東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報3月号
image
表紙の言葉
 何よりも嬉しかったのは、粟生隆寛がベルトを巻いた時、涙を見せたことだ。「目標にしていたタイトル」とも口にした。
 アマチュアで史上初の6冠に輝き、鳴り物入りでプロ入りした男にとって日本タイトルは単なる通過点であったはず。しかし、日本タイトルとは実に重みのある“通過点”なのである。
 現在の日本ランキングは充実している。1位から10位まで実力者が並び「エッ、この選手がランク外?」というボクサーがゴロゴロ。ここ数年、日本ランク入りが難しく、世界ランカーと対戦し、上のランクを狙う選手もいるほど。4月にOPBFに挑む中岸風太だってノーランク(OPBFでは5位)だし、亀田大毅も10傑に入っていない。そんな現況を踏まえ今後、ランキングは12位まで拡大されるそうだ。
 その頂点に君臨する“ガンダム”梅津宏治。自他共に認める雑草チャンプ。多くの敗戦を乗り越え、日本一になっただけにエリートに対する反逆心は並大抵ではない。榎洋之に善戦し、クセ者の渡辺一久を攻略した実力への評価は高い。そんな梅津をスピードとテクニックで上回り、あっさりプロ1冠を果たした粟生はやはり、大器と呼ぶにふさわしい。
 今後、新王者は初防衛戦の後、OPBFを狙い、最低10戦はキャリアを積み、最終目標(世界)を目指すという。できるなら、日本タイトルは最低でも3回は防衛してもらいたい。挑戦状が提出されている阿部元一との対戦や、前王者の渡辺一久、山口の倒し屋・青空西田との一戦など、どれもがファンが期待し、望んでいる好カードだ。後楽園ホール満杯の情景が浮かんでくる。逸材・粟生には『日本タイトルという修羅場』をくぐり抜け、人気、実力兼ね備えた本物の王者になってもらいたい。
(デザイナー・周東)
盛況だったボクサーの警察官採用説明会

OPBF東洋太平洋ライト・ヘビー級タイトルマッチ
41歳西澤ヨシノリ、0−3判定で王座陥落
OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
丸元大成、ダウン奪われるもTKOで初防衛
日本スーパー・フライ級タイトルマッチ
河野公平、文句なし3−0判定で初戴冠
日本フェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛、無敗14連勝で新王者に
TOPICS
新井田と高山が統一戦
坂田が世界戦決定
津田博明グリーンツダジム名誉会長逝去
岡崎ジム柴田会長逝去
引退ボクサーへキャリアサポート始まる
スウェーデンでプロボクシング解禁
元日本王者、カバト氏死去
元レフェリー、吉田勇作氏逝去

告示
(財)日本ボクシングコミッション理事会・実行委員会報告
健康管理委員会報告
西部地区試合役員会報告
東京地区試合役員会報告
移籍届
リングネーム変更届
タイトル返上届
引退届
挑戦状
ジム名称・住所変更
新ジム開設
クラブオーナー変更届
海外遠征届
役員改選

ボクサーの栄養管理〜食事でもっと強くなる〜
プロテスト合格判断基準
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウェート変更勧告
[COLUMN]
RING SIDE
[拳の詩] ヒーローの引き際
[英雄伝説] WBCスーパー・ライト級チャンピオン 浜田剛史 ◆津江章二

公式試合記録
ライセンス交付者
招聘禁止ボクサー
バックナンバーのお知らせ
ランキング
WBA
WBC
OPBF
日本
フィリピン
タイ
韓国

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格500円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。