東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

2016年3月試合結果
2016年3月30日 後楽園ホール (東京都)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  × 中村 賢治 (世田谷オークラ) 121 1/2P(55.1Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・38−39・38−39 )
  ○ 熊谷 聖也 (新日本仙台) 121 1/2P(55.0Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 渋谷 尚史 (山龍) 122P(55.3Kg)
      TD4R 2’22” 3−0 ( 40−37・39−37・39−37 )
  × 齋藤 利彦 (ワタナベ) 121 1/2P(55.1Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 平原 直 (鹿島灘) 121 1/2P(55.1Kg)
      判定 1−0 ( 38−38・39−38・38−38 )
  × 松浦 大地 (ワタナベ) 121 1/2P(55.1Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  × 高瀬 亘 (鴻巣茂野) 125 1/4P(56.8Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・36−40 )
  ○ 若松 大輝 (ワタナベ) 126P(57.1Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  ○ 清田 亨 (大橋) 125P(56.6Kg)
      判定 3−0 ( 40−35・40−35・40−35 )
  × 當銘 義愛 (マナベ) 126P(57.1Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  ○ 松澤 拳 (宮田) 126P(57.1Kg)
      TKO4R 2'46"
  × 今淵 啓輔 (石神井スポーツ) 125 3/4P(57.0Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  − 新座 宏 (フラッシュ赤羽) 
      中止
  − 西川 勇気 (三迫)  棄権
※西川 勇気の棄権により新座 宏が次戦進出

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  ○ 内川 大輔 (伴流) 126P(57.1Kg)
      TD3R 1’40” 3−0 ( 29−28・30−27・29−28 )
  × 磯崎 亘平 (TEAM 10COUNT) 125 3/4P(57.0Kg)

東日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  − 木村 吉光 (白井・具志堅スポーツ) 
      中止
  − 芦谷 昌彦 (元気)  棄権
※芦谷 昌彦の棄権により木村 吉光が次戦進出

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  − 遠藤 勝則 (角海老宝石) 
      中止
  − 迎 卓実 (レパード玉熊)  棄権
※迎 卓実の棄権により遠藤 勝則が次戦進出

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  × 永井 喜治 (宇都宮) 129P(58.5Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・36−40 )
  ○ 龍神 佳輝 (ワタナベ) 128 3/4P(58.4Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  × 安川 隆浩 (宮田) 129 1/4P(58.6Kg)
      KO4R 0'14"
  ○ 須賀原 直雄 (REBOOT) 129 1/2P(58.7Kg)

東日本新人王戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  × 工藤 克比古 (ドリーム) 129 1/2P(58.7Kg)
      判定 0−3 ( 33−40・33−40・33−40 )
  ○ 坂田 尚樹 (ワタナベ) 130P(58.9Kg)

2016年3月28日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 48.5 Kg契約
  × 山本 要 (ワールドスポーツ) 106 3/4P(48.4Kg)
      TKO2R 1'03"
  ○ 渡久地 辰優 (スターロード) 107P(48.5Kg)

4回戦 ライト級
  ○ 白鳥 大珠 (八王子中屋) 135P(61.2Kg)
      判定 3−0 ( 38−37・38−37・38−37 )
  × キングペッチ・ソーキングペッチ (タイ) 134 1/4P(60.8Kg)

8回戦 ミニマム級
  × 宮崎 拳一 (大橋) 105P(47.5Kg)
      TKO6R 1'00"
     日本ミニマム級5位
  ○ 山本 浩也 (全日本パブリック) 105P(47.6Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  ○ 松本 芳道 (大橋) 140P(63.5Kg)
      TKO7R 0'55"
  × 金本 祥平 (グリーンツダ) 140P(63.5Kg)

6回戦 スーパー・ライト級
  ○ 井上 浩樹 (大橋) 140P(63.5Kg)
      KO1R 0'55"
  × サラタン・シットプラカイファー (タイ) 140P(63.5Kg)

8回戦 60.0 Kg契約
  △ 岡田 誠一 (大橋) 132 1/4P(59.9Kg)
      判定 1−1 ( 75−77・77−76・76−76 )
     日本ライト級9位
  △ スパイス 松下 (セレス) 132 1/2P(60.0Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 フェザー級
     WBA世界フェザー級2位・WBC世界フェザー級8位・WBO世界フェザー級6位・IBF世界フェザー級5位・日本フェザー級チャンピオン
  ○ 細野 悟 (大橋) 126P(57.1Kg)
      判定 3−0 ( 97−91・97−91・97−91 )
     日本フェザー級1位
  × 福原 力也 (ワタナベ) 126P(57.1Kg)

2016年3月27日 東和薬品RACTABドーム(なみはやドーム) (大阪府)

西日本新人王戦
4回戦 フライ級
  ○ 寺田 達弥 (ロマンサ雅) 112P(50.8Kg)
      判定 1−1 ( 37−37・38−36・36−39 )
  × 木村 元祐 (JM・加古川) 112P(50.8Kg)

西日本新人王戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 平沼 勇介 (フュチュール) 122P(55.3Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・40−37・39−37 )
  × 濱口 稜生 (エディタウンゼント) 121 3/4P(55.2Kg)

西日本新人王戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  × 堤本 京介 (大阪帝拳) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・36−40・36−39 )
  ○ 岡本 文太 (井岡) 122P(55.3Kg)

西日本新人王戦
4回戦 ミドル級
  ○ 藤井 雄 (ロマンサ雅) 160P(72.5Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・39−37 )
  × 槌本 武訓 (大星森垣) 158 1/4P(71.7Kg)

8回戦 バンタム級
  × 池水 達也 (大阪帝拳) 118P(53.5Kg)
      TKO2R 2'37"
     フィリピンスーパー・フライ級チャンピオン
  ○ ジョナス・スルタン (フィリピン) 118P(53.5Kg)

4回戦 56.5 Kg契約
  ○ 辰吉 寿以輝 (大阪帝拳) 124 1/4P(56.3Kg)
      判定 2−1 ( 39−38・38−39・39−38 )
  × 三瓶 一樹 (ワタナベ) 124 3/4P(56.5Kg)

8回戦 56.5 Kg契約
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級9位・日本スーパー・バンタム級7位
  × 中澤 奨 (大阪帝拳) 124 3/4P(56.5Kg)
      TKO4R 2'10"
  ○ テイル 渥美 (渥美) 124 3/4P(56.5Kg)

2016年3月27日 刈谷市あいおいホール (愛知県)

中日本新人王戦
4回戦 フライ級
  ○ 矢吹 政道 (薬師寺) 111 1/4P(50.4Kg)
      TKO1R 2'29"
  × 堀井 翔平 (トコナメ) 111 3/4P(50.6Kg)

中日本新人王戦
4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 村上 勝也 (薬師寺) 114P(51.7Kg)
      判定 2−1 ( 39−38・37−39・39−38 )
  × 松田 海広 (駿河) 113 3/4P(51.5Kg)

中日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  ○ 中野 元気 (トコナメ) 125 1/2P(56.9Kg)
      KO1R 2'00"
  × 飯田 祐士 (平石) 124 3/4P(56.5Kg)

中日本新人王戦
4回戦 スーパー・ライト級
  × 山口 鉄也 (蟹江) 140P(63.4Kg)
      KO3R 3'04"
  ○ 斉木 新悟 (コパン星野) 140P(63.4Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  ○ 水谷 流 (トコナメ) 106 3/4P(48.3Kg)
      判定 3−0 ( 39−38・39−38・40−37 )
  × 十河 正人 (平石) 106 1/2P(48.2Kg)

4回戦 フライ級
  ○ 近藤 冬真 (蟹江) 111 3/4P(50.6Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・39−38 )
  × 北原 蓮 (真正) 110P(49.8Kg)

4回戦 フェザー級
  × 佐藤 康平 (薬師寺) 125 1/4P(56.8Kg)
      判定 0−2 ( 38−38・37−39・37−39 )
  ○ 横山 栄光 (岐阜ヨコゼキ) 125 1/2P(56.9Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 冨田 真 (HEIWA) 104 1/2P(47.3Kg)
      判定 3−0 ( 39−38・39−38・39−38 )
  × 吉村 尚樹 (尼崎亀谷) 104P(47.1Kg)

8回戦 バンタム級
  × 深蔵 和希 (HEIWA) 117 3/4P(53.4Kg)
      TD5R 1’20” 0−2 ( 48−48・47−48・47−48 )
     日本バンタム級10位
  ○ 小澤 サトシ (真正) 117 3/4P(53.4Kg)

2016年3月26日 フードパル熊本 (熊本県)

西部日本新人王戦
4回戦 スーパー・フェザー級
  × 三井 凛太朗 (本田フィットネス) 128 1/2P(58.2Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・36−40・36−39 )
  ○ 二宮 栄一朗 (宮崎ワールド) 129 3/4P(58.8Kg)

西部日本新人王戦
4回戦 スーパー・ライト級
  × 山本 拓也 (本田フィットネス) 138 1/2P(62.8Kg)
      判定 0−3 ( 37−38・37−38・36−39 )
  ○ 志賀 克史 (ヤマカワスポーツ) 139 1/2P(63.2Kg)

西部日本新人王戦
4回戦 ライト級
  ○ 池田 知也 (本田フィットネス) 134 1/2P(61.0Kg)
      TKO1R 2'40"
  × 城戸 龍史 (折尾) 134 1/2P(61.0Kg)

10回戦 スーパー・ライト級
     日本スーパー・ライト級10位
  ○ 吉田 龍生 (本田フィットネス) 139 3/4P(63.3Kg)
      KO1R 1'52"
  × マニーデーン・ギャットプラパット (タイ) 138 3/4P(62.9Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 ミニマム級
     IBF世界ミニマム級9位・OPBF東洋太平洋ミニマム級8位・日本ミニマム級チャンピオン
  ○ 福原 辰弥 (本田フィットネス) 104 3/4P(47.4Kg)
      判定 3−0 ( 97−93・98−94・97−93 )
     WBA世界ミニマム級8位・WBO世界ミニマム級1位・IBF世界ミニマム級4位・OPBF東洋太平洋ミニマム級10位・日本ミニマム級1位
  × 榮 拓海 (折尾) 104 3/4P(47.4Kg)

2016年3月21日 九電記念体育館 (福岡県)

4回戦 60 ポンド契約
  ○ 久保田 修平 (フジタ) 132 1/4P(59.9Kg)
      TKO2R 0'47"
  × 大橋 哲也 (博多協栄) 130 1/2P(59.1Kg)

4回戦 バンタム級
  × 平野 祐輝 (折尾) 117 1/2P(53.2Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・38−39 )
  ○ 丸山 俊平 (橋口) 117 1/2P(53.3Kg)

西部日本新人王戦
4回戦 ウエルター級
  × 山口 幸樹基 (FUKUOKA) 147P(66.6Kg)
      判定 0−2 ( 38−38・38−39・38−39 )
  ○ チェンジ 濱島 (関門JAPAN) 146 3/4P(66.5Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  × 重松 達 (フジタ) 115P(52.1Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・36−40 )
  ○ 杉山 拓也 (関) 115P(52.1Kg)

西部日本新人王戦
4回戦 ミニマム級
  ○ 大石 剛志 (FUKUOKA) 105P(47.6Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・40−36・39−37 )
  × 鈴木 寛太 (ダッシュ東保) 104 1/4P(47.2Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  ○ 土生 拓郎 (折尾) 108P(48.9Kg)
      判定 3−0 ( 60−52・60−52・60−52 )
  × チャーンプアック・ソーカニッソーン (タイ) 106 1/2P(48.2Kg)

6回戦 ライト級
  ○ 山内 雄介 (折尾) 135P(61.2Kg)
      TKO6R 2'45"
  × ジェイソール 前田 (J中津) 135P(61.2Kg)

2016年3月20日 日章学園高体育館 (宮崎県)

4回戦 フェザー級
  ○ 定常 育郎 (T&T) 125 3/4P(57.0Kg)
      TD3R 2’31” 3−0 ( 29−27・29−28・30−26 )
  × 近藤 夕称 (ウエスタン延岡) 126P(57.1Kg)

6回戦 58.0 Kg契約
  × 福山 大介 (熊本) 127 3/4P(57.9Kg)
      判定 0−3 ( 56−58・55−58・56−58 )
  ○ フィーバー 真木 (関門JAPAN) 128P(58.0Kg)

8回戦 スーパー・ウエルター級
     日本スーパー・ウエルター級9位
  ○ 松永 宏信 (横浜光) 154P(69.8Kg)
      判定 3−0 ( 80−73・80−73・79−74 )
  × 大橋 功弥 (京拳) 152 1/2P(69.1Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     日本ライト・フライ級3位
  ○ 山口 隼人 (TEAM 10COUNT) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 2−0 ( 76−76・78−75・78−75 )
  × 内野々 大叶 (ウエスタン延岡) 107 3/4P(48.8Kg)

8回戦 56.9 Kg契約
  ○ 臼井 欽士郎 (横浜光) 125 1/2P(56.9Kg)
      判定 3−0 ( 78−73・79−73・78−73 )
  × 河野 洋佑 (新日本木村) 125 1/4P(56.8Kg)

2016年3月20日 池田市立五月山体育館 (大阪府)

4回戦 53.0 Kg契約
  ○ 岩井 尚斗 (森岡) 115 3/4P(52.5Kg)
      TKO4R 2'54"
  × パク テジュン (韓国) 116 3/4P(52.9Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 長澤 民生 (森岡) 128 3/4P(58.3Kg)
      TKO1R 1'26"
  × イ グヮンヒ (韓国) 129 3/4P(58.8Kg)

4回戦 ライト級
  ○ 中村 錬 (森岡) 134 1/4P(60.8Kg)
      TKO4R 2'42"
  × ハ ドンヒョン (韓国) 134 3/4P(61.1Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  × 鯱ドラゴンズ 敬太 (六島) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 0−2 ( 57−57・57−59・57−58 )
  ○ 藤岡 拓弥 (VADY) 121 1/2P(55.1Kg)

8回戦 バンタム級
     日本バンタム級9位
  ○ 向井 寛史 (六島) 118P(53.5Kg)
      TKO7R 1'00"
  × 和氣 年邦 (M.T) 117 3/4P(53.4Kg)

6回戦 スーパー・ウエルター級
  ○ ロックハート ブランドン (森岡) 153P(69.3Kg)
      TKO1R 1'43"
  × ソンタヤー・ガオラーンレックジム (タイ) 152 3/4P(69.2Kg)

6回戦 65.0 Kg契約
  ○ 福山 一磨 (森岡) 143P(64.8Kg)
      TKO2R 2'59"
  × ラーンガオ・ガオラーンレックジム (タイ) 141 1/4P(64.0Kg)

6回戦 54.5 Kg契約
     日本スーパー・バンタム級11位
  ○ 丸田 陽七太 (森岡) 119 1/2P(54.2Kg)
      TKO1R 1'54"
  × クルンシン・ガオラーンレックジム (タイ) 118 1/2P(53.7Kg)

2016年3月20日 市川町文化センター ひまわりホール (兵庫県)

4回戦 55.0 Kg契約
  ○ 満田 美紀 (姫路木下) 121P(54.8Kg)
      TKO2R 1'53"
  × 稲森 綾子 (千里馬神戸) 121 1/2P(55.0Kg)

4回戦 54.0 Kg契約
  ○ 山本 龍児 (姫路木下) 119P(53.9Kg)
      KO2R 1'52"
  × 冴氣 鷹 (ワイルドビート) 119P(53.9Kg)

4回戦 58.0 Kg契約
  × 竹中 関汰 (姫路木下) 127 1/4P(57.7Kg)
      TKO2R 2'00"
  ○ 清水 徳生 (真正) 127 3/4P(57.9Kg)

6回戦 フェザー級
  ○ 芹澤 天明 (姫路木下) 125 3/4P(57.0Kg)
      判定 3−0 ( 58−56・59−54・59−55 )
  × 武市 大輔 (真正) 126P(57.1Kg)

8回戦 54.5 Kg契約
  ○ 清瀬 天太 (姫路木下) 120P(54.4Kg)
      KO2R 1'48"
  × ペットガオガラット・ガオラーンレックジム (タイ) 119 1/2P(54.1Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     OPBF東洋太平洋ライト・フライ級4位・日本ライト・フライ級10位
  ○ 大内 淳雅 (姫路木下) 108P(48.9Kg)
      KO7R 1'22"
  × 金沢 晃佑 (大鵬) 108P(48.9Kg)

2016年3月19日 シムサン記念センター (韓国・ソウル)

10回戦 バンタム級
  × 林・ジヌク (韓国) 119 1/2P(54.1Kg)
      判定 0−3 ( 93−98・92−98・94−97 )
     日本スーパー・バンタム級14位
  ○ 川島 翔平 (真正) 118 3/4P(53.8Kg)

4回戦 56.0 Kg契約
  ○ 久高 魁脩 (大橋) 120 1/2P(54.6Kg)
      KO3R 0'38"
  × セ・ドンウォク (韓国) 122 3/4P(55.6Kg)

2016年3月19日  (オーストラリア・メルボルン)

10回戦 56.0 Kg契約
  × 高橋 竜平 (横浜光) 
      判定 0−0 (  )
  ○ アンドリュー・モロニー (オーストラリア) 

2016年3月19日  (メキシコ・メテペック)

WBC女子世界
10回戦 ライト・フライ級
  ○ イベス・サモラ (メキシコ) 107 1/2P(48.7Kg)
      TKO6R 0'52"
     WBA女子世界ライト・ミニマム級3位
  × 安藤 麻里 (フュチュール) 106 3/4P(48.4Kg)

2016年3月18日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 フェザー級
  ○ 淵田 祥平 (新松戸高橋) 126P(57.1Kg)
      TKO3R 1'41"
  × 屋根内 譲太 (REBOOT) 124 3/4P(56.5Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  △ 木村 哲史 (18古河) 122P(55.3Kg)
      判定 0−1 ( 38−38・37−39・38−38 )
  △ 大内 俊太朗 (KG大和) 121 3/4P(55.2Kg)

8回戦 バンタム級
  × 小浜 雅哉 (UNITED) 117 1/2P(53.3Kg)
      TKO2R 0'32"
  ○ 岡本 ナオヤ (東拳) 117 3/4P(53.4Kg)

8回戦 フェザー級
     日本フェザー級11位
  × 山口 卓也 (JB SPORTS) 126P(57.1Kg)
      TKO5R 2'11"
  ○ 荒谷 龍人 (KG大和) 125 3/4P(57.0Kg)

8回戦 バンタム級
     日本バンタム級12位
  ○ 勅使河原 弘晶 (輪島功一スポーツ) 118P(53.5Kg)
      TKO1R 1'22"
  × 渡辺 健一 (ドリーム) 117 1/2P(53.2Kg)

日本王座決定戦
10回戦 バンタム級
     WBO世界バンタム級10位・OPBF東洋太平洋バンタム級3位・日本バンタム級2位
  × 田中 裕士 (畑中) 117 3/4P(53.4Kg)
      TKO8R 1'40"
     日本バンタム級1位
  ○ 益田 健太郎 (新日本木村) 117 1/2P(53.2Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 フライ級
     WBA世界フライ級13位・IBF世界フライ級9位・OPBF東洋太平洋フライ級2位・日本フライ級チャンピオン
  ○ 粉川 拓也 (宮田) 112P(50.7Kg)
      判定 3−0 ( 98−92・98−92・97−93 )
     OPBF東洋太平洋フライ級11位・日本フライ級1位
  × 黒田 雅之 (川崎新田) 112P(50.7Kg)

2016年3月17日 後楽園ホール (東京都)

8回戦 バンタム級
  × 中井 雄規 (船橋ドラゴン) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 1−2 ( 77−76・74−78・75−77 )
  ○ 小関 準 (伴流) 117 1/2P(53.3Kg)

8回戦 57.5 Kg契約
     日本スーパー・バンタム級9位
  ○ 源 大輝 (ワタナベ) 127P(57.5Kg)
      TKO5R 0'36"
     日本フェザー級13位
  × 玉川 裕大 (渡嘉敷) 127P(57.5Kg)

8回戦 フェザー級
  × 丸亀 光 (竹原慎二&畑山隆則) 126P(57.1Kg)
      判定 0−3 ( 75−78・73−79・72−80 )
  ○ 阿部 麗也 (KG大和) 126P(57.1Kg)

8回戦 51.3 Kg契約
  × 金子 達也 (横浜光) 113 1/4P(51.3Kg)
      TKO7R 0'06"
     日本フライ級7位
  ○ 新井 雄大 (渡嘉敷) 113 1/4P(51.3Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     日本バンタム級11位
  ○ 上林 巨人 (竹原慎二&畑山隆則) 122P(55.3Kg)
      TKO3R 0'38"
  × 熊谷 直昭 (T&T) 122P(55.3Kg)

8回戦 62.0 Kg契約
     日本スーパー・ライト級14位
  × 山口 祥吾 (唯心) 136 1/2P(61.9Kg)
      判定 0−3 ( 74−78・74−78・74−78 )
     IBF世界スーパー・ライト級10位・日本スーパー・ライト級3位
  ○ 近藤 明広 (一力) 136 3/4P(62.0Kg)

2016年3月16日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 56.0 Kg契約
  − 永山 伊織 (金子)  棄権
      中止
  − 大場 竜 (ジャパン・スポーツ) 

4回戦 バンタム級
  × 深野 颯 (金子) 118P(53.5Kg)
      判定 1−2 ( 39−38・37−39・37−39 )
  ○ 吹野 一真 (東拳) 117 3/4P(53.4Kg)

4回戦 ミドル級
  ○ 細川 チャーリー 忍 (金子) 159 3/4P(72.4Kg)
      TKO3R 0'54"
  × サームソン・ソーメーター (タイ) 159 3/4P(72.4Kg)

8回戦 ヘビー級
  ○ 大和 藤中 (金子) 233 3/4P(106.0Kg)
      TKO2R 1'55"
  × スメート・シットサイトーン (タイ) 216P(97.9Kg)

8回戦 フライ級
  × 藤井 貴博 (金子) 112P(50.8Kg)
      判定 0−3 ( 74−77・74−78・74−77 )
  ○ 青山 功 (セレス) 112P(50.8Kg)

8回戦 ウエルター級
     日本ウエルター級7位
  ○ 藤中 周作 (金子) 147P(66.6Kg)
      判定 3−0 ( 78−75・77−75・78−75 )
  × 稲垣 孝 (フラッシュ赤羽) 147P(66.6Kg)

8回戦 フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級8位
  ○ 大竹 秀典 (金子) 125 1/4P(56.8Kg)
      KO2R 1'11"
  × サターントゥン・ソーバンカル (タイ) 123 3/4P(56.1Kg)

2016年3月13日 刈谷市あいおいホール (愛知県)

4回戦 フェザー級
  × 谷口 政治 (結花) 125P(56.7Kg)
      判定 0−3 ( 36−37・36−37・36−37 )
  ○ 松谷 亮佑 (コパン星野) 124 1/2P(56.4Kg)

4回戦 ライト級
  × 片桐 佑馬 (松田) 133 3/4P(60.6Kg)
      TKO2R 0'30"
  ○ 高瀬 衆斗 (蟹江) 130 3/4P(59.3Kg)

4回戦 フライ級
  × 東 健史 (KUWANA) 110 1/4P(50.0Kg)
      判定 0−3 ( 36−39・36−39・37−39 )
  ○ 松浦 克貴 (岡崎) 111 1/4P(50.4Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 村松 政実 (松田) 104 1/4P(47.2Kg)
      判定 2−1 ( 39−38・37−39・39−37 )
  × 井上 ヨシアキ (三河) 105P(47.5Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 三輪 珠輝 (松田) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 1−2 ( 38−39・39−37・38−39 )
  ○ 加賀 聖也 (タキザワ) 122P(55.3Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 稲垣 秀一 (松田) 129 1/4P(58.6Kg)
      判定 2−0 ( 39−38・38−38・39−38 )
  × 中村 洸介 (結花) 129 1/4P(58.6Kg)

中日本新人王戦
4回戦 フェザー級
  ○ 今田 雄大 (蟹江) 125 1/4P(56.8Kg)
      TKO2R 2'45"
  × 村上 善記 (タキザワ) 126P(57.1Kg)

中日本新人王戦
4回戦 バンタム級
  ○ 伊藤 仁也 (三河) 118P(53.5Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−36・39−37 )
  × 高井 一憲 (中日) 117 1/2P(53.2Kg)

6回戦 ライト級
  × 川瀬 源 (松田) 134 1/2P(61.0Kg)
      判定 0−3 ( 57−58・56−58・57−58 )
  ○ 岩田 裕司 (中日) 135P(61.2Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
  × 清水 裕司 (松田) 114 3/4P(52.0Kg)
      判定 0−3 ( 75−77・75−77・76−78 )
  ○ 長井 一 (ワタナベ) 114 3/4P(52.0Kg)

6回戦 56.0 Kg契約
  ○ 水野 拓哉 (松田) 123 1/4P(55.8Kg)
      TKO4R 2'42"
     日本スーパー・バンタム級15位
  × 市村 蓮司 (RK蒲田) 127P(57.6Kg)

2016年3月13日 豊見城市民体育館 (沖縄県)

4回戦 スーパー・ライト級
  ○ マーカス スミス (具志川) 139 1/2P(63.2Kg)
      TKO1R 1'36"
  × 高野 隆成 (ミサイル工藤) 139 1/2P(63.2Kg)

4回戦 ミニマム級
  ○ 仲島 辰郎 (平仲BS) 104P(47.1Kg)
      TKO4R 2'19"
  × 糸賀 純一 (広島三栄) 104P(47.1Kg)

6回戦 54.5 Kg契約
  ○ 池原 龍次 (琉豊BS) 120P(54.4Kg)
      TKO1R 1'25"
  × ワーオ・ポーアリパーイ (タイ) 119 3/4P(54.3Kg)

4回戦 54.0 Kg契約
  × 平安山 裕子 (平仲BS) 119 1/4P(54.0Kg)
      判定 0−2 ( 37−39・37−39・38−38 )
  ○ 吉田 実代 (EBISU K’s BOX) 119P(53.9Kg)

6回戦 56.3 Kg契約
  × 宮本 達矢 (平仲BS) 124 1/4P(56.3Kg)
      TKO4R 2'55"
  ○ 山本 拓哉 (エディタウンゼント) 123 3/4P(56.1Kg)

6回戦 54.5 Kg契約
  ○ 伊集 盛尚 (琉豊BS) 120 1/4P(54.5Kg)
      判定 3−0 ( 59−56・58−56・60−55 )
  × クーキアット・ソーケーオカムシー (タイ) 119 3/4P(54.3Kg)

8回戦 ライト・フライ級
  ○ 荻堂 盛太 (平仲BS) 108P(48.9Kg)
      判定 3−0 ( 77−73・76−74・77−74 )
  × 春口 直也 (橋口) 108P(48.9Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級5位
  ○ 小谷 将寿 (琉球) 130P(58.9Kg)
      判定 3−0 ( 79−71・78−73・78−73 )
  × 伊藤 弘一 (黒崎KANAO) 129 1/2P(58.7Kg)

10回戦 スーパー・フライ級
     WBO世界バンタム級12位・IBF世界スーパー・フライ級10位・OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級6位・日本スーパー・フライ級2位
  ○ 翁長 吾央 (大橋) 115P(52.1Kg)
      判定 3−0 ( 99−90・99−90・100−89 )
     フィリピンフライ級12位
  × レノエル・パエル (フィリピン) 115P(52.1Kg)

2016年3月11日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 53.0 Kg契約
  × 齊藤 弘樹 (スターロード) 116 1/2P(52.8Kg)
      TKO3R 2'08"
  ○ 松本 雄大 (横浜光) 116 1/2P(52.8Kg)

6回戦 フェザー級
  − 伊藤 圭太 (花形)  棄権
      中止
  − 鈴木 貴彦 (横浜光) 

8回戦 フライ級
     OPBF東洋太平洋フライ級13位
  × 角本 達治 (ワタナベ) 112P(50.7Kg)
      判定 0−3 ( 76−77・75−77・75−78 )
  ○ 望月 直樹 (横浜光) 112P(50.8Kg)

8回戦 ライト級
     OPBF東洋太平洋ライト級11位・日本ライト級13位
  ○ アクセル 住吉 (関門JAPAN) 134 3/4P(61.1Kg)
      TKO3R 2'28"
  × 柳 達也 (伴流) 135P(61.2Kg)

8回戦 ライト級
  × 相馬 一哉 (一力) 134 1/2P(60.9Kg)
      TKO4R 1'56"
     日本スーパー・フェザー級5位
  ○ 金子 大樹 (横浜光) 134 3/4P(61.1Kg)

6回戦 ミドル級
     日本スーパー・ウエルター級10位
  × 甲斐 斗志広 (宮崎ワールド) 159 3/4P(72.4Kg)
      TKO2R 1'57"
     OPBF東洋太平洋スーパー・ミドル級9位・日本ミドル級2位
  ○ 胡 朋宏 (横浜光) 159 3/4P(72.4Kg)

OPBF東洋太平洋・日本タイトルマッチ
12回戦 ミドル級
     IBF世界ミドル級10位・OPBF東洋太平洋ミドル級チャンピオン・日本ミドル級チャンピオン
  × 柴田 明雄 (ワタナベ) 159 1/2P(72.3Kg)
      TKO3R 1'28"
     OPBF東洋太平洋ミドル級4位・日本ミドル級1位
  ○ 西田 光 (川崎新田) 160P(72.5Kg)

2016年3月8日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 古曳 悟 (船橋ドラゴン) 120 3/4P(54.7Kg)
      TKO2R 1'55"
  ○ 秋間 瑞輝 (宮田) 121 1/4P(54.9Kg)

5回戦 スーパー・フェザー級
  × 葛西 考司 (極東) 129 1/2P(58.7Kg)
      判定 1−2 ( 46−49・48−47・47−48 )
  ○ 袴田 浩祐 (上滝) 128 1/2P(58.2Kg)

6回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 永田 翔 (アベ) 129 1/4P(58.6Kg)
      判定 2−1 ( 59−56・58−56・57−58 )
  × 氏原 文男 (フラッシュ赤羽) 129P(58.5Kg)

B級トーナメント
5回戦 スーパー・フライ級
  × 井田 浩司 (UNITED) 115P(52.1Kg)
      判定 0−3 ( 46−49・46−49・47−48 )
  ○ 山本 大智 (KTT) 114 1/4P(51.8Kg)

B級トーナメント
5回戦 スーパー・バンタム級
  × 窪田 晃則 (SRS) 120 1/2P(54.6Kg)
      判定 0−2 ( 48−48・47−48・47−48 )
  ○ 大久保 康司 (横浜さくら) 121 1/2P(55.1Kg)

B級トーナメント
5回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 三浦 仁 (三迫) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 2−0 ( 49−47・48−47・48−48 )
  × 若林 駿 (K&W) 121 1/4P(54.9Kg)

B級トーナメント
5回戦 バンタム級
  ○ 中村 誠康 (TEAM 10COUNT) 117 1/2P(53.3Kg)
      TKO2R 1'57"
  × 上田 有吾 (宮田) 118P(53.5Kg)

B級トーナメント
5回戦 バンタム級
  × 金城 悠弥 (白井・具志堅スポーツ) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 0−3 ( 45−50・47−49・46−49 )
  ○ 児玉 堅 (竹原慎二&畑山隆則) 118P(53.5Kg)

B級トーナメント
5回戦 ライト級
  ○ 上村 優 (ドリーム) 134 1/2P(61.0Kg)
      TKO1R 2'26"
  × 石井 健司 (協栄) 134 3/4P(61.1Kg)

2016年3月8日  (フィリピン・ゼネラルサントス)

4回戦 バンタム級
  △ 水上 翔太 (カシミ) 
      判定 0−0 (  )
  △ シボーイ・べジャーノ (フィリピン) 

2016年3月6日 岐阜商工会議所 (岐阜県)

中日本新人王戦
4回戦 スーパー・フライ級
  × 山本 悠司 (コパン星野) 113 3/4P(51.6Kg)
      判定 0−2 ( 38−38・37−39・38−39 )
  ○ 久野 一輝 (緑) 115P(52.1Kg)

中日本新人王戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 佐伯 瑠壱斗 (岐阜ヨコゼキ) 121P(54.8Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−37・40−36 )
  × 荒川 高志 (緑) 121 1/2P(55.0Kg)

中日本新人王戦
4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 久保田 祐介 (岐阜ヨコゼキ) 121 3/4P(55.2Kg)
      TKO4R 0'38"
  × ブルドーザー大島 卓己 (薬師寺) 121 1/2P(55.0Kg)

6回戦 62.5 Kg契約
  ○ 島倉 裕矢 (岐阜ヨコゼキ) 137 1/2P(62.3Kg)
      TKO2R 1'58"
  × 山道 聡 (折尾) 137 3/4P(62.4Kg)

8回戦 57.5 Kg契約
  ○ 杉山 令耕 (岐阜ヨコゼキ) 125 3/4P(57.0Kg)
      TKO4R 1'58"
  × 五十嵐 嵩視 (トコナメ) 126 1/4P(57.2Kg)

8回戦 スーパー・ライト級
  ○ 宇佐美 太志 (岐阜ヨコゼキ) 139P(63.0Kg)
      KO6R 1'11"
  × 伊波 ファン カスティーヨ (真正) 140P(63.4Kg)

8回戦 49.5 Kg契約
     OPBF東洋太平洋ミニマム級10位・日本ミニマム級3位
  ○ 華井 玄樹 (岐阜ヨコゼキ) 109 1/4P(49.5Kg)
      判定 3−0 ( 77−75・77−75・77−75 )
  × 諸 一宇 (尼崎) 108 3/4P(49.3Kg)

2016年3月6日 川崎市とどろきアリーナ (神奈川県)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 石田 玄治 (川崎新田) 121 1/2P(55.0Kg)
      TKO4R 0'26"
  ○ 前川 祐亮 (ランド) 121 1/2P(55.0Kg)

6回戦 56.5 Kg契約
  △ 小泉 良太 (川崎新田) 123 1/2P(56.0Kg)
      判定 1−0 ( 58−57・57−57・57−57 )
  △ 田村 啓 (花形) 124P(56.2Kg)

6回戦 ミニマム級
  × 桜井 昌幸 (川崎新田) 104 3/4P(47.4Kg)
      判定 0−2 ( 57−57・55−59・55−59 )
  ○ デシエルト 長池 (青木) 105P(47.5Kg)

8回戦 バンタム級
  × 大野 顕 (川崎新田) 117 1/2P(53.3Kg)
      判定 0−3 ( 75−78・74−78・74−78 )
  ○ 仁平 宗忍 (ワタナベ) 117 1/2P(53.3Kg)

8回戦 55.7 Kg契約
     日本スーパー・バンタム級3位
  × 古橋 岳也 (川崎新田) 123P(55.7Kg)
      判定 0−3 ( 76−77・75−77・76−77 )
  ○ 渡部 大介 (ワタナベ) 123P(55.7Kg)

OPBF女子東洋太平洋タイトルマッチ
8回戦 スーパー・フェザー級
     WBA女子世界スーパー・フェザー級12位・WBC女子世界ライト級14位・IBF女子世界ライト級8位・OPBF女子東洋太平洋スーパー・フェザー級チャンピオン
  × 水谷 智佳 (宮田) 130P(58.9Kg)
      判定 0−3 ( 72−80・73−79・73−79 )
     WBA女子世界バンタム級4位・IBF女子世界バンタム級5位・OPBF女子東洋太平洋スーパー・フェザー級1位
  ○ 三好 喜美佳 (川崎新田) 129 1/4P(58.6Kg)

2016年3月5日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 54.5 Kg契約
  ○ 布施 慎太朗 (白井・具志堅スポーツ) 120 1/4P(54.5Kg)
      KO3R 0'19"
  × 柳沼 直道 (EBISU K’s BOX) 120P(54.4Kg)

4回戦 58.5 Kg契約
  ○ 木村 吉光 (白井・具志堅スポーツ) 129P(58.5Kg)
      判定 3−0 ( 38−37・39−36・38−37 )
  × 片山 佑一 (RK蒲田) 129P(58.5Kg)

4回戦 71.0 Kg契約
     日本ミドル級7位
  ○ 長濱 陸 (白井・具志堅スポーツ) 156 3/4P(71.0Kg)
      判定 2−0 ( 38−38・39−37・39−38 )
  × 清野 航 (石橋) 155 1/4P(70.4Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  ○ 垣永 嘉信 (帝拳) 114 3/4P(52.0Kg)
      判定 3−0 ( 59−52・59−52・60−51 )
  × 石本 純 (ワタナベ) 115P(52.1Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  ○ 松原 陵 (帝拳) 114 1/4P(51.8Kg)
      KO1R 1'38"
  × デッチャイ・ボビージム (タイ) 114 3/4P(52.0Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
  ○ 前川 龍斗 (白井・具志堅スポーツ) 115P(52.1Kg)
      KO1R 1'40"
  × ビンボ・ナショナレス (フィリピン) 112 3/4P(51.1Kg)

WBCユース世界タイトルマッチ
10回戦 フライ級
     WBCユース世界フライ級チャンピオン・日本フライ級5位
  ○ 比嘉 大吾 (白井・具志堅スポーツ) 112P(50.8Kg)
      TKO2R 2'19"
     OPBF東洋太平洋フライ級9位
  × ロメル・オリベロス (フィリピン) 110 1/4P(50.0Kg)

2016年3月4日 島津アリーナ京都 (京都府)

4回戦 フライ級
  ○ 戸出 健大 (京拳) 112P(50.7Kg)
      判定 2−1 ( 39−38・39−38・38−39 )
  × 森下 嵩弘 (エディタウンゼント) 111 1/2P(50.5Kg)

6回戦 58.0 Kg契約
  ○ 小坂 烈 (真正) 128P(58.0Kg)
      判定 3−0 ( 59−55・59−55・58−57 )
  × 永野 祐人 (グリーンツダ) 127 1/2P(57.8Kg)

8回戦 132 ポンド契約
  ○ 正木 脩也 (帝拳) 131 3/4P(59.7Kg)
      判定 3−0 ( 79−73・79−74・79−73 )
     フィリピンライト級6位
  × ベルゲル・プトン (フィリピン) 129 1/2P(58.7Kg)

WBC世界タイトルマッチ
12回戦 ライト・フライ級
     WBC世界ライト・フライ級チャンピオン・OPBF東洋太平洋ライト・フライ級3位
  × 木村 悠 (帝拳) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 0−2 ( 109−119・110−118・114−114 )
     WBC世界ライト・フライ級5位
  ○ ガニガン・ロペス (メキシコ) 107P(48.5Kg)

WBC世界タイトルマッチ
12回戦 バンタム級
     WBC世界バンタム級チャンピオン
  ○ 山中 慎介 (帝拳) 117 3/4P(53.4Kg)
      判定 3−0 ( 117−107・117−107・117−107 )
     WBC世界バンタム級3位
  × リボリオ・ソリス (ベネズエラ) 117 1/2P(53.3Kg)

4回戦 ライト級
  ○ 工藤 勝人 (クラトキ) 134 1/2P(61.0Kg)
      TKO1R 2'45"
  × 北川 孝明 (黒潮) 134 1/2P(60.9Kg)

4回戦 50.0 Kg契約
  × 木村 廉 (高砂) 109 3/4P(49.7Kg)
      判定 0−2 ( 38−38・38−39・38−39 )
  ○ 鷲尾 樹貴也 (千里馬神戸) 110P(49.8Kg)

2016年3月3日  (タイ・ナコンラチャシーマー)

WBC世界
12回戦 ミニマム級
  ○ ワンヘン・ミナヨーティン (タイ) 105P(47.6Kg)
      TKO5R 2'00"
     WBC世界ミニマム級7位・WBO世界ミニマム級10位・OPBF東洋太平洋ミニマム級14位
  × 大平 剛 (花形) 104 1/4P(47.2Kg)

2016年3月1日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 50.5 Kg契約
  × 下岡 由美子 (厚木ワタナベ) 110P(49.8Kg)
      TKO2R 0'46"
  ○ 小関 有希 (K&W) 110 3/4P(50.2Kg)

4回戦 47.0 Kg契約
  × シーザー・マノップジム (タイ) 102 3/4P(46.5Kg)
      TKO2R 1'48"
     OPBF女子東洋太平洋アトム級4位
  ○ 塙 英理加 (UNITED) 103 3/4P(47.0Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  ○ 鈴木 菜々江 (シュウ) 107P(48.5Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−37・40−36 )
  × 関 歩夢 (SRS) 107P(48.5Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  × 神成 麻美 (カシミ) 122P(55.3Kg)
      TKO4R 1'42"
     OPBF女子東洋太平洋スーパー・バンタム級1位
  ○ 後藤 あゆみ (ワタナベ) 121 1/2P(55.0Kg)

4回戦 46.0 Kg契約
  − 樽井 捺月 (アルファ) 
      中止
  − 川村 紗也香 (古口)  棄権

4回戦 アトム級
  × 武藤 美希子 (角海老宝石) 101 1/2P(46.0Kg)
      判定 0−3 ( 37−39・37−39・37−39 )
  ○ 青木 沙耶香 (EBISU K’s BOX) 102P(46.2Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  × ソーンサワン・サラカーンジム (タイ) 106 3/4P(48.3Kg)
      TKO5R 0'20"
     IBF女子世界ミニ・フライ級10位
  ○ 江畑 佳代子 (ワタナベ) 107 1/4P(48.6Kg)

8回戦 54.0 Kg契約
     IBF女子世界スーパー・フライ級9位・OPBF女子東洋太平洋バンタム級チャンピオン
  ○ 天海 ツナミ (アルファ) 119 1/4P(54.0Kg)
      TKO2R終了
     IBF女子世界バンタム級12位
  × 氷室 笑香 (レパード玉熊) 118 3/4P(53.8Kg)

OPBF女子東洋太平洋タイトルマッチ
8回戦 アトム級
     WBA女子世界ライト・ミニマム級7位・IBF女子世界ミニ・フライ級12位・OPBF女子東洋太平洋アトム級チャンピオン
  × 神田 桃子 (勝又) 101P(45.7Kg)
      判定 0−2 ( 76−76・75−77・75−77 )
     OPBF女子東洋太平洋アトム級3位
  ○ 秋田屋 まさえ (ワイルドビート) 102P(46.2Kg)

OPBF女子東洋太平洋タイトルマッチ
8回戦 ミニ・フライ級
     WBC女子世界ミニ・フライ級8位・OPBF女子東洋太平洋ミニ・フライ級チャンピオン
  × 小田 美佳 (宮田) 105P(47.5Kg)
      TKO5R 1'30"
     WBA女子世界ライト・ミニマム級9位・IBF女子世界ミニ・フライ級2位・OPBF女子東洋太平洋ミニ・フライ級2位
  ○ 花形 冴美 (花形) 105P(47.5Kg)

2016年3月1日 神戸市立中央体育館 (兵庫県)

4回戦 53.0 Kg契約
  ○ 諏訪 亮 (真正) 115 3/4P(52.5Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−37・40−36 )
  × 中安 信円 (姫路木下) 116 1/2P(52.8Kg)

4回戦 50.0 Kg契約
  ○ 山中 大貴 (真正) 109 3/4P(49.7Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・40−36・40−36 )
  × 林 明彦 (SFマキ) 110 1/4P(50.0Kg)

4回戦 50.0 Kg契約
  × 前田 尊明 (真正) 110P(49.9Kg)
      TKO3R 0'34"
  ○ 勝江 仁 (高砂) 110P(49.8Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  × ヨドシン・パッジャイジム (タイ) 120 3/4P(54.7Kg)
      TKO1R 2'05"
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級15位
  ○ 高野 誠三 (真正) 121 3/4P(55.2Kg)

6回戦 47.0 Kg契約
  × 葉月 さな (YuKOフィットネス) 103P(46.6Kg)
      判定 0−3 ( 56−59・55−59・56−58 )
     WBC女子世界アトム級6位
  ○ 岩川 美花 (高砂) 103 3/4P(47.0Kg)

8回戦 58.0 Kg契約
  − 山口 翔太 (真正)  棄権
      中止
  − 藤田 裕史 (姫路木下) 

8回戦 バンタム級
  × ペッチマイ・ソープライトン (タイ) 117P(53.0Kg)
      判定 0−3 ( 72−80・72−80・72−80 )
     日本スーパー・バンタム級6位
  ○ 菊地 永太 (真正) 118P(53.5Kg)

8回戦 56.0 Kg契約
     日本スーパー・バンタム級7位
  ○ 小坂 遼 (真正) 123 1/4P(55.8Kg)
      TKO2R 2'12"
  × 水野 孝亮 (緑) 123 1/2P(56.0Kg)