベ) 111 3/4P(50.6Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フライ級
  ○ にぼし 悠二郎 (青木) 112P(50.8Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・39−37 )
  × 堀井 俊佑 (ワタナベ) 112P(50.8Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 入稲福 敬 (ドリーム) 114 1/2P(51.9Kg)
      KO2R 2'13"
  × 杉本 天真 (セレス) 115P(52.1Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フライ級
  △ 二佐 翔太 (花形) 114 1/4P(51.8Kg)
      引き分け 1−0 ( 38−38・39−38・38−38 )
  △ 倉田 拓弥 (鹿島灘) 114 1/2P(51.9Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フライ級
  − 横山 大成 (石川ジム立川)  棄権
      中止
  − 寺 和輝 (マーベラス) 
※横山 大成の棄権により寺 和輝が次戦進出

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 綾部 圭人 (T&T) 114P(51.7Kg)
      TKO2R 2'44"
  × 茂呂 健太郎 (館林) 114 1/2P(51.9Kg)

東日本新人王戦
4回戦 バンタム級
  △ 永冨 寛治 (フラッシュ赤羽) 117 3/4P(53.4Kg)
      引き分け 1−1 ( 39−38・38−38・37−39 )
  △ 山崎 亮太 (ハッピーボックス) 117 1/2P(53.3Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  − 中島 剛 (勝又)  棄権
      中止
  − 小嶋 夏生 (石神井スポーツ) 
※中島 剛の棄権により小嶋 夏生が次戦進出

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  ○ アズマー 田中 (金子) 125P(56.7Kg)
      TKO1R 2'01"
  × 煖エ 利之 (協栄山神) 126P(57.1Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 中村 駿 (横浜光) 130P(58.9Kg)
      TKO3R 1'03"
  × 金崎 励二 (新松戸高橋) 129P(58.5Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  − 谷口 彪賀 (八王子中屋) 
      中止
  − 中川 光輝 (齋田)  棄権
※中川 光輝の棄権により谷口 彪賀が次戦進出

東日本新人王戦
4回戦 ウエルター級
  × 三木田 淳 (横浜光) 147P(66.6Kg)
      判定 1−2 ( 37−39・37−38・38−37 )
  ○ 池谷 一樹 (宮田) 146 1/4P(66.3Kg)

東日本新人王戦
4回戦 ウエルター級
  ○ 瀬戸 瑠也 (川崎新田) 146P(66.2Kg)
      TKO1R 1'59"
  × 山 海知 (山龍) 146 3/4P(66.5Kg)

東日本新人王戦
4回戦 ミドル級
  ○ 湯澤 卓巳 (宇都宮金田) 159 1/4P(72.2Kg)
      TKO3R 2'57"
  × アンドレ 竹原ジュニア (セレス) 159 1/2P(72.3Kg)

2019年5月14日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 51.5 Kg契約
  × 大平 智成 (松本ACEカスガ) 113 1/4P(51.3Kg)
      判定 0−2 ( 38−38・38−39・38−39 )
  ○ 池田 聡真 (厚木ワタナベ) 113 1/2P(51.4Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 細谷 優次 (レパード玉熊) 105P(47.5Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・39−37 )
  × 山本 和樹 (宇都宮) 103 1/2P(46.9Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  × 太田 憲人 (ワタナベ) 115P(52.1Kg)
      判定 0−3 ( 56−59・56−58・56−58 )
  ○ 蒲山 直輝 (小熊) 115P(52.1Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  ○ 頼政 和法 (レパード玉熊) 114 3/4P(52.0Kg)
      判定 2−0 ( 58−57・58−56・57−57 )
  × 山本 大智 (KTT) 114 1/4P(51.8Kg)

6回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級8位
  × 有川 稔男 (川島) 147P(66.6Kg)
      KO3R 2'34"
  ○ 安藤 暢文 (高崎) 146 1/4P(66.3Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  △ 粟田 祐之 (KG大和) 130P(58.9Kg)
      TD5R 2’50” 0−0 ( 47−47・47−47・47−47 )
  △ 高林 良幸 (RK蒲田) 129 3/4P(58.8Kg)

8回戦 バンタム級
  ○ 永安 潤之介 (川島) 117 3/4P(53.4Kg)
      TKO6R 1'20"
  × 品部 正秀 (Boy’s水戸) 117 1/2P(53.3Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
     WBOアジアパシフィックスーパー・フライ級14位・日本スーパー・フライ級7位
  ○ 川浦 龍生 (川島) 114 1/2P(51.9Kg)
      判定 3−0 ( 77−74・80−71・80−71 )
     フィリピンバンタム級4位
  × レノエル・パエル (フィリピン) 114 1/2P(51.9Kg)

2019年5月13日 後楽園ホール (東京都)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・ライト級
  ○ 本多 航大 (川崎新田) 139 1/2P(63.2Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−36・40−36 )
  × 外村 武 (ワタナベ) 140P(63.4Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  − 小川 皓平 (日東)  棄権
      中止
  − 内山 大志 (ワールドスポーツ) 
※小川 皓平の棄権により内山 大志が次戦進出

6回戦 ミドル級
  × 見原 恭徳 (川崎新田) 158 3/4P(72.0Kg)
      TKO5R 0'21"
     日本ミドル級13位
  ○ ワチュク ナァツ (マーベラス) 159 1/4P(72.2Kg)

8回戦 60.0 Kg契約
  × 及川 唯 (川崎新田) 132 1/2P(60.0Kg)
      TKO7R終了
  ○ 長谷川 慎之介 (青木) 132P(59.8Kg)

8回戦 フェザー級
     日本フェザー級3位
  ○ 日野 僚 (川崎新田) 125 3/4P(57.0Kg)
      TKO7R 1'21"
  × 諏訪 佑 (TEAM 10COUNT) 125 3/4P(57.0Kg)

IBF世界タイトルマッチ
12回戦 フライ級
     IBF世界フライ級チャンピオン
  ○ モルティ・ムザラネ (南アフリカ) 112P(50.7Kg)
      判定 3−0 ( 116−112・116−112・117−111 )
     IBF世界フライ級4位・WBOアジアパシフィックフライ級4位
  × 黒田 雅之 (川崎新田) 111 3/4P(50.6Kg)

2019年5月12日 美作文化センター (岡山県)

4回戦 ミニマム級
  × 須藤 凪 (江見) 103 1/2P(46.9Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・36−39 )
  ○ 後藤 圭人 (タキザワ) 104 1/4P(47.2Kg)

4回戦 48.2 Kg契約
  △ 小島 蓮 (江見) 106 1/4P(48.1Kg)
      引き分け 1−0 ( 39−38・38−38・38−38 )
  △ 勇利 若林 (北海道畠山) 106 1/2P(48.2Kg)

4回戦 バンタム級
  ○ 角本 陽平 (結花) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 3−0 ( 40−37・39−38・39−38 )
  × 岡村 直樹 (エディタウンゼント) 117 1/2P(53.2Kg)

4回戦 60.0 Kg契約
  × 神谷 啓太 (畑中) 131 1/4P(59.5Kg)
      判定 0−3 ( 37−40・38−39・36−40 )
  ○ 東 祐也 (北海道畠山) 132 1/4P(59.9Kg)

4回戦 58.0 Kg契約
  × 片山 奎志 (結花) 127 1/2P(57.8Kg)
      TKO1R 2'27"
  ○ 野々口 勇斗 (仲里) 127 1/2P(57.8Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 岡田 兼弥 (江見) 115P(52.1Kg)
      KO3R 1'08"
  × 中村 哲進 (黒潮) 115P(52.1Kg)

4回戦 56.0 Kg契約
  ○ 桑渕 柊耶 (江見) 123 1/4P(55.8Kg)
      TKO1R 2'00"
  × 森田 誠 (ワイルドビート) 123 1/4P(55.9Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 谷口 政治 (結花) 122P(55.3Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・35−40・34−40 )
  ○ 高原 剛政 (姫路木下) 120 1/2P(54.6Kg)

2019年5月12日 香港コンベンションセンター (中国・香港)

8回戦 フェザー級
     日本フェザー級15位
  ○ 佐々木 蓮 (ワタナベ) 126P(57.1Kg)
      TKO6R 1'53"
  × マー・ゲアン (中国) 126P(57.1Kg)

6回戦 スーパー・ライト級
  × 山本 祥吾 (ワタナベ) 139P(63.0Kg)
      TKO4R 2'29"
  ○ ニベシュ・ゲール (ネパール) 138P(62.6Kg)

4回戦 ライト・フライ級
     日本フライ級6位
  × 鈴木 なな子 (ワタナベ) 108P(48.9Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・36−39・36−39 )
  ○ レンズ・ダッケル (フィリピン) 108P(48.9Kg)

2019年5月10日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 68.0 Kg契約
  ○ 向後 大寿 (上滝) 149P(67.5Kg)
      TKO2R 0'59"
  × 入江 翔太 (KG大和) 150P(68.0Kg)

6回戦 スーパー・フェザー級
  ○ それいけ 太一 (協栄山神) 130P(58.9Kg)
      KO4R 0'43"
     日本スーパー・フェザー級14位
  × 関島 優作 (KG大和) 129 1/2P(58.7Kg)

6回戦 54.5 Kg契約
     日本スーパー・フライ級18位
  △ 田之岡 条 (小熊) 119 3/4P(54.3Kg)
      TD1R 0’45” 試合の前半のためドロー
  △ 水谷 直人 (KG大和) 119 3/4P(54.3Kg)

8回戦 バンタム級
     日本バンタム級19位
  × 中川 抹茶 (角海老宝石) 118P(53.5Kg)
      判定 0−3 ( 75−77・76−77・75−78 )
     日本バンタム級18位
  ○ 千葉 開 (横浜光) 118P(53.5Kg)

8回戦 60.0 Kg契約
     日本ライト級6位
  × 斉藤 正樹 (TEAM 10COUNT) 132P(59.8Kg)
      TD6R 1’00” 0−3 ( 56−58・55−59・55−60 )
     日本フェザー級10位
  ○ 荒谷 龍人 (KG大和) 132P(59.8Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 スーパー・ウエルター級
     OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級4位・日本スーパー・ウエルター級チャンピオン
  × 新藤 寛之 (宮田) 153 3/4P(69.7Kg)
      TKO6R終了
     OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級8位・WBOアジアパシフィックスーパー・ウエルター級5位・日本スーパー・ウエルター級1位
  ○ 松永 宏信 (横浜光) 153 3/4P(69.7Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 バンタム級
     IBF世界バンタム級15位・OPBF東洋太平洋バンタム級チャンピオン・WBOアジアパシフィックバンタム級3位
  ○ 栗原 慶太 (一力) 118P(53.5Kg)
      KO1R 0'35"
  × ワルリト・パレナス (森岡) 117 1/2P(53.3Kg)

2019年5月8日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 56.0 Kg契約
  ○ 笈川 夏愛 (角海老宝石) 122 1/2P(55.5Kg)
      判定 2−0 ( 39−38・38−38・39−38 )
  × 福井 瑛紀 (北海道畠山) 123 1/4P(55.9Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  ○ 中嶋 憂輝 (角海老宝石) 107 1/2P(48.7Kg)
      TKO4R 1'29"
  × マノップ・ウドムパナーワーリー (タイ) 106 3/4P(48.3Kg)

8回戦 ライト級
     WBOアジアパシフィックライト級10位・日本ライト級13位
  ○ 粕谷 雄一郎 (角海老宝石) 134 3/4P(61.1Kg)
      判定 2−0 ( 78−75・76−76・77−75 )
  × 清田 亨 (大橋) 134 1/2P(61.0Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
     日本スーパー・フライ級13位
  ○ 福永 亮次 (角海老宝石) 115P(52.1Kg)
      TKO1R 2'13"
  × ギティポン・ジャルンローイ (タイ) 113 1/2P(51.4Kg)

8回戦 フェザー級
     OPBF東洋太平洋フェザー級9位・日本フェザー級7位
  ○ 大橋 健典 (角海老宝石) 126P(57.1Kg)
      TKO7R 1'36"
     OPBF東洋太平洋フェザー級12位・WBOアジアパシフィックフェザー級9位
  × 若林 駿 (K&W) 125 3/4P(57.0Kg)

8回戦 フライ級
     日本フライ級1位
  ○ 粉川 拓也 (角海老宝石) 112P(50.8Kg)
      判定 2−1 ( 77−75・76−77・77−76 )
  × 渡邉 秀行 (Reason郡山) 111 3/4P(50.6Kg)

10回戦 スーパー・バンタム級
     WBA世界スーパー・バンタム級4位
  ○ 小國 以載 (角海老宝石) 122P(55.3Kg)
      判定 3−0 ( 97−92・96−93・97−93 )
  × スックプラサード・ポンピタック (タイ) 121 1/4P(54.9Kg)

2019年5月6日  (韓国・礼山郡)

12回戦 スーパー・バンタム級
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級9位・日本スーパー・バンタム級5位
  × 小坂 遼 (真正) 121 3/4P(55.2Kg)
      TKO9R終了
  ○ キム・イェジュン (韓国) 122P(55.3Kg)

2019年5月5日 ザ・セレクトンプレミア神戸三田ホテル (兵庫県)

4回戦 スーパー・フライ級
  × 平井 乃智 (寝屋川石田) 114 1/2P(51.9Kg)
      TKO1R 0'51"
  ○ 杉本 太一 (勝輝) 113 3/4P(51.6Kg)

4回戦 54.5 Kg契約
  × 小島 一希 (寝屋川石田) 120 1/4P(54.5Kg)
      判定 0−2 ( 37−38・36−38・37−37 )
  ○ 吉川 翔 (高砂) 119 1/2P(54.2Kg)

8回戦 ライト・フライ級
  ○ 大内 淳雅 (姫路木下) 107 3/4P(48.8Kg)
      KO2R 1'49"
     インドネシアライト・フライ級3位
  × ヘングキー・バランサノ (インドネシア) 105 3/4P(47.9Kg)

日本ユースタイトルマッチ
8回戦 フライ級
     日本フライ級13位
  ○ 松岡 新 (大成) 111 1/2P(50.5Kg)
      判定 3−0 ( 78−74・77−75・78−74 )
  × 鷲尾 樹貴也 (千里馬神戸) 112P(50.7Kg)

日本ユースタイトルマッチ
8回戦 フェザー級
     日本フェザー級17位
  × 松岡 輝 (大成) 125 3/4P(57.0Kg)
      判定 0−2 ( 75−76・76−76・75−77 )
  ○ 殿本 恭平 (勝輝) 126P(57.1Kg)

2019年5月4日 ストックトンアリーナ (USA・カリフォルニア州ストックトン)

IBF世界タイトルマッチ
12回戦 スーパー・フライ級
  ○ ジャーウィン・アンカハス (フィリピン) 114 1/2P(51.9Kg)
      TKO7R 0'01"
     IBF世界スーパー・フライ級1位
  × 船井 龍一 (ワタナベ) 114 1/2P(51.9Kg)

2019年5月4日 後楽園ホール (東京都)

東日本新人王戦
4回戦 バンタム級
  ○ 藍原 伸太 (帝拳) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 3−0 ( 39−38・39−38・39−37 )
  × オ・ロスティスラヴ (UNITED) 117 1/2P(53.3Kg)

東日本新人王戦
4回戦 ライト級
  ○ 浦川 大将 (帝拳) 134 1/2P(61.0Kg)
      TKO2R 2'09"
  × 坂久保 拓紀 (京浜川崎) 134 1/2P(60.9Kg)

6回戦 68.0 Kg契約
     日本ウエルター級15位
  ○ 辻本 純兵 (帝拳) 149 1/2P(67.8Kg)
      TKO5R 1'24"
  × 吉村 鉄也 (KG大和) 149 1/2P(67.8Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  ○ 岩田 翔吉 (帝拳) 107 3/4P(48.8Kg)
      判定 3−0 ( 59−54・59−54・58−56 )
     日本ライト・フライ級14位
  × 亀山 大輝 (ワタナベ) 108P(48.9Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
     日本ライト・フライ級8位
  × 矢島 大樹 (松田) 114 1/2P(51.9Kg)
      判定 0−3 ( 74−77・75−77・74−78 )
  ○ 今川 未来 (木更津グリーンベイ) 114 3/4P(52.0Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 波田 大和 (帝拳) 129 1/2P(58.7Kg)
      KO2R 2'19"
  × アルピウス・マウファニ (インドネシア) 128 3/4P(58.3Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
     日本スーパー・フェザー級4位
  ○ 正木 脩也 (帝拳) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 3−0 ( 80−72・79−73・78−74 )
  × リー ナムジュン (韓国) 130P(58.9Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 スーパー・フェザー級
     WBO世界スーパー・フェザー級3位・OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級3位・WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級1位・日本スーパー・フェザー級チャンピオン
  ○ 末吉 大 (帝拳) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 2−0 ( 96−95・97−93・95−95 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級7位・日本スーパー・フェザー級1位
  × 大里 拳 (大鵬) 129 3/4P(58.8Kg)

2019年5月4日 エロルデスポーツセンター (フィリピン・マニラ)

12回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋フェザー級7位・日本フェザー級6位
  ○ 佐川 遼 (三迫) 129P(58.5Kg)
      判定 3−0 ( 116−112・115−113・117−111 )
  × アル・トヨゴン (フィリピン) 128P(58.0Kg)

2019年5月3日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 ウエルター級
  ○ ムッチェ・ケニー (井岡弘樹) 147P(66.6Kg)
      TKO2R 1'15"
  × 三浦 将太 (ミサイル工藤) 145 1/2P(66.0Kg)

4回戦 ミニマム級
  × 福光 彩斗 (寝屋川石田) 104 3/4P(47.4Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・37−38・37−38 )
  ○ 大畑 龍世 (伊豆) 104 3/4P(47.4Kg)

6回戦 54.5 Kg契約
     WBA女子世界スーパー・フライ級14位・IBF女子世界スーパー・フライ級6位・OPBF女子東洋太平洋スーパー・フライ級チャンピオン
  ○ ぬき てるみ (井岡弘樹) 120P(54.4Kg)
      KO3R 2'10"
  × カンチャナー・テュンタイソン (タイ) 118 1/2P(53.7Kg)

日本ユースタイトルマッチ
8回戦 ウエルター級
     OPBF東洋太平洋ウエルター級10位・日本ウエルター級3位(ユースチャンピオン)
  ○ クドゥラ・金子 (本多) 145 3/4P(66.1Kg)
      KO5R 3'07"
  × 安達 陸虎 (井岡弘樹) 147P(66.6Kg)

2019年5月1日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・フェザー級
  − 並木 翔牙 (JB SPORTS)  棄権
      中止
  − 瀧野 貴之 (Reason郡山) 

東日本新人王戦
4回戦 ライト級
  − 秋元 太樹 (ワタナベ)  棄権
      中止
  − 見崎 康平 (上滝) 
※秋元 太樹の棄権により見崎 康平が次戦進出

東日本新人王戦
4回戦 ライト級
  × カリエンテ 子安 (E&Jカシアス) 134 1/2P(61.0Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・36−40 )
  ○ 柳堀 隆吾 (花形) 134 1/2P(61.0Kg)

6回戦 ミニマム級
  × 新冨 凌 (JB SPORTS) 105P(47.5Kg)
      判定 1−2 ( 56−58・58−56・57−58 )
  ○ 山本 要 (ワールドスポーツ) 105P(47.5Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
     日本スーパー・フライ級9位
  ○ 小山内 幹 (ワタナベ) 117P(53.0Kg)
      判定 3−0 ( 77−75・76−75・76−75 )
     日本バンタム級10位
  × 藤本 直人 (新日本木村) 117P(53.0Kg)

8回戦 50.0 Kg契約
     日本ライト・フライ級2位
  × 大保 龍斗 (横浜さくら) 110 1/4P(50.0Kg)
      TKO6R 1'20"
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級12位
  ○ 矢吹 正道 (緑) 110P(49.8Kg)

8回戦 フェザー級
  × コーチ 義人 (Reason大貴) 126P(57.1Kg)
      判定 0−3 ( 72−80・72−80・72−80 )
     OPBF東洋太平洋フェザー級4位・WBOアジアパシフィックスーパー・バンタム級11位・日本フェザー級8位
  ○ 丸田 陽七太 (森岡) 125 1/4P(56.8Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 フェザー級
     WBC世界フェザー級14位・OPBF東洋太平洋フェザー級1位・日本フェザー級チャンピオン
  △ 源 大輝 (ワタナベ) 126P(57.1Kg)
      引き分け 0−1 ( 94−94・94−95・94−94 )
     WBC世界フェザー級9位・IBF世界フェザー級4位・OPBF東洋太平洋フェザー級2位・日本フェザー級1位
  △ 阿部 麗也 (KG大和) 125 3/4P(57.0Kg)