東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報9月号
image
表紙の言葉
これぞ王道ボクシング
井岡一翔、盤石のV3

 指名挑戦権を獲得して1年。満を持して挑んだ和氣慎吾の世界初挑戦だったが、まさかの試合展開に声を失った。
 21勝全KO勝ちのジョナタン・グスマンの強打に計4度のダウンを喫し、11回TKO負け。10回までの採点はジャッジ3名とも100対86。結果だけ見れば予想だにしなかった惨敗。それでも両者の実力差は数字ほど離れているとは思えなかった。
 試合の流れを明確に決めたのは2回のバッティングだった。グスマンの頭が和氣の右ほほを大きく切り裂いた。レフェリーにバッティングをアピールする和氣。一気呵成に左右連打を放つグスマン。この流れの中で和氣がグローブをリングに着いてしまい、レフェリーがカウントを数える。納得のいかない和氣だが試合再開後、乱打戦に巻き込まれ再びダウン。もう歯車は完全に狂ってしまっていた。
 5回には右ストレートを喰い、背中からキャンバスに倒れ込む。もはやここまで……と観念したが、6回から反撃に転じた。大局は劣勢ながら力強く連打を放ち、グスマンの右顔面を変形させた。必死に左右のブローを叩き込む姿からは逆転KOを狙う執念を感じさせたが、顔面は無惨に腫れ上がり、迎えた11回、ダメージの濃い和氣を見てストップが宣告された。
 敗者は早くも再起を表明した。これだけ肉体的にも精神的にも深刻なダメージを負いながら、その決意は固いようだ。世界再挑戦への道程は険しい。和氣の覚悟を、しかと見届けたい。
 表紙は井岡一翔のV3戦で作成した。まさに盤石の堂々たる闘いだった。挑戦者も強かった。ニカラグアから来日したキービン・ララは21歳。妻のオダリーさんと3歳になる愛息が一家の大黒柱の勝利を信じて疑わない。
 アマキャリア112戦102勝10敗。2013年1月のプロデビュー戦は判定負け。第2戦も引き分けだったが、以降18連勝(6KO)を重ねて井岡挑戦を実現させた。
「世界王者になって家を建てる」と決意を語るララは初回からノンストップで動いた。エネルギッシュな連打で4回まではポイントを連取した。流れが変わるのは5回。井岡が距離を取って戦い、ララを捌く。上下へとコンビネーションを散らし、さらに左アッパー、右フックが挑戦者の顔面を揺らす。ララも懸命に前進して手数で王者に牙をむくが、戦力差は歴然。井岡の技巧に翻弄され、11回に力尽きた。
 これぞ王者の戦いともいうべき王道のボクシングで3度目の防衛に成功した井岡。今後はWBAスーパー、WBO王者に君臨するファン・フランシスコ・エストラーダとのビッグマッチが期待される。この試合を制すれば世界的評価も格段にアップすることは間違いない。  
     (デザイナー・周東良次)
巻頭言:記録への挑戦

WBA世界フライ級タイトルマッチ
井岡、KOで仕留めてV3
IBF世界スーパー・バンタム級タイトルマッチ
和氣、グスマンの強打に屈す!
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
山本、速攻で仕留め、2度目の防衛に成功!
OPBF東洋太平洋ウエルター級王座統一戦
高山、王座吸収できず!
OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級タイトルマッチ
伊藤、TKOで2度目の防衛に成功
OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級タイトルマッチ
細川、2度のダウンを喫するもドロー防衛
日本フライ級タイトルマッチ
粉川、完勝で大嶽を撃破!
日本スーパー・ウエルター級タイトルマッチ
野中、指名挑戦者を判定で降しV5
日本スーパー・ライト級タイトルマッチ
岡田、青木の挑戦を跳ね返しV5
TOPICS
◆井上が防衛戦
◆名称&住所変更届
◆移籍届
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
IBF
WBO
OPBF
日本

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格740円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。