東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報10月号
image
表紙の言葉
まさにモンスター
井上尚弥、衝撃のデビュー

『ボクシング広報』では原則としてタイトルマッチのみ、戦評と写真を掲載しているが、今月は特例として"怪物"井上尚弥のデビュー戦で表紙を作成した。私が表紙を担当するようになって今月で100号目を数えるが、ノンタイトル戦で表紙を構成したのは初めて。それほどの逸材がプロデビューした。
 小学校1年でボクシングを始め、相模原青陵高1年でインターハイ、国体、全国選抜を制し、2年の時に国体、3年の時には国際大会プレジデント杯、インターハイ、全日本選手権を制覇して高校生史上初のアマ7冠を達成。
 7月10日の公開プロテスト(B級)では日本ライトフライ級王者の黒田雅之と3ラウンドのスパーリングを行ない「僕より全然上」とはスパー後の現役王者のコメント。
 アマでの実績が評価され、特例のA級(8回戦)デビュー。一部報道で73年2月のロイヤル小林以来39年ぶりとの記事も載ったが正確には87年7月の赤城武幸以来25年ぶり。
 華々しい門出にふさわしく、当日の興行ポスターは4種類。メインの原隆二、セミの細野悟、高校4冠のホープ松本亮とともに単独でポスターに登場。期待度の高さを物語る。
 試合は比国のナショナル王者を圧倒。初回からダウンを奪い、4回、左ボディ一撃で悶絶KO。力の差をまざまざと見せつけた。アマ出身のボクサーにはスピードとテクニックに長けた選手が多いが、井上には一撃で相手をなぎ倒すパンチ力、さらに自他共に認める強靭なハートも備わっている。まさにモンスター。
 第2戦は来年1月5日、後楽園ホールで世界ランカー級の強豪と対戦予定。さらにTBS系列の夕方枠での生放送も決定した。強者としか戦わないという、本人および陣営の心意気が頼もしい。
 前途洋々な19歳。意気上がるボクシング界にまた大きな光明が見えた。
(デザイナー・周東)
巻頭言:他団体との王座統一戦にむけての展望と課題

WBA世界ミニマム級暫定タイトルマッチ
三田村、4回TKO負けでメキシコに散る
WBA女子世界ミニマム級タイトルマッチ
多田悦子、判定勝利でV8
WBA女子世界ミニ・フライ級タイトルマッチ
宮尾綾香、3-0判定で王座奪取
WBA女子世界バンタム級タイトルマッチ
天海ツナミ、敵地で判定負け
OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
李、フエンテスを追い込むも判定負け
OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
大沢宏晋、薄氷のドロー防衛
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
ロリー、9回TKO勝ちでV2
OPBF東洋太平洋スーパー・ミドル級タイトルマッチ
清田祐三、6回TKOで6度目の防衛に成功
日本ライト・フライ級タイトルマッチ
黒田、ドロー防衛でV4
日本ミニマム級タイトルマッチ
原隆二、判定で初戴冠
日本ミドル級タイトルマッチ
佐々木、衝撃KOで王座強奪
日本スーパー・ウエルター級タイトルマッチ
柴田明雄、判定で初防衛に成功
TOPICS
◆亀田興毅が大阪でV5戦
◆小関桃が後楽園ホールで9度目の防衛戦
◆再入会届
◆ジム名変更届
◆挑戦状
◆リングネーム変更届

告示
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
[COLUMN] RING SIDE
[拳の詩・第94回] 10カウントに誓う
[英雄伝説・第80回] 山口鉄弥  ◆津江章二

テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバーのお知らせ
ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。