東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報12月号
image
表紙の言葉
日本で活躍する頼もしき異邦人ファイター

 ホルヘ・リナレスが圧倒的な強さを発揮し、堂々たる内容で2階級制覇を達成した。WBAのタイトルはベネズエラ出身のリナレスにとって、まさしく欲しかったベルトだ。
 このリナレス、常にアウェーで戦い、結果を出してきた。WBC世界フェザー級タイトルを獲得したラスベガスでのオスカー・ラリオスとの一戦は、まさしく“決闘”と呼ぶにふさわしい熱戦だった。メキシコ・カンクンでは地元期待のガマリエル・ディアスを応援する「メヒコ、メヒコ」の大合唱の中、この難敵を鮮やかな右一撃でKOした。今回の試合地もパナマ。相手は地元出身のファイターだった。
 1970年代前半、中南米は魅力的なファイターの宝庫だった。そんな中、中量級で圧倒的な強さを発揮したのがコロンビアのアントニオ・セルバンテスとパナマのロベルト・デュランだった。この2人に敵地で果敢に挑戦した日本人ボクサーがいた。パナマでセルバンテスに挑んだのは強打のタフガイ、ライオン古山。同じくパナマで鈴木石松(後のガッツ)、コスタリカで高山将孝がデュランにアタックした。古山は判定、石松と高山はKOで退けられた。特に日本を代表するテクニシャンの高山が100秒で倒された試合はショックだったが、中南米での勇気ある挑戦に胸がときめいた。そしていつかは、この地で勝利する頼もしい日本人ボクサーの出現を夢見た。ホルヘ・リナレスも中南米出身。巧くて強くて実に頼もしい。

 世界への期待を胸に日本のジムに所属、もしくは日本を拠点にリング活動するボクサーは多い。古くはオール拳のベビー・ゴステロ。多くの日本人に愛され、ゴステロの生涯を綴った「拳の漂流」(城島充:著/講談社:発行)は秀逸の名著。他にも後の世界王者、フラッシュ・エロルデやチャチャイ・チオノイも日本で修業し、大きくはばたいた。
 個人的に心に残る“輸入ボクサー”を年代順に3名に厳選して記したい。
 ハーバート康。戦慄のKOパンチャーとして韓国から来日。多くのボクサーが強打の餌食になった。若き頃の柴田国明を痛烈にKO。世界王者になるため日本に再上陸したが、世界ランカーのホセ・ルイス・ロペスに翻弄され夢破れた。このハーバート康の勝ちっぷりに憧れた。中学の頃、毎週土曜の放課後、机を四角く囲み、ボクシング大会を開催した。リングネームは『ハーバート周東』。拳にタオルをグルグルに巻き、『ストロング菅沼』クンたちと嬉々として拳を振り回した。
クォーリー三迫。後の世界王者、ブルース・カリー(ドン・カリーの実兄)。高校の頃、当時通っていた自宅近郊のジム仲間と日本でのデビュー戦を観に行った。会場は後楽園卓球センター。今のJCBホールあたりか。対戦相手はバッファロー鈴木。リングネーム通りのブル・ファイターだ。両者ともに強かったが、クォーリーが圧勝した。鉄のアゴを持つライオン古山を初めてKOしたのもクォーリーだ。世界獲得後、日本に再来日して“浪速のロッキー”こと赤井英和の挑戦を退けた。
 カーロス・エリオット。黒い恐怖と形容され、抜群の強さで度肝を抜いた。5連続KOの後、関西の名日本王者、串木野純也に挑戦。当時、“超”のつく貧乏大学生だったが、迷わず夜行列車に乗って大阪府立体育館に向かった。予想は挑戦者有利。試合は5回まで翻弄された王者が、6回に逆転KO。リングを降りた花道で進光ジムの中村会長が「次は赤井とやるぞ。次は赤井だ!」と叫んだのを昨日の事のように覚えている。
 我が心の異邦人ファイターたち。どの選手も個性に溢れ、強くて魅力的だった。そんな中、歴代最強は誰かと問われれば、迷わず『リナレス!』と即答できる。この23歳の若者は単なる世界王者という肩書きでは終わらない、限りない可能性を秘めている。
(デザイナー・周東良次)
巻頭言:歴史に刻まれる礎を築いた2008年のボクシング界

WBA世界スーパー・フェザー級王座決定戦
ホルヘ・リナレス、2階級制覇達成
WBC女子世界ライト・フライ級暫定タイトルマッチ
富樫直美、ダウン跳ね返して初防衛
WBC女子世界アトム級タイトルマッチ
小関V1、技術の差見せつけ金に完勝
OPBF東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチ
日高和彦、4ラウンドKOで2度目の防衛
OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
黒木健孝、大差判定で2冠達成
OPBF東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチ
佐々木基樹、7回TKOで2度目の防衛
日本バンタム級タイトルマッチ
大場浩平冷汗、ダウン挽回の判定防衛
日本ライト・フライ級タイトルマッチ
嘉陽宗嗣ぐ、4ラウンドTKOで4度目の防衛
公式試合日程
全日本コミッションドクター会議報告
TOPICS
本田明彦帝拳ジム会長殿堂入り
東京地区試合役員会報告
世界タイトルマッチ担当試合役員
移籍届
リングネーム変更届
ジム休会届
告示
プロテスト合格基準
プロボクサー新人テスト申込書
2009年度ライセンス更新手続きの告知
熱中症を防ぐ&水分補給
女子プロボクサー新人テスト申込書
[COLUMN] RING SIDE
[拳の詩] ツナミの青春
[英雄伝説] ムサシ中野 ◆津江章二
女子ボクサーライセンス取得者一覧
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバーのお知らせ
ランキング
WBA
WBC
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。