東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

2016年8月試合結果
2016年8月31日 大田区総合体育館 (東京都)

8回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 市村 蓮司 (RK蒲田) 122P(55.3Kg)
      TKO3R 1'51"
  × ジャンプ 池尾 (関門JAPAN) 121 1/2P(55.0Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
     日本スーパー・フライ級12位
  ○ 長井 一 (ワタナベ) 115P(52.1Kg)
      TKO4R 1'41"
  × サックシット・チャイヨンジム (タイ) 114 1/4P(51.8Kg)

8回戦 56.8 Kg契約
     日本スーパー・バンタム級6位
  ○ 渡部 大介 (ワタナベ) 125P(56.6Kg)
      TKO5R 0'33"
  × サン・サックナロン (タイ) 124 1/4P(56.3Kg)

WBA世界王座統一戦
12回戦 スーパー・フライ級
     WBA世界スーパー・フライ級チャンピオン
  × 河野 公平 (ワタナベ) 115P(52.1Kg)
      判定 0−3 ( 112−116・112−116・113−115 )
     WBA世界スーパー・フライ級1位
  ○ ルイス・コンセプシオン (パナマ) 114 3/4P(52.0Kg)

WBA世界タイトルマッチ
12回戦 ライト・フライ級
     WBA世界ライト・フライ級チャンピオン
  ○ 田口 良一 (ワタナベ) 108P(48.9Kg)
      判定 3−0 ( 117−111・119−109・116−112 )
     WBA世界ライト・フライ級1位・WBO世界ライト・フライ級9位・IBF世界ライト・フライ級5位
  × 宮崎 亮 (井岡) 108P(48.9Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 大橋 波月 (TEAM 10COUNT) 105P(47.5Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・38−37・39−37 )
  × 柴沼 智樹 (KG大和) 104 1/2P(47.3Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  × 湯浅 悠希 (reason) 128 3/4P(58.3Kg)
      判定 0−2 ( 38−39・37−39・39−39 )
  ○ 佐藤 友一 (つるおか藤) 128P(58.0Kg)

4回戦 50.0 Kg契約
  × 白鳥 光芳 (T&T) 110 1/4P(50.0Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・38−39・37−39 )
  ○ 内田 勇気 (KG大和) 107 1/4P(48.6Kg)

2016年8月28日 広島県立ふくやま産業交流館・ビッグローズ (広島県)

4回戦 56.5 Kg契約
  × 港 謙介 (鹿児島) 124P(56.2Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・38−39・38−39 )
  ○ 藤原 巨人 (広島三栄) 124 3/4P(56.5Kg)

4回戦 ウエルター級
  ○ 中薗 和生 (橋口) 143 3/4P(65.2Kg)
      KO1R 3'09"
  × 新山 十士 (広島三栄) 145 1/2P(66.0Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
     日本スーパー・フェザー級14位
  ○ 大里 拳 (大鵬) 130P(58.9Kg)
      判定 2−0 ( 78−74・76−76・78−74 )
  × 小坂 烈 (真正) 129P(58.5Kg)

6回戦 バンタム級
  ○ 東 泰誠 (真正) 117 1/2P(53.3Kg)
      判定 3−0 ( 59−56・58−56・59−56 )
  × 魯 成伯 (韓国) 117P(53.0Kg)

8回戦 フライ級
  × 金子 達也 (横浜光) 112P(50.8Kg)
      判定 0−3 ( 76−77・74−78・74−79 )
     OPBF東洋太平洋フライ級7位
  ○ 小坂 駿 (真正) 112P(50.8Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本スーパー・バンタム級4位
  ○ 小坂 遼 (真正) 122P(55.3Kg)
      TKO5R 1'11"
  × コラレス カワシモ (レイスポーツ) 121P(54.8Kg)

2016年8月24日 島津アリーナ京都 (京都府)

4回戦 55.0 Kg契約
  ○ 岸根 知也 (堺東ミツキ) 121 1/2P(55.0Kg)
      TKO4R 2'08"
  × 山田 定幸 (ウォズ) 120 1/2P(54.6Kg)

8回戦 ミニ・フライ級
  ○ 安藤 麻里 (フュチュール) 105P(47.5Kg)
      TKO3R 0'46"
  × ヨックカオ・セーンチャイジム (タイ) 104 1/4P(47.2Kg)

8回戦 フライ級
     WBC女子世界スーパー・フライ級14位・IBF女子世界スーパー・フライ級1位・OPBF女子東洋太平洋スーパー・フライ級チャンピオン
  ○ 小澤 瑶生 (フュチュール) 111 3/4P(50.6Kg)
      TKO4R 0'12"
  × スーダ・サックナロン (タイ) 111 3/4P(50.6Kg)

8回戦 ミニマム級
  × カノンメック・シットクルコン (タイ) 105P(47.6Kg)
      KO1R 1'07"
     WBO世界ミニマム級14位・OPBF東洋太平洋ミニマム級11位・日本ミニマム級3位
  ○ 小西 伶弥 (真正) 105P(47.6Kg)

10回戦 バンタム級
     WBC世界バンタム級5位
  × エドガー・ヒメネス (メキシコ) 118P(53.5Kg)
      KO3R 2'06"
     日本バンタム級2位
  ○ 大森 将平 (ウォズ) 118P(53.5Kg)

2016年8月21日 神戸サンボーホール (兵庫県)

4回戦 フライ級
  △ 鷲尾 樹貴也 (千里馬神戸) 112P(50.7Kg)
      判定 0−1 ( 38−38・36−39・38−38 )
  △ 芝原 佑弥 (奈良) 111 3/4P(50.6Kg)

6回戦 50.0 Kg契約
  ○ 平井 亮輝 (千里馬神戸) 110P(49.8Kg)
      判定 3−0 ( 60−54・59−55・59−56 )
  × 勝江 仁 (高砂) 110P(49.8Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  × 百田 諭志 (千里馬神戸) 140P(63.5Kg)
      判定 0−3 ( 75−77・73−79・75−77 )
     日本スーパー・ライト級12位
  ○ 岡本 和泰 (奈良) 140P(63.5Kg)

8回戦 65.0 Kg契約
     日本ライト級2位
  × 村田 和也 (千里馬神戸) 143P(64.8Kg)
      KO2R 1'12"
  ○ 川崎 真琴 (RK蒲田) 143 1/2P(65.0Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  × ルンナコーン・チャイヨンジム (タイ) 129 1/4P(58.6Kg)
      TKO2R 2'30"
     日本ライト級5位
  ○ 西谷 和宏 (VADY) 129 3/4P(58.8Kg)

8回戦 バンタム級
     IBF世界スーパー・フライ級5位
  ○ 帝里 木下 (千里馬神戸) 118P(53.5Kg)
      KO3R 1'20"
  × シーラユット・シットサイトーン (タイ) 117P(53.0Kg)

2016年8月21日 沖縄県立武道館 (沖縄県)

4回戦 フライ級
  ○ 仲村渠 卓也 (平仲BS) 112P(50.8Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−38・39−37 )
  × 岸井 宗之 (協栄山神) 111 3/4P(50.6Kg)

4回戦 52.9 Kg契約
  △ 平安山 裕子 (平仲BS) 116 1/2P(52.8Kg)
      TD2R 1’42” 試合の前半のためドロー
  △ 佐藤 絢香 (YuKOフィットネス) 116 1/4P(52.7Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 仲島 辰郎 (平仲BS) 103 3/4P(47.0Kg)
      TKO3R 0'31"
  × 高田 勇仁 (ライオンズ) 103 3/4P(47.0Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 伊集 盛尚 (琉豊BS) 122P(55.3Kg)
      TKO2R 2'34"
     タイスーパー・バンタム級7位
  × ジャカラートレック・ソーワンゲー (タイ) 121P(54.8Kg)

6回戦 56.3 Kg契約
  ○ 宮本 達矢 (平仲BS) 124 1/4P(56.3Kg)
      判定 3−0 ( 58−56・59−57・58−56 )
  × ルンニルン・ゴーラットスポーツスクール (タイ) 123P(55.7Kg)

6回戦 54.0 Kg契約
  ○ 池原 龍次 (琉豊BS) 118 1/2P(53.7Kg)
      KO1R 3'09"
  × クンドン・サックナロン (タイ) 117P(53.0Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級4位
  ○ 小谷 将寿 (琉球) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 3−0 ( 77−75・79−73・77−75 )
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級13位
  × ネイサン・ボルシオ (フィリピン) 127P(57.6Kg)

8回戦 ライト・フライ級
  ○ 荻堂 盛太 (平仲BS) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 3−0 ( 78−74・79−73・79−74 )
     WBO世界ミニマム級9位
  × ジェフリー・ガレロ (フィリピン) 106 3/4P(48.3Kg)

OPBF東洋太平洋
12回戦 スーパー・フライ級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級チャンピオン
  ○ レネ・ダッケル (フィリピン) 115P(52.1Kg)
      判定 3−0 ( 117−110・115−112・114−113 )
     WBO世界スーパー・フライ級14位・IBF世界スーパー・フライ級8位・OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級3位・日本スーパー・フライ級2位
  × 翁長 吾央 (大橋) 115P(52.1Kg)

2016年8月21日 浜松市雄踏総合体育館 (静岡県)

4回戦 51.5 Kg契約
  ○ 中山 慶伍 (駿河) 113 1/2P(51.4Kg)
      TKO1R 2'41"
  × 山本 博之 (中日) 112 1/2P(51.0Kg)

4回戦 スーパー・ライト級
  × 長島 良太 (MSG平石) 139 1/2P(63.2Kg)
      TKO2R 0'58"
  ○ 冨田 雅季雄 (三津山) 139 3/4P(63.3Kg)

4回戦 57.0 Kg契約
  △ 渡辺 侑馬 (富士) 125 1/4P(56.8Kg)
      判定 1−0 ( 38−38・39−38・38−38 )
  △ 今淵 啓輔 (石神井スポーツ) 125P(56.7Kg)

4回戦 56.0 Kg契約
  ○ 和渕 正樹 (尾張水野) 122 1/2P(55.5Kg)
      判定 2−1 ( 39−38・39−37・38−39 )
  × ヤノ ジョン (駿河男児) 123 1/4P(55.8Kg)

4回戦 55.5 Kg契約
  × 飯田 祐士 (MSG平石) 122P(55.3Kg)
      判定 0−3 ( 34−40・34−40・34−40 )
  ○ 後藤 憬 (中日) 121 3/4P(55.2Kg)

4回戦 フライ級
  × 溝口 孝良 (西遠) 112P(50.7Kg)
      TKO1R 2'14"
  ○ 具志堅 広大 (竹原慎二&畑山隆則) 112P(50.8Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 水藤 翔太 (とよはし) 130P(58.9Kg)
      TD5R 1’45” 2−0 ( 48−47・48−47・48−48 )
  × 頴川 裕 (RK蒲田) 129 3/4P(58.8Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
     日本ライト級12位
  ○ 宇佐美 太志 (岐阜ヨコゼキ) 139 1/4P(63.1Kg)
      KO2R 2'15"
  × 宮崎 辰也 (マナベ) 140P(63.4Kg)

8回戦 60.0 Kg契約
     日本スーパー・フェザー級3位
  ○ 金子 大樹 (横浜光) 132 1/2P(60.0Kg)
      TKO6R 1'55"
     日本スーパー・フェザー級6位
  × 中川 祐輔 (市野) 132 1/4P(59.9Kg)

2016年8月20日 駒ヶ谷体育館 (兵庫県)

6回戦 ライト・フライ級
  × ナーヨレック・シットサイトーン (タイ) 105P(47.5Kg)
      TKO2R 1'23"
  ○ 服部 力斗 (大成) 107 1/4P(48.6Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
  × 此村 勇 (堺東ミツキ) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 1−2 ( 75−79・77−76・74−78 )
     OPBF東洋太平洋フェザー級13位
  ○ 松岡 輝 (大成) 121 1/2P(55.1Kg)

WBO世界王座決定戦
12回戦 ミニマム級
     WBO世界ミニマム級2位・IBF世界ミニマム級5位
  ○ 高山 勝成 (仲里) 105P(47.5Kg)
      TD6R 0’58” 3−0 ( 59−56・58−56・59−55 )
     WBO世界ミニマム級1位・IBF世界ミニマム級11位
  × 加納 陸 (大成) 105P(47.5Kg)

WBO女子世界王座決定戦
10回戦 ライト・フライ級
     IBF女子世界ライト・フライ級1位
  × 竹中 佳 (高砂) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 0−3 ( 91−98・93−96・92−97 )
     WBO女子世界ライト・フライ級
  ○ ルイサ・ホートン (オーストラリア) 106 3/4P(48.3Kg)

OPBF女子東洋太平洋王座決定戦
8回戦 ライト・フライ級
     WBC女子世界アトム級6位・OPBF女子東洋太平洋ライト・フライ級2位
  ○ 岩川 美花 (高砂) 108P(48.9Kg)
      TKO3R 1'08"
     OPBF女子東洋太平洋ライト・フライ級3位
  × ノンギッグ・シットジャーナート (タイ) 106P(48.0Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  × セーンゲン・サックナロン (タイ) 114 3/4P(52.0Kg)
      KO2R 1'16"
  ○ 秋月 楓大 (大成) 114P(51.7Kg)

2016年8月13日 草加市文化会館ホール (埼玉県)

4回戦 64.0 Kg契約
  × 本田 武史 (スパイダー根本) 140P(63.4Kg)
      TKO1R 1'19"
  ○ 藤 光志 (M.T) 140 3/4P(63.8Kg)

6回戦 スーパー・ミドル級
  × クラーロップ・ソーソムポン (タイ) 167P(75.7Kg)
      判定 0−3 ( 54−60・57−58・55−60 )
  ○ 栗島 雅明 (青木) 168P(76.2Kg)

8回戦 70.8 Kg契約
     OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級11位
  ○ 竹迫 司登 (ワールドスポーツ) 155P(70.3Kg)
      TKO3R 0'09"
  × 大橋 功弥 (京拳) 155 1/2P(70.5Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
     OPBF女子東洋太平洋スーパー・バンタム級1位
  ○ 後藤 あゆみ (ワタナベ) 121 1/2P(55.0Kg)
      TKO2R 1'34"
  × クワーンガン・シットクルージアップ (タイ) 119P(53.9Kg)

8回戦 アトム級
     WBC女子世界アトム級13位
  ○ 日向野 知恵 (スパイダー根本) 101P(45.8Kg)
      TKO1R 1'44"
  × パニダー・サックヨーティン (タイ) 100 1/4P(45.4Kg)

8回戦 ライト・フライ級
  × プロイナパー・サックルンルアン (タイ) 106 3/4P(48.3Kg)
      TKO1R 1'45"
     WBC女子世界アトム級チャンピオン
  ○ 小関 桃 (青木) 105 1/2P(47.8Kg)

WBA女子世界王座決定戦
10回戦 ライト・ミニマム級
     WBA女子世界ライト・ミニマム級2位
  ○ 古川 夢乃歌 (ワタナベ) 101 1/2P(46.0Kg)
      TKO3R 1'59"
     WBA女子世界ライト・ミニマム級3位・WBC女子世界ライト・フライ級15位・OPBF女子東洋太平洋ミニ・フライ級1位
  × 西村 聡美 (折尾) 101 3/4P(46.1Kg)

IBF女子世界タイトルマッチ
10回戦 ライト・フライ級
     WBC女子世界ライト・フライ級1位・IBF女子世界ライト・フライ級チャンピオン
  ○ 柴田 直子 (ワールドスポーツ) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 2−0 ( 95−95・96−94・96−94 )
     IBF女子世界ライト・フライ級2位
  × マリア・サリナス (メキシコ) 107 1/4P(48.6Kg)

2016年8月13日  (オーストラリア・メルボルン)

10回戦 ライト級
  ○ ハリケーン 風太 (カシミ) 134 3/4P(61.1Kg)
      KO1R 0'40"
  × ウィル・トムリンソン (オーストラリア) 134 3/4P(61.1Kg)

2016年8月13日 豊中ローズ文化ホール (大阪府)

4回戦 ライト・フライ級
  ○ 井上 夕雅 (尼崎亀谷) 106P(48.0Kg)
      判定 2−0 ( 38−37・38−37・38−38 )
  × 燗c 祈斉 (大阪帝拳) 107 1/4P(48.6Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 森田 誠 (ワイルドビート) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 0−3 ( 37−38・36−38・36−38 )
  ○ 平原 亮 (エディタウンゼント) 120 3/4P(54.7Kg)

4回戦 54.5 Kg契約
  × 藤崗 祐弐 (ワイルドビート) 120 1/4P(54.5Kg)
      KO4R 0'59"
  ○ 徳山 洋輝 (千里馬神戸) 118 3/4P(53.8Kg)

4回戦 55.0 Kg契約
  × 冴氣 鷹 (ワイルドビート) 121 1/2P(55.0Kg)
      TKO4R 1'17"
  ○ 谷口 陽祐 (奈良) 121 1/2P(55.0Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 小山 英哉 (ワイルドビート) 121 1/4P(54.9Kg)
      判定 3−0 ( 39−36・38−36・39−36 )
  × 吉田 健太郎 (大鵬) 121 1/2P(55.1Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  △ 入口 裕貴 (エスペランサ) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 1−1 ( 57−58・58−57・57−57 )
  △ 大里 登 (大鵬) 121 3/4P(55.2Kg)

6回戦 バンタム級
  × 高木 裕史 (森岡) 118P(53.5Kg)
      判定 1−2 ( 58−57・55−60・55−60 )
  ○ 藤岡 拓弥 (VADY) 118P(53.5Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  ○ 緒方 汐音 (ワイルドビート) 108P(48.9Kg)
      TKO4R 1'21"
  × カニタ・サックナロン (タイ) 107P(48.5Kg)

6回戦 バンタム級
  ○ 宮山 大輝 (森岡) 118P(53.5Kg)
      判定 3−0 ( 59−55・58−55・58−55 )
  × 杉森 太一 (真正) 118P(53.5Kg)

6回戦 63.0 Kg契約
  ○ 橋本 拓也 (ワイルドビート) 138 1/2P(62.8Kg)
      TKO4R 2'33"
  × 丸尾 竜翔 (真正) 139P(63.0Kg)

8回戦 65.0 Kg契約
  × 福山 一磨 (森岡) 143P(64.8Kg)
      判定 0−3 ( 76−78・75−78・76−78 )
  ○ 金本 祥平 (グリーンツダ) 143 1/2P(65.0Kg)

6回戦 ミニ・フライ級
     WBC女子世界ミニ・フライ級14位・OPBF女子東洋太平洋アトム級チャンピオン
  ○ 秋田屋 まさえ (ワイルドビート) 105P(47.6Kg)
      TKO3R 1'50"
  × ソーンサワン・サラカーンジム (タイ) 105P(47.6Kg)

2016年8月13日  (オーストラリア・メルボルン)

10回戦 スーパー・バンタム級
  ○ シャノン・オコーネル () 122P(55.3Kg)
      判定 3−0 ( 100−90・99−91・98−92 )
     WBA女子世界バンタム級6位・IBF女子世界バンタム級5位・OPBF女子東洋太平洋フェザー級チャンピオン
  × 三好 喜美佳 (川崎新田) 121 1/2P(55.1Kg)

2016年8月7日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 54.5 Kg契約
  △ 川西 俊樹 (グリーンツダ) 120 1/4P(54.5Kg)
      判定 0−0 ( 38−38・38−38・38−38 )
  △ 守屋 優介 (小熊) 120 1/4P(54.5Kg)

4回戦 54.2 Kg契約
  ○ 福本 瑛介 (大星森垣) 119 1/4P(54.0Kg)
      判定 2−0 ( 38−38・40−37・39−38 )
  × 仲本 淳之介 (明石) 118 3/4P(53.8Kg)

8回戦 ライト級
     日本ライト級13位
  ○ 前田 絃希 (グリーンツダ) 135P(61.2Kg)
      判定 3−0 ( 78−74・79−73・79−74 )
  × 加藤 亜礼史 (YANAGIHARA) 134 3/4P(61.1Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本バンタム級9位
  × 坂本 英生 (フジタ) 122P(55.3Kg)
      判定 1−2 ( 75−78・77−76・75−77 )
  ○ 高野 誠三 (真正) 122P(55.3Kg)

4回戦 48.0 Kg契約
  ○ 小村 楓香 (グリーンツダ) 105P(47.5Kg)
      判定 3−0 ( 40−37・40−37・40−36 )
  × 長井 香織 (明石) 105P(47.5Kg)

8回戦 ウエルター級
     OPBF東洋太平洋ウエルター級5位・日本ウエルター級3位
  ○ 矢田 良太 (グリーンツダ) 146 3/4P(66.5Kg)
      TKO3R 2'51"
  × カエオモーラコット・サックアヌムオー (タイ) 145 1/2P(66.0Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
     日本スーパー・フライ級6位
  ○ 奥本 貴之 (グリーンツダ) 116 3/4P(52.9Kg)
      TKO2R 1'54"
  × 仁平 宗忍 (ワタナベ) 116 1/2P(52.8Kg)

2016年8月7日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 スーパー・バンタム級
  − 濱口 稜生 (エディタウンゼント) 
      中止
  − 三瓶 一樹 (ワタナベ)  棄権

6回戦 64.5 Kg契約
  × シャドー・ルークバンスワン (タイ) 140P(63.5Kg)
      KO4R 1'25"
  ○ 木田 尚遥 (ワタナベ) 140 1/2P(63.7Kg)

8回戦 ミニマム級
  × トンチャイレック・チャイヨンジム (タイ) 104 1/4P(47.2Kg)
      TKO4R 1'32"
  ○ 谷口 将隆 (ワタナベ) 105P(47.6Kg)

8回戦 ミニマム級
  × 宮崎 拳一 (大橋) 105P(47.5Kg)
      KO3R 0'39"
     OPBF東洋太平洋ミニマム級10位
  ○ 京口 絋人 (ワタナベ) 105P(47.5Kg)

OPBF東洋太平洋・日本タイトルマッチ
12回戦 ライト・フライ級
     WBCユース世界ライト・フライ級チャンピオン・IBF世界ライト・フライ級15位・OPBF東洋太平洋ライト・フライ級1位・日本ライト・フライ級チャンピオン
  ○ 拳 四朗 (BMB) 108P(48.9Kg)
      判定 3−0 ( 119−108・119−109・117−111 )
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級2位・日本ライト・フライ級5位
  × 大内 淳雅 (姫路木下) 108P(48.9Kg)

2016年8月7日 刈谷市あいおいホール (愛知県)

中日本新人王決勝戦
4回戦 ウエルター級
  ○ トミナガ シンペイ (中日) 145 1/2P(65.9Kg)
      TKO2R 1'56"
  × 煖エ ルガー 大毅 (駿河男児) 146 3/4P(66.5Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 スーパー・ライト級
  ○ 斉木 新悟 (コパン星野) 139 1/4P(63.1Kg)
      TKO1R 2'10"
  × 山田 泰之 (MSG平石) 136P(61.6Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 ライト級
  × 酒井 孝之 (コパン星野) 134 3/4P(61.1Kg)
      判定 0−3 ( 37−38・37−38・37−38 )
  ○ ミゲル オカンポ (緑) 134 3/4P(61.1Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 稲垣 秀一 (松田) 130P(58.9Kg)
      判定 3−0 ( 39−38・40−37・39−37 )
  × 岡田 和晃 (富士) 129 3/4P(58.8Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 フェザー級
  ○ 今田 雄大 (蟹江) 126P(57.1Kg)
      TKO4R 2'46"
  × 佐々木 政城 (天熊丸木) 125 1/2P(56.9Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 佐伯 瑠壱斗 (岐阜ヨコゼキ) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 3−0 ( 39−38・39−38・39−37 )
  × メンドサ ケビン (駿河男児) 122P(55.3Kg)

中日本新人王決勝戦
5回戦 バンタム級
  × 伊藤 仁也 (三河) 117 1/2P(53.3Kg)
      判定 0−3 ( 47−48・46−49・46−49 )
  ○ 中村 祐斗 (市野) 117 3/4P(53.4Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 村上 勝也 (薬師寺) 114P(51.7Kg)
      判定 3−0 ( 40−35・40−34・39−36 )
  × 松下 拓磨 (市野) 115P(52.1Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 フライ級
  ○ 矢吹 政道 (薬師寺) 111 1/4P(50.4Kg)
      TKO1R 2'12"
  × 中村 潔 (KUWANA) 112P(50.7Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 ライト・フライ級
  ○ 戸谷 彰宏 (蟹江) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 3−0 ( 40−34・40−35・40−35 )
  × 十河 正人 (MSG平石) 107 1/2P(48.7Kg)

中日本新人王決勝戦
4回戦 ミニマム級
  × 冨田 真 (HEIWA) 103 3/4P(47.0Kg)
      TD3R 1’58” 0−3 ( 28−29・28−29・27−30 )
  ○ 水谷 流 (トコナメ) 104 3/4P(47.4Kg)

2016年8月7日 エルシアター(エルおおさか) (大阪府)

4回戦 53.0 Kg契約
  ○ 木久 健次 (大鵬) 116 1/2P(52.8Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・40−37・39−38 )
  × 木村 一輝 (高砂) 117P(53.0Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 河野 太郎 (渥美) 114 1/4P(51.8Kg)
      TKO3R 2'40"
  × 鳳山 知來 (白鷺) 113 1/2P(51.4Kg)

4回戦 ミドル級
  △ 槌本 武訓 (大星森垣) 159 3/4P(72.4Kg)
      判定 1−1 ( 36−40・38−38・39−38 )
  △ 藤井 雄 (ロマンサ雅) 160P(72.5Kg)

4回戦 52.6 Kg契約
  ○ 寺田 晟人 (真正) 116P(52.6Kg)
      KO1R 2'11"
  × 新谷 隆人 (アポロ) 115P(52.1Kg)

4回戦 60.0 Kg契約
  × 原口 大樹 (京拳) 131 1/2P(59.6Kg)
      TKO1R 1'51"
  ○ 稲垣 諒 (ロマンサ雅) 131 1/2P(59.6Kg)

4回戦 フライ級
  ○ 菖蒲 瑠香 (渥美) 112P(50.8Kg)
      TKO2R 2'50"
  × シュガー レイ 恭兵 (ワイルドビート) 112P(50.8Kg)

8回戦 ライト・フライ級
  × 金沢 晃佑 (大鵬) 108P(48.9Kg)
      判定 1−2 ( 74−78・77−75・76−78 )
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級15位・日本ライト・フライ級3位
  ○ 堀川 謙一 (SFマキ) 108P(48.9Kg)

8回戦 フェザー級
     OPBF東洋太平洋フェザー級5位・日本フェザー級8位
  × 加治木 了太 (大鵬) 126P(57.1Kg)
      判定 0−3 ( 75−78・74−79・75−78 )
     日本スーパー・バンタム級5位
  ○ 源 大輝 (ワタナベ) 126P(57.1Kg)

2016年8月2日 新宿フェイス (東京都)

C級トーナメント
4回戦 ヘビー級
  ○ 工藤 啓太 (八王子中屋) 214 3/4P(97.4Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−36・40−36 )
  × ヒル コーネリアス (金子) 223P(101.1Kg)

C級トーナメント
4回戦 ヘビー級
  ○ 大谷 広忠 (角海老宝石) 200P(90.7Kg)
      判定 2−0 ( 39−38・40−37・38−38 )
  × リーゼント 楠本 (倉敷守安) 193P(87.5Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     WBC世界スーパー・バンタム級5位・WBO世界スーパー・バンタム級15位・IBF世界スーパー・バンタム級6位・OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級2位
  ○ 小國 以載 (角海老宝石) 121 3/4P(55.2Kg)
      KO1R 0'30"
  × JP・マカダンピス (フィリピン) 117 3/4P(53.4Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  ○ 佐々木 基樹 (帝拳) 139 1/4P(63.1Kg)
      判定 3−0 ( 78−74・78−75・78−75 )
     日本スーパー・ライト級9位
  × 岡崎 祐也 (中内) 140P(63.5Kg)

8回戦 ヘビー級
     OPBF東洋太平洋ヘビー級2位・日本ヘビー級チャンピオン
  ○ 藤本 京太郎 (角海老宝石) 231 1/2P(105.0Kg)
      TKO2R 2'13"
  × アダム・ラブロック (オーストラリア) 220P(99.7Kg)