東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報9月号
image
表紙の言葉
世紀の冒険マッチから56年
清水智信が祈願達成

 9月3日、逞しいキャリアを積み重ねた凉野康太が34戦目にして晴れの舞台に上がった。この凉野、前の試合で強打の天笠尚にキャリア初のダウンを奪われ、TKOで敗れており、この試合が再起戦となる。
 その足跡は実にハード。対戦相手の名には小沢大将、矢代義光、阪東ヒーロー、宮田芳憲(2戦)、塩谷悠、阿部元一、渡邊一久、三浦数馬等々、後の日本王者や国内トップランカーの名がズラリ。上記9戦では阪東にしか勝てなかったが、常に格上との対戦で好ファイトを展開。心に残る存在のボクサーとなっていた。
 一昨年3月、新鋭の笛木亮を一撃でKO、待望のランク入りを果たし、この日を迎えた。挑む王者は岡田誠一。試合内容は戦評に詳しい。判定で敗れたものの、手数とタフネスで肉薄。世界を見据えた強豪王者に善戦した。この試合を最後に引退を表明したと聞く。堂々たるラスト・ファイトに拍手を送りたい。
 亀田興毅は無敗のチャレンジャーを迎えたとはいえ、地元メキシコでは『世界はまだ早い』とされるデビッド・デラモラと対戦。3回のダウンシーンが唯一の見せ場で、手数も少なく、エネルギッシュに攻めるデラモラに苦戦した。年末に予定されるV3戦に期待したい。
 今月の表紙は清水智信。金子ジムにとっては創設46年にして初の世界王者誕生だ。
 初代・金子繁治会長とは笹崎のOB会で何度も話を聞かせていただいた。世界フェザー級屈指の名王者との一戦について「私は世界王者が(全階級を通して)8人しかいない時代にサンディ・サドラーと闘いました」(昭和30年7月=ノンタイトル戦で7RTKO負け)と語る姿は威厳に満ちていた。この当時、日本国民が注目したという世紀の冒険マッチから56年。遂に清水が3度目のチャレンジにして世界一の高き峰に到達した。試合後、右眼窩低骨折が判明した新王者だが、初防衛戦は1位の亀田大毅の名があがっている。
(デザイナー・周東良次)
巻頭言:機能するコミッションとは

WBA世界スーパー・フライ級タイトルマッチ
清水智信、3度目の挑戦で悲願達成
WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅、3-0判定で2度目の防衛
OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
向井寛史、6戦目でのタイトル獲得ならず
日本ライト・フライ級タイトルマッチ
黒田雅之、2−1の際どい判定で初防衛
日本スーパー・フェザー級タイトルマッチ
岡田誠一、3-0判定で2度目の防衛
TOPICS
JPBA・JBC医事講習会報告
引退届
タイトル返上届
挑戦状
ジム名および住所変更届
ジム住所変更届
リングネーム変更届
移籍届
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
熱中症を防ぐ
公式試合日程
ボクサーのいる風景 第1回「あるボクサーの部屋」
拳闘史[第20回]
女子プロボクサー新人テスト申込書
拳の詩・第81回・金子ジムの夢実現
英雄伝説・第67回・石山六郎
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内

ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。