東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報11月号
image
表紙の言葉
世界が武者震い…
井上尚弥という戦慄

 田中恒成は頼もしいボクサーだ。減量苦をもろともせず、戦い続けたミニマム級時代。昨年9月のライト・フライ級V2戦では初回に左目眼窩底骨折という重症を負いながら、痛みを微塵も感じさせず9回でねじ伏せた(試合後に両目眼窩底骨折が判明)。
 そして迎えた木村翔との一戦。実力伯仲。予想は互角だが、オールラウンダーの田中がつまずくとすれば、木村のような勢いのあるラッシャータイプしかいない。田中が木村のラッシュの餌食になる展開も十分に予想された。
 興味津々の一戦は序盤から足を止めての打ち合いに突入した。精巧なテクニシャン、田中が敢えて木村の土俵である至近距離での攻防を選択した。その戦う姿からは『打ち合いでも負けない。退かない』という覚悟を感じた。両者のプライドがぶつかりあった打ち合いは最後まで続いた。
 日本人同士の世界戦史上、ベストバウトともいえる稀に見る大激闘は小差の判定(2―0)で挑戦者に軍配が上がった。虎の子のタイトルを失った木村だが近い将来、再びチャンスは訪れるだろう。
 今月の表紙は井上尚弥。世界が武者震いした衝撃の戦いだった。私も50年以上ボクシングを見続けてきたが、こんなにも強い日本人ボクサーが出現するとは…。まるで夢心地である。
 WBSSの開幕戦として行なわれたこの試合、対戦者のファン・カルロス・パヤノは元トップアマ。446戦421勝25敗のキャリアを積み、五輪にも2度出場。プロ転向後は21戦20勝(9KO)1敗。あの超絶技巧派のアンセルモ・モレノの牙城を攻略してWBA世界バンタム級スーパー王座を獲得している。KO負けを喫したことはなく、自信満々のリング・インだったが…。
 日本が世界に発信した戦慄の映像は70秒で終わった。パヤノのガードの間をねじ込むように突き刺した左ジャブ、ドンピシャの角度とタイミングで顔面に食い込んだ右ストレート。パヤノがマットに倒れ込んだ瞬間、戦いの終わりを連想させる痛烈なノックダウンだった。
 次戦は来年3月、アメリカでエマヌエル・ロドリゲスとの一戦(WBSS準決勝)が決定している。
(デザイナー・周東良次) 
巻頭言:井上の評価、高まる衝撃的なKO劇

WBO世界フライ級タイトルマッチ
田中恒成、最速12戦目で三階級制覇達成!
WBA世界スーパー・ライト級タイトルマッチ
キリル・レリクが初戦突破!V1に成功
WBC世界ライト・フライ級タイトルマッチ
拳四朗、元王者を7回に粉砕!V4達成
WBA世界バンタム級タイトルマッチ
井上尚弥、衝撃KO劇でWBSS開幕カードを勝利で飾る
WBA女子世界フライ級王座統一戦
藤岡、粘るサンチェスを降し、王座統一
IBF女子世界アトム級王座決定戦
花形、5度目の正直で涙の戴冠
OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックヘビー級タイトルマッチ
藤本、6回TKO勝利で両王座の防衛に成功!
OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックミドル級タイトルマッチ
細川、11回TKO勝利で秋山にリベンジ!
OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
小浦、終始挑戦者を圧倒し大差判定勝利でV3
OPBF女子東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
吉田、地元ファンの前で初防衛に成功
OPBF東洋太平洋・日本スーパー・フェザー級タイトルマッチ
三代、末吉、両者一歩も譲らず!
TOPICS
◆元日本フライ級王者、松本芳明さん逝去
◆元世界王者の高山勝成がアマチュア登録完了
◆移籍届
◆リングネーム変更届

Fight of the month This Division
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
IBF
WBO
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格740円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。