東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報12月号
image
表紙の言葉
ミドル級頂上決戦は壮絶な幕切れ…

 CSチャンネルのフジテレビONEで『ダイヤモンドグローブ黄金伝説』がスタート。昭和30年代からの貴重な映像を一挙放映。有料放送だが、ファンにとっては実に嬉しい内容となっている。
 12月7日の第1回目はファイティング原田─ポーン・キングピッチ(1、2戦)と、同じくポーンと海老原博幸の世界フライ級タイトル戦。さらに驚いたのは貴重なKOシーンを集めたお宝映像。
 高山一夫が生涯唯一のKO負けを喫した勝又行雄戦、フライ級史上、最も過激なKOシーンといわれる海老原博幸─アラクラン・トーレス、ファイティング原田が青木勝利を大の字に沈めたライバル対決。
 他にもムサシ中野─荻原繁、若き日の古山哲夫(後のライオン古山)─ロイ・ヤロング、さらに玉井錠戦の戦慄的なKOシーン。伝説の名勝負と語り草の清水精─中島健次郎、さらに世界に挑む以前の柴田国明─フェルナンド・ソテロでの豪快な結末…その他多くの試合が、これでもかとばかりにオンエア。
 KOシ−ンはいずれもダイジェストだが、タイトルマッチに限らず、多くのノンタイトル戦や後の世界王者や往年の名選手の若き日の映像は感涙もの。
 以降、予定されているカードは各専門誌に掲載されているが、世界王者の試合ばかりではなく、関光徳や南久雄、竜反町、門田新一らのファイトを再び見られるのは愉しみ。14日の第2回目の放送ではKOダイジェストはなかったが、価値ある内容で満喫できる。
 今月の表紙は佐藤幸治─淵上誠の東洋太平洋&日本ミドル級王座統一戦。いやはや、凄い試合だった。毎月、日本各地の試合映像を送ってくれる西部日本協会の山田氏も「八重樫の世界獲得と並ぶ、今年のホールでのベストファイト」と絶賛。私的には今年のホールでのベストファイトは山中慎介─岩佐亮佑の"極上の日本大戦"で決まりだが、このミドル級頂上決戦は、今年の最も壮絶な試合となった。
 2人のボクサーの足跡は記す必要はないだろう。'09年の世界戦後、被弾覚悟の強引な攻めが目立つ佐藤と、黒星を重ねながら己のスタイルを完成させた淵上。典型的なエリート(アマキャリア136戦133勝=佐藤)と雑草(アマキャリア12戦5勝=淵上)の対決は現時点での勢いとモチベーションの差が出たといえる。
(デザイナー・周東良次)
巻頭言:いまこそWBA、WBC統一戦を

WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅、KOで3度目の防衛
WBAスーパー・フライ級タイトルマッチ
亀田大、判定負けで2階級制覇ならず
WBC女子世界ライト・フライ級タイトルマッチ
富樫直美、磐石のV7、孫チョーロンに大差判定勝ち
WBC女子世界アトム級タイトルマッチ
小関桃、大差の負傷判定で7度目の防衛
OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級タイトルマッチ
赤穂亮、9ラウンドTKOで初防衛
OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
大沢宏晋、8回TKOで初防衛
OPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ
ロリー松下、大場浩平をTKOに下して初防衛
OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ
  渕上誠、東洋太平洋と日本の統一王者に
OPBF女子東洋太平洋ライト・フライ級タイトルマッチ
柴田直子、無難な判定で初防衛
日本ミニマム級タイトルマッチ
新鋭・三田村拓也、ベテラン國重隆に判定勝ち
日本バンタム級タイトルマッチ
岩佐亮佑、大差の判定で初戴冠
日本ライト・フライ級タイトルマッチ
黒田雅之、2-1判定で2度目の防衛
WBC世界ユース・ライト級王座決定戦
渡邊卓也、WBCユースタイトル獲得
トピックス
向井寛史がタイで世界挑戦
長谷川穂積の再起戦中止に
世界タイトルマッチ担当試合役員
タイトル返上届
挑戦状
移籍届
リングネーム変更届
本名変更届

プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
ボクサーのいる風景 第4ラウンド
「師走の予言」
拳闘史[第22回]
女子プロボクサー新人テスト申込書
拳の詩・第84回・さらばフレージャー
英雄伝説・第70回・清水精
日本スーパー・バンタム級チャンピオン 清水精
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内

ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。