東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

2018年10月試合結果
2018年10月31日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 ライト級
  × 篠崎 心平 (シュウ) 134 3/4P(61.1Kg)
      TKO3R 1'48"
  ○ 津本 尚行 (世田谷オークラ) 134P(60.7Kg)

C級トーナメント
4回戦 ミニマム級
  ○ 馬場 裕一 (FLARE山上) 104 3/4P(47.4Kg)
      TKO2R 1'59"
  × 田中 雅波 (北澤) 104 3/4P(47.4Kg)

4回戦 フェザー級
  × 松下 竜士 (SRS) 124P(56.2Kg)
      TKO1R 1'35"
  ○ 井上 慶一 (東拳) 125 3/4P(57.0Kg)

C級トーナメント
4回戦 フェザー級
  × 神長 昌史 (FLARE山上) 125P(56.6Kg)
      TKO2R 2'58"
  ○ 今成 太希 (三迫) 125 1/4P(56.8Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 小坂 和成 (スパイダー根本) 120 1/4P(54.5Kg)
      判定 0−2 ( 37−39・37−39・38−38 )
  ○ 脇 一隼 (北澤) 121P(54.8Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 神田 拓也 (SRS) 129 1/2P(58.7Kg)
      判定 3−0 ( 38−37・38−37・38−37 )
  × 佐々木 俊 (小熊) 129 1/4P(58.6Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・フライ級
  × 杉本 天真 (セレス) 113 3/4P(51.6Kg)
      TKO3R 2'32"
  ○ 寺 和輝 (マーベラス) 114 1/2P(51.9Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・フライ級
  − 徳島 空吾 (ワタナベ) 
      中止
  − 佐藤 己吹 (協栄)  棄権
※佐藤 己吹の棄権により徳島 空吾が次戦進出

4回戦 フライ級
  ○ 臼井 春樹 (八王子中屋) 111 3/4P(50.6Kg)
      判定 2−0 ( 38−37・37−37・38−37 )
  × 王子 翔介 (E&Jカシアス) 112P(50.7Kg)

6回戦 スーパー・フェザー級
  × 坂田 尚樹 (ワタナベ) 129 3/4P(58.8Kg)
      TKO4R 2'00"
  ○ それいけ 太一 (協栄山神) 129 1/2P(58.7Kg)

6回戦 ライト級
  × 龍神 佳輝 (ワタナベ) 134 1/2P(60.9Kg)
      TD4R 0’13” 0−2 ( 38−39・37−40・39−39 )
  ○ 内藤 未来 (E&Jカシアス) 135P(61.2Kg)

女子日本王座決定戦
6回戦 ミニマム級
     OPBF女子東洋太平洋ミニ・フライ級3位・日本ミニマム級1位
  △ 日向野 知恵 (スパイダー根本) 104 3/4P(47.4Kg)
      引き分け 1−1 ( 58−57・56−58・57−57 )
     日本ミニマム級2位
  △ 成田 佑美 (姫路木下) 105P(47.5Kg)

2018年10月28日 サントピア岡山総社 (岡山県)

4回戦 ミニマム級
  △ 小島 蓮 (江見) 104 1/4P(47.2Kg)
      TD2R終了 0−0 ( 19−19・19−19・19−19 )
  △ 藤本 大輝 (堺東ミツキ) 104 1/4P(47.2Kg)

4回戦 バンタム級
  × 武内 大輔 (斉藤) 117 1/4P(53.1Kg)
      判定 1−2 ( 36−40・36−40・39−38 )
  ○ 角本 陽平 (結花) 117 3/4P(53.4Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 中山 廉温 (倉敷守安) 121 1/2P(55.1Kg)
      TKO2R 0'36"
  × 宮本 喬史 (姫路木下) 121 3/4P(55.2Kg)

4回戦 ライト級
  × 土井 栄一 (倉敷守安) 135P(61.2Kg)
      判定 0−3 ( 37−40・36−40・38−39 )
  ○ 石川 耕平 (ロマンサジャパン) 132 1/2P(60.0Kg)

6回戦 68.0 Kg契約
  △ 井上 大輔 (倉敷守安) 149 3/4P(67.9Kg)
      引き分け 0−1 ( 56−59・57−57・57−57 )
  △ 美柑 英男 (渥美) 149 1/2P(67.8Kg)

10回戦 フライ級
     OPBF東洋太平洋フライ級14位・日本フライ級5位
  × ユーリ阿久井 政悟 (倉敷守安) 111 1/2P(50.5Kg)
      TKO8R 2'17"
     WBA世界フライ級11位
  ○ ジェイセヴェー・アブシード (フィリピン) 110 1/2P(50.1Kg)

2018年10月28日 海峡メッセ下関 (山口県)

4回戦 48.0 Kg契約
  ○ スマイル 渚 (関門JAPAN) 105P(47.5Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・39−38 )
     日本ミニマム級11位
  × 伊藤 悠子 (RK蒲田) 105 3/4P(47.9Kg)

4回戦 54.5 Kg契約
  × 辻 雄大 (三松スポーツ) 119 1/2P(54.1Kg)
      TKO1R 1'10"
  ○ 村上 大和 (黒崎KANAO) 119 1/2P(54.2Kg)

4回戦 スーパー・ライト級
  ○ 日高 健次 (都城レオスポーツ) 140P(63.4Kg)
      TKO4R 2'32"
  × 愛川 翼 (黒崎KANAO) 139 1/4P(63.1Kg)

4回戦 バンタム級
  × 尾 康太 (筑豊) 117 1/2P(53.2Kg)
      KO4R 1'49"
  ○ 前村 隆気 (宇部BS) 117 1/4P(53.1Kg)

8回戦 ウエルター級
  × チェンジ 濱島 (関門JAPAN) 146 1/2P(66.4Kg)
      KO7R 1'15"
     日本ウエルター級9位
  ○ 海藤 正晴 (シュウ) 146P(66.2Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 ライト級
     OPBF東洋太平洋ライト級5位・日本ライト級1位
  △ アクセル 住吉 (関門JAPAN) 134 1/2P(61.0Kg)
      引き分け 1−0 ( 76−76・77−76・76−76 )
     OPBF東洋太平洋ライト級12位・日本ライト級2位
  △ 柳 達也 (伴流) 133 3/4P(60.6Kg)
※規定によりアクセル 住吉の勝者扱い

2018年10月22日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 59.0 Kg契約
  ○ 本木 愛梨 (T&T) 126 3/4P(57.4Kg)
      KO3R 0'46"
  × 水本 ひなた (ARITOMI) 130 1/4P(59.0Kg)

6回戦 フェザー級
  ○ 宮地 隆佳 (石川ジム立川) 125 3/4P(57.0Kg)
      TKO3R 0'32"
  × チナーティップ・タウィープーン (タイ) 125P(56.7Kg)

6回戦 フライ級
  × 坂田 健太 (神奈川渥美) 112P(50.8Kg)
      判定 0−3 ( 55−59・56−59・55−60 )
  ○ 田中 公士 (三迫) 112P(50.8Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  ○ 大野 俊人 (石川ジム立川) 140P(63.5Kg)
      TKO6R 2'59"
  × 中嶋 龍成 (山龍) 140P(63.5Kg)

8回戦 48.4 Kg契約
  ○ 佐宗 緋月 (T&T) 106 1/2P(48.2Kg)
      判定 2−1 ( 77−75・76−77・77−75 )
     日本ミニマム級9位
  × デシエルト 長池 (青木) 106 3/4P(48.4Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
  × 上野 太一 (石川ジム立川) 121 3/4P(55.2Kg)
      TKO4R 1'40"
     日本スーパー・バンタム級12位
  ○ 古橋 岳也 (川崎新田) 122P(55.3Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
     WBOアジアパシフィックスーパー・バンタム級8位・日本バンタム級7位
  ○ 定常 育郎 (T&T) 117P(53.0Kg)
      TKO3R 2'54"
     日本スーパー・フライ級15位
  × 青山 功 (セレス) 117P(53.0Kg)

8回戦 フライ級
     日本フライ級8位
  ○ 望月 直樹 (横浜光) 112P(50.8Kg)
      判定 2−1 ( 76−75・77−75・75−76 )
     OPBF東洋太平洋フライ級15位・日本フライ級10位
  × 藤北 誠也 (三迫) 112P(50.7Kg)

2018年10月21日 サンピアセリーズ (高知県)

4回戦 スーパー・フライ級
  × 長岡 波輝 (仲里) 115P(52.1Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−40・36−40 )
  ○ 清水 翔太 (尼崎亀谷) 114P(51.7Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  × 戸川 叡二 (姫路木下) 128 3/4P(58.4Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・36−39・36−39 )
  ○ 濱元 耕平 (フォーラムスポーツ) 128 3/4P(58.3Kg)

4回戦 60.2 Kg契約
  − 播磨 一憲 (大阪帝拳)  棄権
      中止
  − 浜崎 隆広 (仲里) 

4回戦 56.5 Kg契約
  ○ 福永 宇宙 (黒潮) 124 3/4P(56.5Kg)
      判定 3−0 ( 39−36・39−36・39−37 )
  × 中田 章裕 (明石) 123 1/2P(56.0Kg)

6回戦 54.3 Kg契約
  ○ 脇田 洸一 (クラトキ) 119 3/4P(54.3Kg)
      判定 2−0 ( 58−56・57−56・57−57 )
  × 川西 俊樹 (グリーンツダ) 119 3/4P(54.3Kg)

6回戦 スーパー・フェザー級
  × 中村 堅亮 (BMB) 129 1/4P(58.6Kg)
      KO3R 2'08"
  ○ 安部 貴士 (尼崎亀谷) 129 1/4P(58.6Kg)

6回戦 56.3 Kg契約
  × 濱口 稜生 (エディタウンゼント) 122 3/4P(55.6Kg)
      判定 0−2 ( 57−58・57−57・56−58 )
  ○ 高須賀 千春 (フォーラムスポーツ) 123 3/4P(56.1Kg)

2018年10月21日 地場産くるめ (福岡県)

4回戦 フェザー級
  × 長谷川 裕 (久留米櫛間) 125P(56.7Kg)
      TKO3R 1'10"
  ○ 平野 隼大 (折尾) 126P(57.1Kg)

4回戦 ライト級
  ○ 煖エ 将 (筑豊) 134 3/4P(61.1Kg)
      KO2R 2'49"
  × 井澤 義生 (琉球) 135P(61.2Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 松冨 祥大 (宇部BS) 114 1/4P(51.8Kg)
      判定 3−0 ( 38−37・38−37・38−37 )
  × 溝辺 誠 (黒崎KANAO) 114 3/4P(52.0Kg)

6回戦 64.0 Kg契約
  × 木村 文祐 (JM・加古川) 140 1/2P(63.7Kg)
      判定 0−3 ( 55−58・56−57・56−58 )
  ○ 松坂 拓哉 (石神井スポーツ) 141P(63.9Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 ミニマム級
     OPBF東洋太平洋ミニマム級9位・WBOアジアパシフィックライト・フライ級9位・日本ミニマム級1位
  × 榮 拓海 (折尾) 105P(47.5Kg)
      判定 1−2 ( 75−76・76−77・77−74 )
     OPBF東洋太平洋ミニマム級11位・日本ミニマム級2位
  ○ 田中 教仁 (三迫) 105P(47.6Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 ウエルター級
     OPBF東洋太平洋ウエルター級2位・日本ウエルター級1位
  × 別府 優樹 (久留米櫛間) 146P(66.2Kg)
      判定 0−3 ( 75−77・75−76・73−78 )
     日本ウエルター級2位
  ○ 永野 祐樹 (帝拳) 145 1/2P(66.0Kg)

2018年10月21日 大徳大学 (韓国・大田)

6回戦 バンタム級
     日本バンタム級17位
  ○ 富施 郁哉 (ワタナベ) 
      判定 3−0 ( 59−55・59−56・59−56 )
  × リ・ドンヨン (韓国) 

6回戦 フェザー級
  △ 中川 公弘 (ワタナベ) 
      引き分け 1−0 ( 57−57・58−57・58−58 )
  △ キム・ヨンミン (韓国) 

6回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級16位
  △ 重田 裕紀 (ワタナベ) 
      引き分け 0−0 ( 57−57・57−57・58−58 )
  △ バチョリグ・バジャルガル (モンゴル) 

6回戦 62.0 Kg契約
     日本ライト級12位
  △ 有岡 康輔 (三迫) 
      引き分け 1−1 ( 57−58・58−58・59−58 )
  △ クウォン・オゴン (韓国) 

2018年10月20日 パークシアター (USA・ネバタ州ラスベガス)

WBA世界タイトルマッチ
12回戦 ミドル級
     WBA世界ミドル級チャンピオン・WBC世界ミドル級3位
  × 村田 諒太 (帝拳) 159 1/4P(72.2Kg)
      判定 0−3 ( 110−118・109−119・109−119 )
  ○ ロブ・ブラント (USA) 158 1/4P(71.7Kg)

2018年10月20日 Work Point Studio (タイ・バンコク)

12回戦 ミドル級
     日本ライト・フライ級14位
  × 荻堂 盛太 (平仲BS) 
      判定 0−3 ( 110−117・111−116・109−117 )
  ○  (タイ) 

2018年10月18日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・ライト級
  ○ 近藤 哲哉 (横田スポーツ) 139 1/2P(63.2Kg)
      TKO2R 1'16"
  × 小林 涼 (横浜さくら) 139 1/4P(63.1Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 佐藤 拓実 (KG大和) 129 1/4P(58.6Kg)
      TKO4R 0'16"
  × 渡部 想 (ワタナベ) 129P(58.5Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 齊藤 歩志 (川崎新田) 125 3/4P(57.0Kg)
      判定 3−0 ( 40−35・40−36・40−36 )
  × 諸橋 一将 (T&T) 125 1/2P(56.9Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  ○ 安藤 教祐 (KG大和) 107 1/4P(48.6Kg)
      TKO4R 2'55"
  × 深見 旺彦 (ワタナベ) 107P(48.5Kg)

C級トーナメント
4回戦 フェザー級
  ○ 遠藤 裕介 (協栄山神) 125P(56.7Kg)
      KO2R 2'03"
  × 荒川 拓朗 (ジャパン・スポーツ) 126P(57.1Kg)

4回戦 バンタム級
  ○ 吉見 彬 (セレス) 117 1/2P(53.2Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・39−38・40−36 )
  × 當舎 直樹 (本望) 117 1/4P(53.1Kg)

4回戦 バンタム級
  × 三嶋 秀宜 (輪島功一スポーツ) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・37−38・37−38 )
  ○ 二瓶 竜弥 (郡山) 117 1/2P(53.2Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 佐藤 諒太 (Reason押上) 115P(52.1Kg)
      判定 2−0 ( 39−37・39−37・38−38 )
  × 古谷 拓己 (ワタナベ) 115P(52.1Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・バンタム級
  △ 谷川 生馬 (厚木ワタナベ) 121 3/4P(55.2Kg)
      引き分け 1−0 ( 39−38・38−38・38−38 )
  △ 白鳥 翔太 (本望) 121 1/2P(55.0Kg)
※規定により白鳥 翔太の勝者扱い

C級トーナメント
4回戦 ミニマム級
  △ 初鹿 健吾 (八王子中屋) 104P(47.1Kg)
      引き分け 1−0 ( 38−38・39−37・38−38 )
  △ 岩井 祥來 (小熊) 104 3/4P(47.4Kg)
※規定により初鹿 健吾の勝者扱い

4回戦 ミニマム級
  ○ 石垣 芙季 (UNITED) 104 3/4P(47.4Kg)
      TKO4R 0'34"
  × 外村 大貴 (ワタナベ) 105P(47.6Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・バンタム級
  × 柳沼 直道 (EBISU K’s BOX) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・37−39 )
  ○ 竹原 毅 (協栄) 122P(55.3Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 牛島 龍吾 (八王子中屋) 125 1/2P(56.9Kg)
      TKO1R 0'20"
  × 保坂 倫之 (稲毛) 125P(56.7Kg)

2018年10月14日  (中国・北京)

6回戦 フェザー級
  ○ 堤 聖也 (ワタナベ) 124 1/4P(56.3Kg)
      判定 3−0 ( 60−54・60−54・60−52 )
  × ユー・ジアチ (中国) 123 1/2P(56.0Kg)

2018年10月13日 神戸サンボーホール (兵庫県)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 鮫島 碧希 (真正) 121 1/2P(55.1Kg)
      TKO1R 1'16"
  × 戸田 健一 (陽光アダチ) 121 1/2P(55.0Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 烏野 遼 (真正) 129 1/4P(58.6Kg)
      判定 2−1 ( 38−37・37−38・38−37 )
  × 片山 奎志 (結花) 129 1/4P(58.6Kg)

4回戦 52.8 Kg契約
  ○ 岩 圭祐 (ロマンサジャパン) 115 3/4P(52.4Kg)
      TKO3R 1'25"
  × 竹川 祐司 (VADY) 115 3/4P(52.5Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  × 木元 紳之輔 (ワタナベ) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 0−3 ( 57−58・57−58・57−59 )
  ○ 諏訪 亮 (真正) 121 1/2P(55.0Kg)

6回戦 バンタム級
  ○ 杉森 太一 (真正) 118P(53.5Kg)
      判定 3−0 ( 59−55・58−57・59−55 )
  × 山口 結人 (K&W) 117 1/2P(53.2Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  × アルビン・メデュラ (フィリピン) 121 1/2P(55.0Kg)
      TD5R 0’05” 0−3 ( 46−50・46−50・46−50 )
  ○ 山内 祐季 (真正) 122P(55.3Kg)

8回戦 56.7 Kg契約
     日本スーパー・バンタム級15位
  ○ 川島 翔平 (真正) 125P(56.7Kg)
      TKO5R 2'02"
     フィリピンフェザー級13位
  × ロニー・カンポス (フィリピン) 125P(56.7Kg)

2018年10月12日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・ライト級
  △ 谷口 彪賀 (八王子中屋) 139P(63.0Kg)
      TD2R 1’18” 試合の前半のためドロー
  △ 大塔 武 (横浜光) 139 3/4P(63.3Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 ライト・フライ級
     WBC世界ライト・フライ級14位・OPBF東洋太平洋ライト・フライ級2位・日本ライト・フライ級1位
  ○ 堀川 謙一 (三迫) 108P(48.9Kg)
      TKO7R 2'14"
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級8位・日本ライト・フライ級2位
  × 板垣 幸司 (広島三栄) 107 3/4P(48.8Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 スーパー・フライ級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級12位・日本スーパー・フライ級1位
  ○ ユータ 松尾 (ワールドスポーツ) 114 1/4P(51.8Kg)
      KO5R 1'15"
     日本スーパー・フライ級2位
  × レイ・オライス (FLARE山上) 113 3/4P(51.6Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 スーパー・バンタム級
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級5位・日本スーパー・バンタム級1位
  ○ 中川 麦茶 (角海老宝石) 122P(55.3Kg)
      TD7R 2’26” 2−0 ( 67−65・67−67・67−66 )
     日本スーパー・バンタム級2位
  × 岡本 ナオヤ (東拳) 121 3/4P(55.2Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級12位・日本スーパー・フェザー級1位
  ○ 大里 拳 (大鵬) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 3−0 ( 79−74・79−73・79−74 )
     日本スーパー・フェザー級2位
  × 杉田 聖 (奈良) 129 1/2P(58.7Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 スーパー・ライト級
     OPBF東洋太平洋スーパー・ライト級3位・WBOアジアパシフィックスーパー・ライト級8位・日本スーパー・ライト級1位
  ○ 井上 浩樹 (大橋) 140P(63.5Kg)
      判定 3−0 ( 77−75・77−74・78−73 )
     日本スーパー・ライト級2位
  × マーカス スミス (平仲BS) 140P(63.5Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 スーパー・ウエルター級
     OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級6位・日本スーパー・ウエルター級1位
  × 斉藤 幸伸丸 (アベ) 153 1/2P(69.6Kg)
      KO4R 2'54"
     WBOアジアパシフィックスーパー・ウエルター級6位・日本スーパー・ウエルター級2位
  ○ 松永 宏信 (横浜光) 153 3/4P(69.7Kg)

2018年10月11日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 平野 伸 (青木) 121 1/2P(55.1Kg)
      TKO3R 0'48"
  × 野口 貴彦 (世田谷オークラ) 121 3/4P(55.2Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  ○ 小林 孝彦 (TEAM 10COUNT) 140P(63.5Kg)
      TKO1R 2'52"
  × 高橋 克俊 (Reason押上) 140P(63.4Kg)

8回戦 ライト級
  × ヘス・ハン (ロシア) 134 1/4P(60.8Kg)
      判定 0−3 ( 76−77・75−78・73−79 )
     日本ライト級10位
  ○ 高見 良祐 (鴻巣茂野) 135P(61.2Kg)

日本ユース王座決定戦
8回戦 バンタム級
     OPBF東洋太平洋バンタム級10位・日本バンタム級18位
  ○ 荒木 哲 (斉藤) 118P(53.5Kg)
      判定 3−0 ( 78−75・77−75・78−74 )
  × 大湾 硫斗 (白井・具志堅スポーツ) 117 3/4P(53.4Kg)

OPBF東洋太平洋王座決定戦
12回戦 スーパー・バンタム級
     WBO世界バンタム級10位・OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級チャンピオン
  ○ 勅使河原 弘晶 (輪島功一スポーツ) 122P(55.3Kg)
      KO5R 1'10"
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級9位
  × グレン・サミンギット (フィリピン) 121 1/2P(55.0Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 スーパー・ライト級
     OPBF東洋太平洋スーパー・ライト級チャンピオン
  ○ 内藤 律樹 (E&Jカシアス) 140P(63.5Kg)
      判定 2−1 ( 114−113・114−113・113−114 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・ライト級14位・日本スーパー・ライト級5位
  × 永田 大士 (三迫) 140P(63.4Kg)

2018年10月8日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 70.5 Kg契約
  ○ 中田 勝浩 (井岡弘樹) 155P(70.2Kg)
      TKO3R 2'21"
  × 坂本 一人 (本田フィットネス) 152 3/4P(69.2Kg)

4回戦 46.9 Kg契約
  × 澤井 涼 (井岡弘樹) 103P(46.7Kg)
      判定 0−2 ( 38−38・38−39・38−39 )
     日本ミニマム級10位
  ○ 長井 香織 (明石) 103P(46.7Kg)

6回戦 60.7 Kg契約
  ○ 小西 帝土 (井岡弘樹) 133P(60.3Kg)
      TKO2R 2'13"
  × 今田 雄大 (蟹江) 133 1/4P(60.4Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
  ○ 寺田 達弥 (ロマンサジャパン) 116 3/4P(52.9Kg)
      判定 3−0 ( 79−72・79−72・79−71 )
     日本スーパー・フライ級17位
  × コーヤ 佐藤 (伴流) 116 3/4P(52.9Kg)

10回戦 ウエルター級
  ○ 安達 陸虎 (井岡弘樹) 147P(66.6Kg)
      TKO3R終了
     フィリピンウエルター級6位
  × ジョネル・ダピドラン (フィリピン) 145 1/2P(66.0Kg)

2018年10月8日 淀川区民センター (大阪府)

4回戦 バンタム級
  ○ 請園 慎太郎 (神拳阪神) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 2−1 ( 39−37・38−39・39−37 )
  × 森下 嵩弘 (エディタウンゼント) 117 1/2P(53.2Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  ○ 小林 ジミー弘明 (アポロ) 106P(48.0Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−38・39−37 )
  × 小野 敬太 (尼崎亀谷) 107 1/4P(48.6Kg)

4回戦 59.5 Kg契約
  ○ 香西 恵介 (奈良) 130 3/4P(59.3Kg)
      KO2R 1'38"
  × 山下 翔也 (本橋) 130 3/4P(59.2Kg)

4回戦 フェザー級
  △ 湯浅 悠希 (アポロ) 124 1/2P(56.4Kg)
      引き分け 1−0 ( 38−38・39−38・38−38 )
  △ 山田 将史 (京拳) 125 1/2P(56.9Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 久保 祐希 (ハラダ) 125 3/4P(57.0Kg)
      TKO4R 0'54"
  × 由井 貴大 (ロマンサジャパン) 125P(56.7Kg)

4回戦 スーパー・ミドル級
  ○ 市川 友也 (アポロ) 167P(75.7Kg)
      TKO1R 0'26"
  × 山 晴信 (エディタウンゼント) 165 1/2P(75.0Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 山本 高大 (塚原京都) 121P(54.8Kg)
      TKO2R 0'55"
  ○ 寺井 誠 (BMB) 121 1/2P(55.1Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  ○ 木山 鷹守 (渥美) 107 1/4P(48.6Kg)
      KO1R 0'55"
     インドネシアフライ級15位
  × ケン・ネパラシ (インドネシア) 106 3/4P(48.3Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 湯川 翔太 (江坂) 130P(58.9Kg)
      KO1R 1'44"
     インドネシアスーパー・フェザー級12位
  × ラミル・パサリブ (インドネシア) 130P(58.9Kg)

8回戦 60.0 Kg契約
     OPBF東洋太平洋フェザー級6位・日本フェザー級10位
  ○ 上原 拓哉 (アポロ) 132 1/2P(60.0Kg)
      TKO4R 1'55"
  × 瀧 倫至 (駿河男児) 132 1/4P(59.9Kg)

2018年10月7日 横浜アリーナ (神奈川県)

6回戦 51.8 Kg契約
  × 頼政 和法 (レパード玉熊) 113 3/4P(51.6Kg)
      判定 0−3 ( 56−58・56−58・56−59 )
  ○ 木橋 拓也 (上滝) 113 3/4P(51.6Kg)

WBA世界タイトルマッチ
12回戦 スーパー・ライト級
     WBA世界スーパー・ライト級チャンピオン
  ○ キリル・レリク (ベラルーシ) 140P(63.5Kg)
      判定 3−0 ( 115−113・115−113・115−113 )
     WBA世界スーパー・ライト級1位
  × エドゥアルド・トロヤノフスキー (ロシア) 139 1/4P(63.1Kg)

WBC世界タイトルマッチ
12回戦 ライト・フライ級
     WBC世界ライト・フライ級チャンピオン
  ○ 拳 四朗 (BMB) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO7R 2'47"
     WBA世界ライト・フライ級5位
  × ミラン・メリンド (フィリピン) 107 1/2P(48.7Kg)

WBA世界タイトルマッチ
12回戦 バンタム級
     WBA世界バンタム級チャンピオン
  ○ 井上 尚弥 (大橋) 118P(53.5Kg)
      KO1R 1'10"
     WBA世界バンタム級4位
  × ファン・カルロス・パヤノ (ドミニカ共和国) 117 1/2P(53.2Kg)

4回戦 48.0 Kg契約
  ○ 森 且貴 (大橋) 105 3/4P(47.9Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・40−36・40−36 )
  × 縄井 愁 (ワタナベ) 105 1/4P(47.7Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 惠 謙真 (T&T) 125 1/4P(56.8Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・40−37・39−37 )
  × 山口 成也 (厚木ワタナベ) 125P(56.7Kg)

2018年10月7日 中津市体育センター (大分県)

4回戦 フライ級
  ○ 夢来 ジョー (J中津) 112P(50.8Kg)
      TKO2R 2'38"
  × 熄シ 翔太 (冷研鶴崎) 110 3/4P(50.2Kg)

4回戦 51.5 Kg契約
  × 野依 雄一郎 (J中津) 112P(50.7Kg)
      TKO2R 2'05"
  ○ 冨永 晃仁 (博多協栄) 113P(51.2Kg)

4回戦 61.0 Kg契約
  × マサ ヒロミ (J中津) 134 1/2P(61.0Kg)
      TKO1R 2'09"
  ○ 仲里 健太 (平仲BS) 134 1/2P(61.0Kg)

4回戦 フェザー級
  ○ 木村 真治 (J中津) 123 3/4P(56.1Kg)
      判定 2−0 ( 40−36・39−37・38−38 )
  × セブン 津田 (宇部BS) 126P(57.1Kg)

4回戦 ウエルター級
  × 吉里 太一 (J中津) 146 1/2P(66.4Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・36−40・37−39 )
  ○ 原塚 滉貴 (長崎ハヤシダ) 145 3/4P(66.1Kg)

4回戦 68.5 Kg契約
  ○ 中西 恭平 (J中津) 149 3/4P(67.9Kg)
      判定 3−0 ( 40−37・39−37・40−36 )
  × 相 恒彦 (橋口) 150P(68.0Kg)

8回戦 バンタム級
  △ 燗c 篤志 (J中津) 117 1/2P(53.3Kg)
      引き分け 1−0 ( 76−76・77−76・76−76 )
     日本バンタム級21位
  △ 三宅 寛典 (ビッグアーム) 117 3/4P(53.4Kg)

2018年10月6日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 鈴木 敬祥 (帝拳) 121 3/4P(55.2Kg)
      TD4R 1’58” 3−0 ( 39−37・39−37・40−37 )
  × オ・ロスティスラヴ (UNITED) 121 1/2P(55.1Kg)

6回戦 フェザー級
  ○ 中野 幹士 (帝拳) 126P(57.1Kg)
      KO2R 1'49"
     タイフェザー級8位
  × タナワット・ヤンチャロエン (タイ) 126P(57.1Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本スーパー・バンタム級19位
  ○ 堀池 雄大 (帝拳) 122P(55.3Kg)
      判定 2−0 ( 78−74・78−74・76−76 )
  × 松本 竜也 (角海老宝石) 122P(55.3Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 波田 大和 (帝拳) 130P(58.9Kg)
      KO3R 1'04"
     タイスーパー・フェザー級4位
  × デッリヤ・クラムールウォング (タイ) 129 1/4P(58.6Kg)

8回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級10位
  ○ 豊嶋 亮太 (帝拳) 146 1/2P(66.4Kg)
      判定 3−0 ( 78−75・77−76・79−73 )
     日本ウエルター級6位
  × 尹 文鉉 (ドリーム) 146 3/4P(66.5Kg)

最強挑戦者決定戦
8回戦 フライ級
     WBO世界フライ級13位・IBF世界スーパー・フライ級9位・OPBF東洋太平洋フライ級2位・日本フライ級1位
  ○ 中谷 潤人 (M.T) 111 3/4P(50.6Kg)
      判定 3−0 ( 80−71・79−72・80−71 )
     日本フライ級2位
  × 小坂 駿 (真正) 111 1/2P(50.5Kg)

OPBF東洋太平洋・日本タイトルマッチ
12回戦 スーパー・フェザー級
     WBO世界スーパー・フェザー級7位・OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級2位・WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級2位・日本スーパー・フェザー級チャンピオン
  △ 末吉 大 (帝拳) 129 3/4P(58.8Kg)
      引き分け 1−1 ( 115−113・114−114・113−115 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級チャンピオン
  △ 三代 大訓 (ワタナベ) 129 3/4P(58.8Kg)

2018年10月1日 後楽園ホール (東京都)

6回戦 ライト・フライ級
  ○ 中嶋 憂輝 (角海老宝石) 107 3/4P(48.8Kg)
      KO2R 2'20"
  × ソンポン・バーンエーム (タイ) 107 1/4P(48.6Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  ○ 塚田 祐介 (角海老宝石) 140P(63.4Kg)
      判定 3−0 ( 80−72・80−72・80−72 )
     インドネシアスーパー・ライト級14位
  × ヘンディー・ルイス (インドネシア) 138 1/4P(62.7Kg)

8回戦 フライ級
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級11位・日本フライ級13位
  ○ 山内 涼太 (角海老宝石) 112P(50.7Kg)
      TKO3R終了
     インドネシアフライ級11位
  × リオ・ナインゴラン (インドネシア) 110 3/4P(50.2Kg)

8回戦 62.0 Kg契約
     WBOアジアパシフィックライト級15位・日本ライト級8位
  ○ 斎藤 一貴 (角海老宝石) 136 3/4P(62.0Kg)
      判定 3−0 ( 78−74・78−75・79−74 )
     フィリピンライト級14位
  × レイ・ラモス (フィリピン) 136P(61.6Kg)

8回戦 フライ級
     日本ライト・フライ級10位
  ○ 佐藤 剛 (角海老宝石) 112P(50.7Kg)
      TKO5R 1'44"
  × 近藤 冬真 (蟹江) 112P(50.7Kg)

8回戦 57.5 Kg契約
     OPBF東洋太平洋フェザー級7位・日本フェザー級6位
  ○ 大橋 健典 (角海老宝石) 127P(57.5Kg)
      判定 3−0 ( 78−73・79−72・78−73 )
  × 佐伯 瑠壱斗 (岐阜ヨコゼキ) 126 1/4P(57.2Kg)