東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

2017年10月試合結果
2017年10月16日 後楽園ホール (東京都)

B級トーナメント
5回戦 スーパー・ライト級
  ○ 関根 翔馬 (ワタナベ) 140P(63.5Kg)
      判定 3−0 ( 48−47・48−47・48−47 )
  × 矢部 龍征 (花形) 139 1/2P(63.2Kg)

B級トーナメント
5回戦 スーパー・ライト級
  △ 片桐 康喜 (草加有沢) 139 3/4P(63.3Kg)
      TD2R 1’39” 試合の前半のためドロー
  △ 高橋 克俊 (reason) 139 3/4P(63.3Kg)
※規定により片桐 康喜の勝者扱い

B級トーナメント
5回戦 フェザー級
  × 横山 渉 (厚木ワタナベ) 125 3/4P(57.0Kg)
      判定 0−3 ( 47−48・47−48・47−49 )
  ○ 諏訪 佑 (TEAM 10COUNT) 125 1/4P(56.8Kg)

B級トーナメント
5回戦 フェザー級
  × 三瓶 一樹 (ワタナベ) 126P(57.1Kg)
      TKO1R 2'28"
  ○ 佐川 遼 (三迫) 125 1/2P(56.9Kg)

B級トーナメント
5回戦 バンタム級
  △ 金澤 宣明 (ワールドスポーツ) 117 1/2P(53.3Kg)
      TD2R 0’48” 試合の前半のためドロー
  △ 水谷 直人 (KG大和) 117 1/2P(53.3Kg)
※規定により金澤 宣明の勝者扱い

B級トーナメント
5回戦 バンタム級
  ○ 大嶋 剣心 (帝拳) 118P(53.5Kg)
      TKO5R 1'43"
  × 森 拓也 (reason) 118P(53.5Kg)

6回戦 バンタム級
  △ 友利 優貴富 (シュウ) 117 1/2P(53.3Kg)
      TD3R 1’47” 試合の前半のためドロー
  △ 定常 育郎 (T&T) 118P(53.5Kg)

6回戦 ウエルター級
  ○ 馬場 一浩 (REBOOT) 147P(66.6Kg)
      判定 3−0 ( 59−56・58−57・58−56 )
  × 阪田 壮亮 (本多) 147P(66.6Kg)

A級トーナメント
6回戦 スーパー・バンタム級
  ○ コーチ 義人 (角海老宝石) 122P(55.3Kg)
      判定 3−0 ( 59−55・60−54・59−55 )
  × 熊谷 直昭 (T&T) 121 3/4P(55.2Kg)

A級トーナメント
6回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 三代 大訓 (ワタナベ) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 3−0 ( 58−54・58−54・57−55 )
  × 仲里 周磨 (ナカザト) 130P(58.9Kg)

2017年10月14日  (アルゼンチン・サンファン)

IBF女子世界タイトルマッチ
10回戦 フライ級
  ○ レオネラ・ユディカ (アルゼンチン) 111P(50.3Kg)
      判定 3−0 ( 100−90・100−90・99−91 )
     WBA女子世界ライト・ミニマム級チャンピオン・WBC女子世界アトム級4位・IBF女子世界フライ級1位
  × 古川 夢乃歌 (ワタナベ) 111P(50.3Kg)

2017年10月14日 ブリスベンコンベンションセンター (オーストラリア・ブリスベン)

12回戦 スーパー・ウエルター級
  ○ デニス・ホーガン (オーストラリア) 153 1/2P(69.6Kg)
      判定 3−0 ( 100−90・100−90・99−91 )
     WBA世界スーパー・ウエルター級14位・WBC世界スーパー・ウエルター級15位・WBO世界スーパー・ウエルター級9位・IBF世界スーパー・ウエルター級6位・OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級10位・WBOアジアパシフィックスーパー・ウエルター級5位
  × 野中 悠樹 (井岡弘樹) 153 3/4P(69.7Kg)

2017年10月13日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 67.0 Kg契約
  ○ 荒木 祐司 (金子) 146 1/2P(66.4Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・39−38・39−37 )
  × 為田 真生 (REBOOT) 147 1/4P(66.7Kg)

6回戦 スーパー・ライト級
  × 笠井 暢也 (金子) 139P(63.0Kg)
      TKO5R 0'51"
  ○ 小林 和輝 (角海老宝石) 139 3/4P(63.3Kg)

8回戦 フェザー級
  ○ 山口 卓也 (JB SPORTS) 126P(57.1Kg)
      TKO5R 2'46"
  × 本吉 豊 (reason) 125 1/4P(56.8Kg)

8回戦 ミドル級
  ○ 細川 チャーリー 忍 (金子) 159 1/2P(72.3Kg)
      TKO1R 0'58"
  × 美柑 英男 (渥美) 160P(72.5Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 フライ級
     OPBF東洋太平洋フライ級チャンピオン・WBOアジアパシフィックフライ級6位
  △ 中山 佳祐 (ワタナベ) 112P(50.8Kg)
      判定 1−1 ( 114−115・114−114・115−113 )
     OPBF東洋太平洋フライ級8位
  △ ジョーバート・アルバレス (フィリピン) 111 1/4P(50.4Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 スーパー・バンタム級
     WBC世界スーパー・バンタム級13位・IBF世界スーパー・バンタム級14位・OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級チャンピオン
  ○ 大竹 秀典 (金子) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 3−0 ( 116−112・117−111・116−112 )
     WBCユース世界バンタム級チャンピオン・OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級1位・日本スーパー・バンタム級6位
  × 丸田 陽七太 (森岡) 121 3/4P(55.2Kg)

2017年10月12日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 フライ級
  × 二佐 翔太 (花形) 111 1/2P(50.5Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・37−40 )
  ○ 太田 憲人 (ワタナベ) 111 1/2P(50.5Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 蒲山 直輝 (小熊) 114 3/4P(52.0Kg)
      判定 3−0 ( 39−38・39−38・39−37 )
  × 林 大雅 (本多) 115P(52.1Kg)

8回戦 フェザー級
  × 篠原 武大 (全日本パブリック) 125 1/4P(56.8Kg)
      TKO1R 1'09"
  ○ 篠塚 辰樹 (ワタナベ) 125 3/4P(57.0Kg)

6回戦 ライト級
  × パブリト・カナダ (フィリピン) 133 1/4P(60.4Kg)
      判定 0−3 ( 56−59・55−59・54−60 )
  ○ 湯場 海樹 (都城レオスポーツ) 134 1/2P(60.9Kg)

8回戦 58.0 Kg契約
     日本フェザー級7位
  × 荒谷 龍人 (KG大和) 127 1/2P(57.8Kg)
      判定 0−3 ( 75−76・75−76・75−76 )
  ○ 大坪 タツヤ (T&T) 128P(58.0Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
  ○ 戸部 洋平 (三迫) 117P(53.0Kg)
      KO5R 2'51"
  × セーントーン・トーブアマート (タイ) 116 1/4P(52.7Kg)

WBOアジアパシフィックタイトルマッチ
12回戦 バンタム級
  × ジェトロ・パブスタン (フィリピン) 118P(53.5Kg)
      TKO10R 2'52"
     OPBF東洋太平洋バンタム級5位・WBOアジアパシフィックバンタム級5位・日本バンタム級6位
  ○ 勅使河原 弘晶 (輪島功一スポーツ) 118P(53.5Kg)

2017年10月8日 NTTクレドホール (広島県)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 下手 祥貴 (広島三栄) 119 1/2P(54.2Kg)
      TKO4R 0'58"
  ○ 朝倉 豊 (博多協栄) 121 3/4P(55.2Kg)

4回戦 48.5 Kg契約
  ○ ハンダ ヤスシ (広島三栄) 106 3/4P(48.4Kg)
      TKO3R 1'42"
  × 燗c 隆治 (宮崎ワールド) 105 1/2P(47.8Kg)

4回戦 55.0 Kg契約
  × 和田 茜 (中内) 120 1/4P(54.5Kg)
      判定 0−2 ( 38−38・38−39・37−39 )
  ○ 満田 美紀 (姫路木下) 121P(54.8Kg)

4回戦 ミニ・フライ級
  ○ 廣本 江瑠香 (中内) 104 1/2P(47.3Kg)
      判定 2−0 ( 39−38・39−38・38−38 )
  × 岡本 姫沙良 (真正) 105P(47.6Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 糸賀 純一 (広島三栄) 105P(47.6Kg)
      判定 2−0 ( 38−37・38−38・38−37 )
  × 大島 滉平 (三迫) 105P(47.6Kg)

4回戦 ライト級
  ○ 橋本 大河 (広島三栄) 134 3/4P(61.1Kg)
      判定 3−0 ( 37−36・38−36・37−36 )
  × 前田 隆宏 (中内) 134 3/4P(61.1Kg)

4回戦 ライト級
  △ 加納 大地 (広島三栄) 134 1/2P(61.0Kg)
      判定 0−1 ( 38−39・38−38・38−38 )
  △ 城戸 龍史 (折尾) 134 3/4P(61.1Kg)

8回戦 バンタム級
  ○ 三宅 寛典 (ビッグアーム) 117 1/2P(53.3Kg)
      判定 2−1 ( 77−76・77−73・75−76 )
  × 瓜生 晃一 (博多協栄) 118P(53.5Kg)

8回戦 52.5 Kg契約
  ○ 井上 太陽 (広島三栄) 116 1/2P(52.8Kg)
      TKO5R 1'25"
  × 住友 将吾 (RK蒲田) 115 3/4P(52.5Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     OPBF東洋太平洋ミニマム級6位・日本ミニマム級9位
  ○ 榮 拓海 (折尾) 108P(48.9Kg)
      TKO3R 1'50"
  × 横江 健太 (駿河男児) 108P(48.9Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     日本ライト・フライ級2位
  ○ 板垣 幸司 (広島三栄) 108P(48.9Kg)
      判定 2−1 ( 77−76・77−75・75−77 )
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級12位・日本ライト・フライ級1位
  × 小野 晃輝 (筑豊) 107 3/4P(48.8Kg)

2017年10月7日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 峯田 光 (帝拳) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−36・40−36 )
  × 栗原 拓也 (TEAM 10COUNT) 130P(58.9Kg)

6回戦 60.0 Kg契約
  ○ 波田 大和 (帝拳) 132 1/4P(59.9Kg)
      TKO4R 1'43"
     タイスーパー・フェザー級3位
  × アルスンノーイ・ジョー・サンラット (タイ) 132 1/2P(60.0Kg)

6回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級10位
  × 豊嶋 亮太 (帝拳) 146 1/4P(66.3Kg)
      判定 0−2 ( 55−59・56−58・57−57 )
  ○ 海藤 正晴 (シュウ) 146 1/2P(66.4Kg)

8回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級6位
  ○ 永野 祐樹 (帝拳) 146 3/4P(66.5Kg)
      TKO3R 2'45"
     タイスーパー・ライト級3位
  × クリエンクライ・トー・シラチャイ (タイ) 146 1/4P(66.3Kg)

8回戦 バンタム級
  × 松原 陵 (帝拳) 117 3/4P(53.4Kg)
      TKO5R 2'12"
  ○ 千葉 開 (横浜光) 117 1/2P(53.3Kg)

8回戦 60.0 Kg契約
     日本スーパー・フェザー級6位
  ○ 正木 脩也 (帝拳) 132P(59.8Kg)
      KO1R 1'56"
     OPBF東洋太平洋ライト級9位
  × シソ・モラレス (フィリピン) 131 1/4P(59.5Kg)

日本王座決定戦
10回戦 スーパー・フェザー級
     WBO世界スーパー・フェザー級11位・OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級4位・日本スーパー・フェザー級1位
  ○ 末吉 大 (帝拳) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 3−0 ( 98−92・98−93・97−93 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級8位・日本スーパー・フェザー級2位
  × 高畑 里望 (ドリーム) 129 3/4P(58.8Kg)

2017年10月7日 香港コンベンション&エキシビションセンター (中国・香港)

12回戦 スーパー・フライ級
  × 河野 公平 (ワタナベ) 115P(52.1Kg)
      TD7R ’” 0−3 ( 66−68・66−68・66−68 )
  ○ レックス・ツオ (中国) 115P(52.1Kg)

10回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級7位・WBOアジアパシフィックスーパー・フェザー級1位・日本フェザー級6位
  ○ 渡邉 卓也 (青木) 130P(58.9Kg)
      TKO5R 2'13"
  × リ・レシャン (中国) 130P(58.9Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     OPBF女子東洋太平洋スーパー・バンタム級チャンピオン
  ○ 後藤 あゆみ (ワタナベ) 122P(55.3Kg)
      判定 3−0 ( 78−72・77−74・78−73 )
  × キリ (インド) 120P(54.4Kg)

2017年10月6日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 フェザー級
  × 木野村 知也 (横田スポーツ) 126P(57.1Kg)
      TKO3R 2'26"
  ○ 関島 優作 (KG大和) 125 1/2P(56.9Kg)

4回戦 75.0 Kg契約
  ○ ワチュク ナァツ (マーベラス) 162 1/4P(73.5Kg)
      TKO3R 1'52"
  × 片岡 秀幸 (宇都宮金田) 162 1/4P(73.5Kg)

4回戦 65.5 Kg契約
  ○ 足名 優太 (渡嘉敷) 144 1/4P(65.4Kg)
      判定 3−0 ( 40−37・39−38・39−37 )
  × 安蘇 秀一 (元気) 141 3/4P(64.2Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・バンタム級
  × 神田 拓也 (SRS) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 1−1 ( 37−39・38−38・39−37 )
  ○ 谷川 生馬 (厚木ワタナベ) 121 1/2P(55.1Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 松本 章 (沼田) 120 1/2P(54.6Kg)
      TKO2R 1'04"
  × 山 雄大 (レイスポーツ) 121 3/4P(55.2Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・フェザー級
  × 関 一機 (SRS) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・36−39・36−39 )
  ○ 佐藤 諄幸 (厚木ワタナベ) 129 3/4P(58.8Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 野口 貴彦 (世田谷オークラ) 121 1/4P(54.9Kg)
      判定 2−1 ( 38−37・37−38・38−37 )
  × 谷田 光希 (角海老宝石) 121 1/2P(55.1Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 花森 成吾 (JB SPORTS) 115P(52.1Kg)
      TKO2R 2'16"
  × 燒リ 駿 (レイスポーツ) 114 1/4P(51.8Kg)

C級トーナメント
4回戦 スーパー・フライ級
  × 佐藤 己吹 (協栄) 114 1/2P(51.9Kg)
      判定 1−1 ( 38−38・38−39・39−37 )
  ○ 碇 瑠偉 (厚木ワタナベ) 114 1/2P(51.9Kg)

C級トーナメント
4回戦 フェザー級
  ○ 大保 龍球 (神奈川渥美) 125 1/2P(56.9Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−36・40−36 )
  × 渡辺 和幸 (稲毛) 125P(56.6Kg)

C級トーナメント
4回戦 フェザー級
  × 太田 魁星 (E&Jカシアス) 126P(57.1Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・37−39・37−40 )
  ○ 齋川 卓也 (ワタナベ) 125 1/2P(56.9Kg)

女子日本王座決定戦
6回戦 バンタム級
     IBF女子世界スーパー・バンタム級5位
  × 高野 人母美 (協栄) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 0−3 ( 57−58・57−58・57−58 )
     OPBF女子東洋太平洋スーパー・フライ級1位
  ○ 吉田 実代 (EBISU K’s BOX) 117 3/4P(53.4Kg)

2017年10月3日 大同大学体育館 (中国・大同)

10回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級5位
  × 川崎 真琴 (RK蒲田) 146 1/2P(66.4Kg)
      判定 0−3 ( 93−97・92−98・91−99 )
  ○ ヤン・シンシン (中国) 146 1/2P(66.4Kg)

2017年10月2日 後楽園ホール (東京都)

6回戦 スーパー・ライト級
  × マ チェオク (韓国) 140P(63.5Kg)
      TKO2R 2'29"
  ○ クウエ・ピーター (大橋) 140P(63.4Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  × 宮崎 辰也 (マナベ) 140P(63.5Kg)
      TKO1R 2'58"
  ○ 遠藤 健太郎 (大橋) 140P(63.5Kg)

8回戦 58.0 Kg契約
  × アエカウィット・コンファン (タイ) 127 1/2P(57.8Kg)
      KO2R 1'42"
  ○ 溜田 剛士 (大橋) 128P(58.0Kg)

8回戦 51.0 Kg契約
  × シーニー・ウォラチナ (タイ) 112 1/2P(51.0Kg)
      TKO2R 1'37"
     WBA世界ミニマム級9位・WBC世界ミニマム級3位・WBO世界ライト・フライ級1位・IBF世界ミニマム級4位
  ○ 原 隆二 (大橋) 112 1/4P(50.9Kg)

10回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋フェザー級10位・日本フェザー級9位
  ○ 阿部 麗也 (KG大和) 129 3/4P(58.8Kg)
      TD9R 0’57” 3−0 ( 89−83・89−83・90−81 )
     WBC世界フェザー級12位・IBF世界フェザー級10位
  × 細野 悟 (大橋) 130P(58.9Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 フェザー級
     WBC世界フェザー級14位・OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン
  × ノ サミュング (韓国) 126P(57.1Kg)
      TKO5R 1'54"
     OPBF東洋太平洋フェザー級11位・日本フェザー級10位
  ○ 清水 聡 (大橋) 126P(57.1Kg)