東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報10月号
image
表紙の言葉
冷静かつ強引に仕留めた!
田中恒成、逆転TKO防衛

 ウエルター級屈指の名王者、ホセ・ナポレスが長い闘病生活の末、79年の生涯に幕を閉じた。
 アマチュア時代はバンタム級で113勝1敗の成績を残し、58年8月にプロ入り後はフェザー級でリングに上がった。世界のトップランカーをことごとく打ち破り、ライト級、スーパー・ライト級で1位に君臨するも強すぎるため、王者から対戦を敬遠され続けた。
 ウエルターに階級を上げ、キャリア11年、64戦目で初の世界戦が実現。無冠の帝王の挑戦を受けた王者は同じく下積みの長かったカーチス・コークスだった。このコークスを13回TKOに破ったナポレスは以降、ウエルター級の絶対王者として防衛を重ねる。
 “黒い恐怖”と呼ばれたアドルフ・プリットというボクサーがいた。無類のタフネスと強打で一時代を築いた名ボクサー、ライオン古山がキャリア最強のボクサーに「プリット!」と即答するほどの強豪で、東洋無敵の龍反町が2回でKOされた時は後楽園ホールに戦慄が走った。
 反町戦から2年後、ナポレスへの挑戦が実現。日本のボクシングファンも注目した一戦は王者の2回TKO勝ち。YouTubeで映像を確認したが、ナポレスの圧勝だった。「あのプリットでさえ…」。この試合あたりから日本でナポレスの存在が神格化されていった。世界王座を獲得した時は29歳ですでに全盛を過ぎていたとも言われるが「バターのように滑らかな」動きから“マンテキーヤ”の異名をとり、抜群の人気を誇った。合掌。
 今月の表紙は田中恒成-ジョナサン・ゴンサレス戦で構成した。世界最速タイの12戦目で4階級制覇した王者は2度目の防衛戦。直近の2試合(木村翔、田口良一戦)でタフファイトにも強いことを証明した王者だが、今回の試合はテクニックとスピードで相手を翻弄して「中盤KO」を明言。
 対する最強のチャレンジャーは7歳でボクシングを始め、アマキャリアは126戦116勝10敗で2008年には世界ユース王者に輝いた逸材。プロ入り後は25戦22勝(13KO)2敗1分。王者のことを「パウンド・フォー・パウンドに名を連ねてもおかしくないボクサー」と敬意を表するとともに「サプライズを起こす」と覚悟の来日。
 試合はダウン応酬のスリリングな攻防だった。田中が3回に右ボディーで先制のダウン奪うも、4回には左フックを被弾してダウン。6回までのオフィシャルの採点は、ひとりがドローで残るふたりが2、4ポイント差で挑戦者がリード。ポイントでは劣勢も王者に焦りはない。
 続く7回、田中が冷静かつ強引に前進、ボディーへの集中打で3度のダウンを奪い、一気に仕留めた。世界王者としてさらなる高みを目指す王者は年内にあと1試合戦い、来年の4階級制覇を目指している。
(デザイナー・周東良次)
巻頭言:第2回ジュニアチャンピオンズリーグ

WBO世界フライ級タイトルマッチ
田中、最強挑戦者から4度のダウンを奪い、2度目の防衛に成功
IBF女子世界アトム級タイトルマッチ
花形、3度目の正直!池山に僅差の判定勝ち
WBA女子世界アトム級王座統一戦
宮尾、アラルコンに判定で敗れ、王座統一ならず!
OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級タイトルマッチ
粉川、痛烈なKO負けでOPBF二階級制覇ならず!
OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級タイトルマッチ
渡部、敵地でOPBF王座を奪取!
日本ウエルター級タイトルマッチ
永野、挑戦者を2回TKOで退け、初防衛に成功!
女子日本アトム級タイトルマッチ
松田、難敵・モンブランを退けV1
TOPICS
◆JBC・JPBA合同医事講習会報告
◆関西試合役員勉強会報告
◆引退届
◆新ジム開設
◆名称変更&住所変更届
◆名称変更届
◆住所変更届

告示

Fight of the month This Division
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
IBF
WBO
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格740円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。