東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報11月号
image
表紙の言葉
ひと皮剥けた京太郎
威力ある右で竹原に快勝

 第7回U-15全国大会も盛況のうちに幕を閉じ、同大会の象徴ともいえる存在の松本圭佑(父は元東洋太平洋フェザー級王者の好二氏)が5年連続の優秀選手を獲得した。ちなみにこの圭佑という名前は、3度の世界挑戦に敗れた好二氏が現役時代「(姓名判断では)圭佑と改名すれば世界を獲れる」と所属していたヨネクラジムの米倉会長から勧められていた名前なのだという。
 この松本を始め、『チャンピオン2世』たちの活躍が眩しい。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)では、畑中建人(岐阜・中京高1年=父は元WBC世界スーパー・バンタム級王者の清詞氏)―関拳児(佐賀・佐賀学園高3年=父は元アマのトップ選手の博之氏)が対戦し、僅差で畑中の判定勝ち(3回戦敗退)。
 平仲信裕(沖縄・沖縄中部農林高3年=父は元WBA世界スーパー・ライト級王者の信明氏)は父親譲りの風貌と豪快なファイトでKOを量産。決勝ではポイント負けを喫したが大いに気を吐いた。仲里周麻(沖縄・中部商高3年=父は元東洋太平洋スーパー・バンタム級王者の繁氏)はテクニック重視のファイトでベスト8まで進出した。
 そして辰吉丈一郎の次男、寿以輝(18歳)が11月24日にプロテストを受験すると発表された。昨年7月4日、日刊スポーツが1面トップ記事で寿以輝のプロ入りを報道。小学生の頃からスポーツ記者の間で「寿以輝がいい」と噂されており、一時、激太りした時は唖然としたが、85キロあった体重も64キロまで減量。専属トレーナーとして元東洋太平洋スーパー・フェザー級王者のタイガー・アリ氏が就くと記されていた。
 プロ入り表明から1年3カ月。満を持してのボクサー道。覚悟を決めたデビューは来春の予定。
 今月の表紙は藤本京太郎で作成。京太郎は先々月に続いての表紙登場。重心を落とした右強打で、古豪・竹原虎辰を圧倒した。ヘビー級戦士としてひと皮剥けた勝ちっぷりは評価に値する。
 ここ数ヵ月、 テレビのバラエティ番組への出演が増えている元K-1王者だが「K-1やボクシングで有名になってバラエティ番組に出たかった」と笑顔で発言。念願のゴールデンタイムでの出演も増え、本人のモチベーションも上がっている。さらに竹原戦での快勝で周囲からの期待も膨らんでいる。
 試合後は「(今後は)対日本人は興味ない」と発言、前回苦戦した石田順裕との再戦を暗に否定したが、その後『ボクシング・ビート』の対談で「初戦でまだまだだなと思った。もう1度やって上に行けばいいという意見があることも知っている」とコメント。上を目指すなら石田との決着戦を制し、国内最強を証明すべき。頼もしさを増した京太郎。元世界(暫定)王者との再戦は実現してもらいたい。 
(デザイナー・周東)
巻頭言:ファン層拡大に向けた情報発信について

WBC世界スーパー・フライ級タイトルマッチ
クァドゥラス、不完全燃焼の負傷ドローで初防衛
WBO女子世界アトム級タイトルマッチ
池山、ダウンを奪い初防衛に成功!
WBO女子世界ミニ・フライ級王座決定戦
池原、熱戦を制し、王座戴冠
OPBF女子東洋太平洋ミニ・フライ級タイトルマッチ
小田、判定で悲願の王座奪取!
日本ヘビー級タイトルマッチ
藤本、盤石の内容でV2に成功
日本ミニマム級タイトルマッチ
大平、大差判定勝利で2度目の防衛に成功
日本フライ級タイトルマッチ
村中、TKO防衛でV2
TOPICS
◆三浦が11月にV3戦
◆黒木優子が初防衛戦
◆多田悦子が敵地で王座挑戦
◆9月度ランキング委員会報告
◆新ジム開設
◆引退届
◆タイトル返上届
◆移籍届
◆リングネーム変更届
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
拳の詩・第118回・祭りの後に・・・
英雄伝説・第104回・触沢公男
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格540円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。