東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報6月号
image
表紙の言葉
IT’S MY LIFE!
世界ライト級新王者・小堀!!

 一昨年前に森田健氏のレフェリー引退を記念して『レフェリーとして ボクシング人として』という豪華本の制作をさせていただいた。それか ら、審判員の方々に興味を持つようになった。
 森田氏がレフェリー公募に応募したのは1964年。150名 の応募があり、採用されたのは僅か12名。同期には内田正一、熊 崎広大両氏がいる。難関を突破したとはいえ、仕事との両立は難しい。 ここが最大のネックである。定職に就きながら、試合のある日は遅くと も17時には会場に行かねばならないからだ。これはかなりの負担 である。森田氏は試合への要請を断った事は1度もないという。 この結果、6度の転職を繰り返した。同期の仲間が次々と去って いくなか、氏はボクシング道を全うする。「一生をボクシングに捧げよ うと決意していた」と語る姿が格好良かった。
 この森田氏と同期の熊崎氏と飯田橋で夕食させていただいた。氏はか つて日本音楽著作権協会JASRACに在籍し、社内の広報誌を制作し ていたことから、話を聞くのを楽しみにしていた。68歳の今でも 現役レフェリーとしての自覚から、早朝のロードワークは欠かさないと いう。「試合のある日は朝から緊張している。これは(レフェリーに なってから)44年間、変わらない」という言葉が心にこびりつい た。
「この試合、生かすも殺すも自分次第。この緊張感がたまらないんだよ ねぇ」とは森田氏の言葉だが、緊張感に包まれた日々は充実している。 ボクシング経験者なら異論はないだろうが、ボクサーとしての現役生活 ほど充実したものはない。辛いロードワーク、練習、減量、試合前の恐 怖心、観衆の声援、殴られ、顔が腫れ血が流れてもこれまた男の勲章。 負ければドン底だが、勝った日の夜は充実感が体の底から沸き上がる。 辛かった時間が一瞬にして喜びへと転化する。こんな黄金の日々はボク サー経験者でなければ味わえない。しかし、この現役生活、そう長く味 わえるものではない。審判員の方々は光輝くリング上で、もしくはリン グサイドで何十年と緊張感と闘う。
 ある日のメイン直前、ホール西北側の審判控でジャッジ3名と レフェリーが集まり、向かい合っていた。どの顔も真剣で寡黙だ。しば らくして、長老・島川威氏の「よしっ、じゃ行くぞ」の声とともにス ポットライトへと向かって行く。その後ろ姿を追いながらこれまた格好 良いと心の中で叫んでしまう。
 今月の表紙は5月19日の小堀佑介の世界戦で作成した。 それにしてもこの小堀、勢いに乗る今、実にドンピシャのタイミングで 世界に挑戦できたものである。しかもライト級である。会場のディファ 有明に入ると『IT’SMYLIFE!』と題した小堀の写真集が 販売されていた。この試合のプロデューサーである萩森健一氏による序 文が秀逸だ。一部引用させていただく。
『世界で一、二を争うほどに、強くなるためには、4つの条件が 必要という。ある有名な武道家の格言だ。
「一に本人の才能、二に努力」
「三に、環境」
「四に彼を強くするために、すべてを投げ打つ覚悟を持った有能な指導 者の存在」
いま、小堀佑介には、この四つがみごとに備わっている』
 というもの。四つ目の項目が素晴らしい。ボクサーにとって優秀なト レーナーの存在は大きい。田中栄民氏のことだ。昨年の夏、「僕はいつ まで頑張ればいいんですか?」という“根っからの怠け物”小堀を 「1年間でいいからすべてを費やす覚悟でボクシングに賭けてみ ろ」と自宅隣に住まわせ、公私共々、徹底的に監視したのだという。こ のトレーナーなくしてボクサー・小堀佑介は存在しない。
 それと、先の武道家の格言に五つ目の項目をもうけるなら、この試合 を組んだプロデューサー、萩森氏の存在だろう。小堀というボクサーに 惚れ抜き、2007年12月、WBA世界ライト級新王者と なったホセ・アルファロとのマッチメークをまとめあげる。採算度外視 の男気溢れる行動力は凄い。ファイターのアルファロとなら小堀は絶対 に噛み合う!
 試合は壮絶極まる打撃戦の末、大逆転KOで小堀に軍配が上がっ た。こんな素晴らしい試合をリングサイド3列目で観ることがで きた。フルハウスの会場で席を用意してくれた関係者各位に感謝。しば らくリングサイドに残り、余韻に浸りながら会場を出る。駐車場で森田 氏と浦谷信彰氏を見つけ、挨拶。いきなりのバンザイで挨拶を返してき た浦谷氏を見て嬉しくなってしまった。こんな爽快な試合の後は、嫌な 事も全て忘れさせてくれる。
 5.19ボクシングの日、多くの力がひとつとなり、世界中量級の 雄・小堀佑介が生まれた。
(デザイナー・周東良次)
巻頭言:「5.19ボクシングの日」に彩添えた小堀の快挙

WBA世界ライト級タイトルマッチ
小堀佑介、逆転TKOで殊勲の王座奪取
WBA世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ
嶋田雄大、TKO負けで世界初挑戦は実らず
WBC世界バンタム級タイトルマッチ
長谷川穂積、TKOでバンタム級防衛記録更新
OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級王座決定戦
冨山浩之介、ノラシン際どく下し新王者
OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級タイトルマッチ
内山高志、3-0判定でV2
日本スーパー・フェザー級王座決定戦
矢代義光、TKOで新チャンピオンに
日本ミドル級タイトルマッチ
江口啓二、逆転KOで5度目の防衛
日本ライト・フライ級タイトルマッチ
嘉陽宗嗣、負傷引き分けで際どいV3
WBC女子世界ミニ・フライ級暫定王座決定戦
上村里子、韓国で判定負け、女子世界王者逸す
TOPICS
国重、敵地で世界初挑戦
戎岡、オーレードンに挑戦
内藤、坂田のダブル防衛戦発表
ジョー小泉氏、殿堂記念式典に出席
WBC戦でビデオ判定を導入
東洋戦でオープンスコアリングシステムを試験導入
最強後楽園開催
関光徳横浜光ジム会長逝去
関西地区事故防止会議報告
中部地区試合役員並びに中日本ボクシング協会・コミッション連絡会議報告
関西地区で医事講習会開催
海外の試合に役員派遣
第4回女子プロテスト開催
移籍届
挑戦状
返上届
クラブ・オーナー変更届
告示
処分
2008年度ライセンス更新手続きの告知
プロテスト合格判定基準
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
公式試合記録
ライセンス交付者
[COLUMN]
RING SIDE
[拳の詩] メキシコの語り草
[英雄伝説] 六車卓也 ◆津江章二

バックナンバーのお知らせ
ランキング
WBA
WBC
OPBF
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。