東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報11月号
image
表紙の言葉
 12.6ホールに注目! 湯場─あきべぇが激突

 日本タイトルマッチでの今年一番の好カードが実現する。“静”の王者・湯場忠志に挑むのは“動”のチャレンジャー・牛若丸あきべぇ。この試合が決定して胸躍らないボクシング・ファンはいない。
 湯場といえば183センチの長身を利した、テクニックと強打を併せ持つボクサー・パンチャー。選手として天は二物を…いや、三物をも与えたともいえる逸材だ。
 名日本王者、リック吉村の19度目の防衛戦の相手としてホールのリングに登場したのが8年前。当時、無敵を誇った最強王者に大善戦。引き分け試合を演じ、若き重量級スター誕生を予感させた。この時22歳。その後、リックの返上したタイトルを継承。
 スーパー・ライト級王者時代は湯場の全盛だった。世界ランクも上位に進出。いつ大一番が実現してもおかしくない勢いだったが、03年2月、“クセ者”佐々木基樹にまさかのKO負けで虎の子の日本王座から陥落。ボクサーという職業の1敗の重みを知る。長年、築き上げたものが一瞬にして崩れさる恐怖。この職種の厳しさ、険しさを改めて痛感した。
 ウェルターに階級を上げ、3つ目の日本タイトルを難なく獲得したが、スラッガー・大曲輝斉の奇襲攻撃に電撃KOで敗退。続く世界ランク獲りを狙ったファルカド・バキロフ戦でも勝てず「エレガントな貴公子」は陰りを漂わすが、その後、しぶとく日本王座に返り咲いている。
 ここ一番で星を取りこぼしてきた湯場にとって今回のあきべぇ戦は世界戦線再浮上へのビック・チャンスだ。
 対するあきべぇ。圧倒的強さで全日本新人王獲得後、『亀田一家』入り。さらにファイト・スタイルに凶暴性を増したが、安易な相手とのマッチメークに非難も。
 亀田家卒業後は即、大物との一戦が組まれた。湯場を軍門に下している世界ランカー、バキロフだ。この試合は壮絶だった。
 中盤まで200戦以上のアマ経験を誇るテクニシャンに翻弄されたが、殴られてもかわされても終始前進するスタイルで激闘を展開。この男の心根の強さを知る。
 両者血まみれの7回終盤、遂にビック・パンチが炸裂。この一撃でバキロフの心が折れ、続く8回、豪快にフィニッシュした。これで連続KOは日本記録タイの『15』となり、最新のWBAランキングでも12位に登場した。
 このあきべぇ。大好きなファイターの一人だが、リングネームの『あきべぇ』を漢字の『明兵衛』に改名してはいかがだろうか。『牛若丸明兵衛』──この方が強そうだし、偉大なブル・ファイターに平仮名では軽すぎる!?
 さて、試合の予想だが、実に難しい。考えられる展開は以下の4パターン。
@湯場がテクニックであきべぇを完封し大差の判定。
A終始、試合をコントロールした湯場が後半、カウンターで豪快にKO。
Bあきべぇの初回KO。
C後半、あきべぇの大逆転KO。
 いずれにせよボクシングの面白味が凝縮した好ファイト必至!12月6日は超満員のホールが予想される。
(デザイナー・周東良次)
今後のボクシング界発展の為何をしていくべきなのか

WBA世界フライ級タイトルマッチ
坂田健史、冷やり引き分けV2
OPBF東洋太平洋スーパー・ウェルター級タイトルマッチ
日高和彦、3−0判定で0PBF2階級制覇
OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
和賀寿和、OPBFミニマム級王座守るも不満残す
日本ミドル級タイトルマッチ
江口啓二、地元でKO防衛
日本ライト級タイトルマッチ
長嶋建吾、大差判定で3度目の防衛
日本フェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛、判定で防衛
TOPICS
大阪でダブル世界戦
関西地区で「ボクサー講習会」開催
世界戦でリング公開検査を実施
海外のタイトルマッチに試合役員派遣
移籍届
挑戦状
新ジム開設
ジム名称変更届
告示
WBC世界フライ級タイトルマッチにおける処分について
プロテスト合格判断基準
プロボクサー新人テスト申込書
2007年度ライセンス手続きの告知
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウェート変更勧告
公式試合記録
[COLUMN] RING SIDE
[拳の詩] 「最後の五輪メダリスト」
[英雄伝説] 「WBA・WBC世界ミニマム級チャンピオン 大橋秀行 ヨネクラ」◆津江章二
ライセンス交付者
バックナンバーのお知らせ

ランキング
WBA
WBC
OPBF
日本
フィリピン
タイ
韓国
インドネシア

あとがき
ジム住所録一覧
JBC提携病院住所録

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。