東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報4月号
image
表紙の言葉
今、最も勢いに乗る男 和氣慎吾に早期世界戦を

 内藤律樹がプロ入り9戦目で日本タイトルを獲得した。金子大樹が世界挑戦のため返上していた王座を松崎博保と争い、8回終了TKO勝ち。これで53年ぶり2組目の親子チャンピオンが誕生した。初代は1961年、父・ライオン野口こと野口進(ウエルター級)と息子・恭(フライ級)。過去1組だけとは意外だが、これでE&Jカシアスジムにとっては、創立9年目にして嬉しい初タイトル。
 カシアス内藤会長は「エディ(タウンゼント)さんにいつか自分が会長になってチャンピオンを育てると約束した。その約束が守れた。それが自分の息子とは…」と感慨深げに語ったという。世界王者を何人も育てた名トレーナーのエディさんは生前「素質ならカシアス内藤が一番」と語っていたのを思い出す。カシアス会長は無敗で東洋ミドル王者となったが、世界の舞台は踏んでいない。
 そんな父の現役時代と同じアフロヘアーにしてリングに登場した律樹。この日の試合内容では世界などと簡単に口には出せないが、いずれはトップを狙えるホープ。以前もこのコラムで書いたが、"父親超え"を果たし、世界戦の舞台に上がる時はカシアス内藤のリングネームで登場してもらいたい。それだけこの名前は大きく、感慨深いものがある。そして作家の沢木耕太郎氏には『クレイになれなかった男』と『一瞬の夏』に続くノンフィクションの続編を期待したい。
 律樹には、10年前に一緒にボクシングを始めた1歳下の弟・未来がいるが、兄に刺激されプロを目指して練習を再開したという。物語は終わらない。
 今月は和氣慎吾を表紙にした。『今、まさに絶好調』のタイトル通り、飛ぶ鳥を落とす勢い。以前は実力がありながらマッチメークに恵まれず、長らく日本ランキングにも入れず、辛く悶々とした時期もあったが、ここにきて一気に花開いた。
 2012年7月、ジョナタン・バァトに判定勝ちしてOPBFと日本のランキング入り。ここから覚醒する。13年3月、小國以載の持つOPBFスーパー・バンタム級王座に挑み、圧倒的不利の予想を覆して王者を圧倒、10回終了TKO勝ち。続く防衛戦も菊地永太(9回TKO)、ジョンリエル・ラモナル(3回TKO)、そして今回のジョビー・カツマタ(2回KO)といずれも圧勝。
 燻りから目覚めてまだ1年。日本で最も勢いを感じるボクサーへと変貌を遂げた。この流れのまま、世界戦が実現することを祈る。
(デザイナー・周東)
巻頭言:業界全体でファンサービスの拡充を!

WBA女子世界ライト・ミニマム級タイトルマッチ
宮尾、TKOで挑戦者を退けV4を達成
 
WBC女子世界アトム級タイトルマッチ
小関、13連続防衛に成功!
IBF女子世界ライト・フライ級タイトルマッチ
柴田、判定勝利で初防衛に成功
OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級タイトルマッチ
和氣、3戦連続でのKO防衛を果たす
OPBF東洋太平洋・日本ミドル級タイトルマッチ
柴田、再起戦で日本王座も吸収
日本スーパー・フェザー級王座決定戦
内藤、国内2例目の親子チャンピオンに!
日本スーパー・ライト級王座決定戦
岡田博喜、8戦目で日本王座奪取!
日本スーパー・ウエルター級タイトルマッチ
細川、三度目の正直で初戴冠!
TOPICS
◆タイトル返上届
◆名称変更届
◆住所変更届
◆クラブオーナー変更届
◆移籍届
◆リングネーム変更届
告示
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
拳の詩・第111回・奇跡から半世紀
英雄伝説・第97回・中村剛
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格540円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。