東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報11月号
image
表紙の言葉
相次ぐKOシーン 締めは『神の左、再び。』

 12.6両国でのビッグファイトが近づいて来た。カード詳細は前号に書いたが、すべての試合がメイン級の豪華版。それだけに数年前から、ポスターも1種類だけでなく、各ジムで作成するケースが多くなった。
 このイベントでもメインのポスターの他に、椎野大輝―岩佐亮佑のOPBF戦、さらに第1試合に出場する井上拓真もデビュー戦ながら破格の扱いでポスターを作成。キャッチコピーは『怪物の弟もやはり怪物だった…』。
 昨年10月、兄・尚弥のデビュー戦の時も単独でポスターに登場、当コラムで紹介したので、"拓真バージョン"も掲載することにした。今後、さらに大物感は膨らんでいくことだろう。
 今月の表紙は山中慎介。11.10両国決戦は、スター選手の競演、さらにボクシングの醍醐味を凝縮したかのようなKOシーンが相次いだ。
 桁外れの強さを披露したのがローマン・ゴンサレス。八重樫東との激闘も記憶に新しいオスカル・ブランケットを2回で軽く一蹴。今後は3階級目のフライ級に照準を絞る。
 ホルヘ・リナレス、粟生隆寛とも格の違いを見せつけた。世界戦がキャンセルとなったリナレスの相手はアマキャリア364戦(350勝)を誇る曲者だったが、僅か188秒で粉砕。粟生は7月、アメリカでの再起戦に続くクリーンKOで世界カムバックへの狼煙を上げた。両雄ともイスマエル・サラス・トレーナーのサポートは絶大だ。
 そして山中慎介。この日も神の左は健在。対戦相手は王者の左を警戒し、対策は万全なはずだが、最後はこの左で仕留められてしまう。
 極め手をもつボクサーのファイトはいつもスリリングで、かつ威厳に満ちている。絶対王者・山中。まさにKING OF KINGSである。
(デザイナー・周東)
巻頭言:採点技術の変化について

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
山中、4連続KO防衛でV5
OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
天笠、李に雪辱を期し、2冠を達成!
OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級タイトルマッチ
和氣、三連続KOでV2達成!
OPBF女子東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
東郷、負傷判定で王座奪還! 
日本ミニマム級タイトルマッチ
原隆二、ダウンを奪われるも判定でV3
WBO総会報告
TOPICS
◆内山、三浦のダブル世界戦開催
◆東京試合役員会議事録
◆タイトル返上届
◆住所変更届
◆移籍届
◆リングネーム返上届

告示
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
拳の詩・第107回・アイドル逝く
英雄伝説・第93回・徳山昌守
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。