東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報12月号
image
表紙の言葉
これぞまさしく名勝負
中京の怪物、OPBF強奪!

 読後、毎回のように唸ってしまう連載がある。『凄くて愉快な拳豪たち』(ボクシング・マガジン掲載)である。一体どこからそんな情報を得るんだ、というくらいコアなエピソードが凝縮され、おもにその本領は無冠の個性派ファイターを題材に書かれた時に発揮される。
 11月号と12月号の2回に分けて掲載されたターゲットはブル加藤。1970年代に喧嘩殺法で一世を風靡したボクサーで、4回戦の頃、すでにその人気は爆発。今回の連載には正当派アマエリートの岡崎伸光戦、名日本王者にして「もう2度とあの人とは(試合を)したくない」と言わしめた辻本章次との2連戦、加藤氏が「一番想い出深い試合」というマカオの闘牛場での元世界王者ペドロ・アディグとの歴史的な一戦等が紹介されている。
 筆者は草野克己氏。この博学才穎(さいえい)な拳闘学徒とは20年来の友人。加藤氏に思い入れを込める私と、草野氏の思惑が一致しての掲載となった。加藤氏は笹崎ジム時代の大先輩だが、本をご自宅に郵送すると大層喜ばれ、奥様とふたりで事務所まで足を運んでいただき、夕食まで御馳走になった。
 魅力的なボクサーは多い。このようなファイターを後世に伝えたい。決して風化させてはならない。そういった意味でも意義のある連載だと思う。今回で連載141回目。ぜひとも1冊の単行本としてまとめあげたい。
 今月の表紙は王者・原隆二にプロ入り4戦目で挑んだ田中恒成とのOPBF東洋太平洋タイトルマッチで構成した。
 原はデビューからエネルギッシュな連打と躍動感あふれるファイトで早くから将来を嘱望されたボクサーだが、勝ち続けてはいたものの、ここ2年半ほど精彩を欠く試合が続いていた。"中京の怪物"田中は次の5戦目の世界戦を画策し、自信満々でプロ入り後、東都初見参。この試合もタイトルというより、世界挑戦権の獲得が目的。前評判でも田中有利の声が多く、「見返してやる」と原の反骨心が、かつての輝きを甦らせた。
 試合は拮抗した。詳細は割愛するが、気持ちを全面に出しプレスを強め続けた原の気魄が試合を名勝負へと昇華させた。だから表紙も勝者と敗者をほぼ均等に扱うデザインにした。そして、原を打ち破った田中は本物の"怪物"であることを証明し、国内最速4戦目で東洋太平洋王座を獲得した。
 昨年の11月デビューだからプロ入りしてまだ1年。またまた凄い選手が出て来た。目論み通り、次戦での世界戦は実現するのか。日本ボクシング界のリングは充実している。
(デザイナー・周東)
巻頭言:ファン層拡大に向けた情報発信について

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
山中、元王者を圧倒し、V7
WBA女子世界ライト・ミニマム級タイトルマッチ
宮尾、残り2秒でTKO!V5を達成
WBC女子世界ミニ・フライ級タイトルマッチ
黒木、判定で初防衛に成功
OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
天笠、劇的KOで3度目の防衛に成功
OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマット
中谷、大差判定でV2
OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
田中恒成、最速4戦目でOPBF王座を奪取!
OPBF女子ライト・フライ級タイトルマッチ
竹中、判定勝利で初防衛に成功
日本スーパー・フェザー級タイトルマッチ
内藤、ペースを渡さず判定でV2
日本ライト・フライ級タイトルマッチ
木村、不完全燃焼のV2
TOPICS
◆大晦日にトリプル世界戦開催
◆12月30日にもトリプル世界戦
◆10月度ランキング委員会報告
◆名称・住所変更届
◆名称変更届
◆住所変更届
◆移籍届
◆リングネーム変更届
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
拳の詩・第119回・頑張れ、堅安
英雄伝説・第105回・高田次郎
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格540円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。