東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

2017年12月試合結果
2017年12月11日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 ライト級
  × 泉谷 貴史 (越谷634スポーツ) 134 1/2P(61.0Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・37−39 )
  ○ 山西 隆廣 (新日本木村) 134 1/2P(61.0Kg)

6回戦 アトム級
  ○ 下岡 由美子 (厚木ワタナベ) 101 1/4P(45.9Kg)
      判定 3−0 ( 59−54・59−54・58−55 )
     OPBF女子東洋太平洋アトム級2位
  × 石川 海 (UNITED) 101 1/4P(45.9Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  ○ 高橋 秀治 (宮田) 114 1/2P(51.9Kg)
      判定 3−0 ( 58−56・58−57・58−57 )
  × かべりーん 祐耶 (駿河男児) 114 3/4P(52.0Kg)

6回戦 バンタム級
  × デングッチュム・シットソートーゴー (タイ) 117P(53.0Kg)
      KO1R 1'30"
  ○ 稲元 純平 (熊谷コサカ) 117 3/4P(53.4Kg)

6回戦 バンタム級
  − 仁平 宗忍 (ワタナベ)  棄権
      中止
  − 上野 太一 (石川ジム立川) 

8回戦 53.0 Kg契約
     IBF世界フライ級3位・日本フライ級3位
  ○ 粉川 拓也 (宮田) 117P(53.0Kg)
      判定 3−0 ( 78−74・77−75・77−76 )
  × 藤本 直人 (新日本木村) 116 3/4P(52.9Kg)

A級トーナメント決勝戦
8回戦 スーパー・フライ級
     日本スーパー・フライ級1位
  △ 翁長 吾央 (大橋) 115P(52.1Kg)
      TD3R 2’13” 試合の前半のためドロー
     日本スーパー・フライ級2位
  △ 久高 寛之 (仲里) 114 1/2P(51.9Kg)
※規定により久高 寛之の優勝

日本タイトルマッチ
10回戦 スーパー・フライ級
     WBA世界スーパー・フライ級13位・WBO世界スーパー・フライ級13位・IBF世界スーパー・フライ級10位・OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級6位・WBOアジアパシフィックスーパー・フライ級4位・日本スーパー・フライ級チャンピオン
  ○ 船井 龍一 (ワタナベ) 114 3/4P(52.0Kg)
      TKO2R 3'09"
     WBOアジアパシフィックスーパー・フライ級9位・日本スーパー・フライ級15位
  × 川口 勝太 (堺東ミツキ) 114 3/4P(52.0Kg)

2017年12月10日 エルシアター(エルおおさか) (大阪府)

4回戦 50.0 Kg契約
  △ 麻野 皓斗 (大鵬) 109 1/2P(49.6Kg)
      判定 1−1 ( 38−39・39−38・38−38 )
  △ 吉川 幸輝 (奈良) 110 1/4P(50.0Kg)

4回戦 フライ級
  ○ 中岡 大河 (大鵬) 111 1/2P(50.5Kg)
      判定 3−0 ( 38−37・38−37・38−37 )
  × 下谷 凌一 (ヨシヤマ) 111P(50.3Kg)

4回戦 55.0 Kg契約
  − 市川 良輝夢 (エディタウンゼント)  棄権
      中止
  − 牛原 隆祐 (井岡弘樹) 

6回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 城後 響 (井岡) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 3−0 ( 60−55・59−56・58−56 )
  × 平島 祐樹 (三松スポーツ) 122P(55.3Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級5位・日本スーパー・フライ級14位
  △ 橋詰 将義 (井岡) 115P(52.1Kg)
      判定 0−1 ( 77−77・76−76・75−77 )
  △ 藤本 耕太 (江見) 115P(52.1Kg)

8回戦 バンタム級
  ○ 木久 健次 (大鵬) 117 3/4P(53.4Kg)
      KO4R 2'13"
  × ペットソンセーン・ロンリアンギラーコラート (タイ) 117P(53.0Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
     日本スーパー・フェザー級1位
  ○ 大里 拳 (大鵬) 130P(58.9Kg)
      判定 2−1 ( 77−76・77−75・75−77 )
     日本スーパー・フェザー級4位
  × 杉田 聖 (奈良) 130P(58.9Kg)

2017年12月10日 刈谷市あいおいホール (愛知県)

4回戦 ライト・フライ級
  × 田代 裕正 (三河) 107P(48.5Kg)
      TKO1R 1'08"
  ○ ブル 弘師 (トコナメ) 107 1/2P(48.7Kg)

4回戦 51.5 Kg契約
  ○ 服部 琢磨 (市野) 112P(50.7Kg)
      TKO1R 1'28"
  × 安西 蓮 (岡崎) 112 1/2P(51.0Kg)

4回戦 48.5 Kg契約
  × 村松 政実 (松田) 106 1/2P(48.2Kg)
      判定 0−3 ( 37−40・37−40・37−39 )
  ○ 東 健史 (ARITOMI) 106 1/2P(48.2Kg)

6回戦 バンタム級
  × 松下 拓磨 (市野) 117 1/2P(53.3Kg)
      TKO1R 1'57"
  ○ 中野 ウルフ (橋口) 117 1/2P(53.3Kg)

6回戦 56.0 Kg契約
  ○ 伊藤 仁也 (三河) 123 1/4P(55.8Kg)
      TKO1R 1'23"
  × 今橋 将勇 (姫路木下) 123 1/4P(55.9Kg)

8回戦 フライ級
     日本ライト・フライ級10位
  × 矢島 大樹 (松田) 111 1/2P(50.5Kg)
      判定 0−2 ( 74−78・74−78・76−76 )
     日本ライト・フライ級11位
  ○ 戸谷 彰宏 (蟹江) 112P(50.8Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級7位・日本スーパー・バンタム級9位
  ○ 水野 拓哉 (松田) 122P(55.3Kg)
      判定 2−1 ( 77−75・77−76・76−77 )
     日本バンタム級13位
  × 入口 裕貴 (エスペランサ) 121 3/4P(55.2Kg)

2017年12月9日 堺市産業振興センター (大阪府)

4回戦 51.0 Kg契約
  − 古谷 昭男 (六島) 
      中止
  − 古藤 大地 (寝屋川石田)  棄権

6回戦 ライト・フライ級
  × ぴょん 拓也 (六島) 108P(48.9Kg)
      TD4R 2’22” 0−3 ( 38−39・37−40・38−40 )
  ○ 田中 直樹 (大鵬) 107 1/2P(48.7Kg)

8回戦 バンタム級
  ○ ワルリト・パレナス (森岡) 117 1/2P(53.2Kg)
      TKO1R 2'15"
  × カタウット・サイゲーオボクシングキャンプ (タイ) 116 1/4P(52.7Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
     OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級3位
  △ 鯱ドラゴンズ 敬太 (六島) 121 1/2P(55.1Kg)
      判定 1−1 ( 77−76・76−77・77−77 )
  △ 横川 聡也 (堺東ミツキ) 122P(55.3Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級7位
  ○ 池水 達也 (井岡) 115P(52.1Kg)
      判定 3−0 ( 80−73・80−73・80−73 )
  × ルンスリン・サイゲーオボクシングキャンプ (タイ) 114 1/2P(51.9Kg)

8回戦 54.5 Kg契約
     OPBF東洋太平洋バンタム級14位
  ○ ストロング 小林佑樹 (六島) 120P(54.4Kg)
      判定 3−0 ( 78−75・77−76・78−76 )
  × 大里 登 (大鵬) 120P(54.4Kg)

2017年12月9日 堺市産業振興センター (大阪府)

4回戦 56.0 Kg契約
  × 毛利 駿太 (江坂) 122 3/4P(55.6Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・38−39・37−40 )
  ○ 杉本 太一 (勝輝) 120 3/4P(54.7Kg)

4回戦 ライト・フライ級
  ○ 白方 愛花 (泉北) 105 1/4P(47.7Kg)
      TKO1R 0'56"
  × 渡邊 葵 (真正) 106 3/4P(48.4Kg)

4回戦 バンタム級
  × 森 青葉 (泉北) 116 3/4P(52.9Kg)
      判定 0−3 ( 37−38・36−39・35−39 )
  ○ 竹嶋 海刀 (勝輝) 117 1/4P(53.1Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  △ 奥田 朋子 (堺東ミツキ) 121 1/2P(55.0Kg)
      判定 0−1 ( 57−58・58−58・58−58 )
  △ ハヤシ トモ (姫路木下) 121P(54.8Kg)

8回戦 フェザー級
     OPBF東洋太平洋フェザー級12位・日本スーパー・バンタム級3位
  × テイル 渥美 (渥美) 125 1/4P(56.8Kg)
      判定 0−3 ( 76−77・76−78・75−77 )
  ○ 河村 真吾 (堺東ミツキ) 126P(57.1Kg)

10回戦 ミニマム級
     OPBF東洋太平洋ミニマム級11位・WBOアジアパシフィックフライ級12位・日本ミニマム級8位
  ○ 冨田 大樹 (堺東ミツキ) 104 1/2P(47.3Kg)
      判定 3−0 ( 98−94・99−93・97−95 )
     OPBF東洋太平洋ミニマム級15位
  × デシエルト 長池 (青木) 104 3/4P(47.4Kg)

2017年12月9日 マンダレイベイ  (USA・ラスベガス)

IBF世界王座決定戦
12回戦 スーパー・フェザー級
     IBF世界スーパー・フェザー級4位・OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級3位
  ○ 尾川 堅一 (帝拳) 129 1/2P(58.7Kg)
      判定 2−1 ( 115−113・116−112・112−116 )
  × テビン・ファーマー (アメリカ) 129 1/2P(58.7Kg)

2017年12月8日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 ライト・フライ級
  × 林 周 (レパード玉熊) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO4R 1'46"
  ○ 三原 陽太 (戸熄G樹) 108P(48.9Kg)

6回戦 58.3 Kg契約
  ○ 坂井 祥吾 (久米川木内) 128 1/4P(58.1Kg)
      TKO6R 0'49"
  × 鈴木 淳 (三谷大和スポーツ) 128 1/4P(58.1Kg)

4回戦 61.7 Kg契約
  × 熊澤 公佑 (T&T) 135 1/2P(61.4Kg)
      判定 0−3 ( 36−40・36−40・38−39 )
  ○ 須田 瑠希也 (戸熄G樹) 134 1/2P(61.0Kg)

6回戦 スーパー・フライ級
  × トンクラー・イサーントラクター (タイ) 114 1/4P(51.8Kg)
      KO5R 1'44"
  ○ ファイヤー 一休 (三谷大和スポーツ) 114 1/4P(51.8Kg)

8回戦 68.0 Kg契約
  ○ 越川 孝紀 (セレス) 151 1/4P(68.6Kg)
      TKO2R 2'24"
  × テーントーン・シットサイトーン (タイ) 149 1/4P(67.6Kg)

8回戦 フライ級
     日本フライ級13位
  × 太田 輝 (五代) 111 3/4P(50.6Kg)
      TD5R 0’37” 0−3 ( 47−49・47−49・46−49 )
     日本フライ級14位
  ○ ガンバレ 将太 (戸熄G樹) 111 3/4P(50.6Kg)

8回戦 ライト・フライ級
     日本ライト・フライ級8位
  △ 塚田 直之 (セレス) 107 1/2P(48.7Kg)
      TD5R 0’28” 1−0 ( 49−47・48−48・48−48 )
  △ 成塚 亮 (ワタナベ) 107 3/4P(48.8Kg)

A級トーナメント決勝戦
8回戦 スーパー・ライト級
     日本スーパー・ライト級2位
  × 岡本 和泰 (奈良) 139 3/4P(63.3Kg)
      TKO8R 2'12"
     OPBF東洋太平洋スーパー・ライト級5位・日本スーパー・ライト級1位
  ○ デスティノ・ジャパン (ピューマ渡久地) 140P(63.5Kg)

2017年12月6日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 西沢 匠 (鎌ヶ谷) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 2−0 ( 39−38・39−38・38−38 )
  × 渡辺 悠矢 (ワールド日立) 129 1/4P(58.6Kg)

4回戦 フライ級
  × 増田 大輝 (グワップ協栄) 111 3/4P(50.6Kg)
      TKO2R 2'59"
  ○ 濱上 京武 (島袋) 112P(50.8Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 長岡 大樹 (フラッシュ赤羽) 121 1/4P(54.9Kg)
      判定 3−0 ( 40−36・39−37・40−37 )
  × 磯部 優樹 (角海老宝石) 121 3/4P(55.2Kg)

6回戦 50.0 Kg契約
  △ 木橋 拓也 (上滝) 109 3/4P(49.7Kg)
      TD2R 1’47” 試合の前半のためドロー
  △ 阿部 義樹 (元気) 110 1/4P(50.0Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  × 高梨 直人 (TEAM 10COUNT) 108P(48.9Kg)
      TKO6R 1'02"
  ○ 内田 勇気 (KG大和) 107 3/4P(48.8Kg)

6回戦 ライト・フライ級
  × 山中 章弘 (フラッシュ赤羽) 107 3/4P(48.8Kg)
      TKO6R 1'20"
  ○ 佐宗 緋月 (T&T) 107 1/2P(48.7Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  × 氏原 文男 (フラッシュ赤羽) 129P(58.5Kg)
      判定 0−3 ( 72−78・72−78・71−79 )
     日本スーパー・フェザー級13位
  ○ 荒木 貴裕 (極東) 129 1/4P(58.6Kg)

8回戦 バンタム級
  × バンチャー・サイトーンジム (タイ) 117 1/2P(53.2Kg)
      TKO3R 0'15"
     OPBF東洋太平洋スーパー・フライ級8位・日本スーパー・フライ級4位
  ○ 中川 健太 (レイスポーツ) 117 3/4P(53.4Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
     日本バンタム級6位
  ○ 村中 優 (フラッシュ赤羽) 115 3/4P(52.4Kg)
      判定 3−0 ( 76−75・76−75・76−75 )
     日本スーパー・フライ級10位
  × 阿知和 賢 (ワタナベ) 116 3/4P(52.9Kg)

2017年12月5日  (タイ・バンコク)

8回戦 ミニマム級
     日本ミニマム級3位
  ○ 小野 心 (ワタナベ) 105P(47.6Kg)
      TKO1R 2'14"
  × タナポン・ウサーディー (タイ) 106P(48.0Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
     日本スーパー・フライ級11位
  ○ 長井 一 (ワタナベ) 115P(52.1Kg)
      KO1R 2'04"
  × パンヤ・ソンナ (タイ) 114P(51.7Kg)

8回戦 フェザー級
  ○ 渡部 哲也 (青木) 126P(57.1Kg)
      TKO2R 1'37"
  × サクダー・トゥラター (タイ) 128P(58.0Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 長谷川 慎之介 (青木) 130P(58.9Kg)
      TKO1R 0'47"
  × ナテー・マクスク (タイ) 130P(58.9Kg)

2017年12月4日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 アトム級
  △ 青木 沙耶香 (EBISU K’s BOX) 101 3/4P(46.1Kg)
      判定 1−0 ( 39−38・38−38・38−38 )
  △ 煖エ 菜々 (M.T) 101P(45.7Kg)

4回戦 48.5 Kg契約
  × 煖エ 怜奈 (ワタナベ) 106 1/4P(48.1Kg)
      判定 0−3 ( 38−39・37−40・37−39 )
  ○ 細田 めぐみ (SRS) 106 3/4P(48.3Kg)

4回戦 バンタム級
  × 堀口 咲喜 (角海老宝石) 117P(53.0Kg)
      TKO4R 1'53"
  ○ 縞馬 菜摘 (輪島功一スポーツ) 117P(53.0Kg)

4回戦 56.5 Kg契約
  × 藤原 茜 (ワタナベ) 123 3/4P(56.1Kg)
      判定 1−2 ( 40−37・38−39・37−39 )
  ○ 田中 智沙 (勝又) 124 1/4P(56.3Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  × 渡辺 顕也 (小熊) 129 3/4P(58.8Kg)
      判定 0−3 ( 37−40・38−39・37−39 )
  ○ 今井 朝日 (T&T) 129P(58.5Kg)

4回戦 60.0 Kg契約
  × 来山 悠一 (花形) 131 1/2P(59.6Kg)
      TD4R 2’28” 0−3 ( 37−39・37−40・38−39 )
  ○ 角田 知浩 (川崎新田) 131 3/4P(59.7Kg)

4回戦 スーパー・バンタム級
  ○ コウジ 神南 (ワタナベ) 121 1/2P(55.1Kg)
      TKO1R 2'14"
  × 鈴木 陸斗 (船橋ドラゴン) 119 3/4P(54.3Kg)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 豊田 和也 (小熊) 129 1/2P(58.7Kg)
      TKO1R 2'56"
  × 小松 裕道 (相模原ヨネクラ) 130P(58.9Kg)

4回戦 ライト級
  × 佐々木 悠登 (ワタナベ) 134 1/2P(61.0Kg)
      TKO1R 1'40"
  ○ 松本 北斗 (REBOOT) 134 1/4P(60.8Kg)

6回戦 60.0 Kg契約
     日本スーパー・フェザー級2位
  ○ 東上 剛司 (ドリーム) 132 1/2P(60.0Kg)
      TKO2R 0'45"
  × チャンチャイ・スックサーソンクロチェンマイ (タイ) 131 1/4P(59.5Kg)

2017年12月3日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

WBOアジアパシフィック王座決定戦
12回戦 フライ級
     OPBF東洋太平洋フライ級15位・WBOアジアパシフィックフライ級5位・日本フライ級12位
  ○ 坂本 真宏 (六島) 112P(50.8Kg)
      KO3R 2'29"
     WBOアジアパシフィックフライ級1位
  × クワンタイ・シスモーゼン (タイ) 111 3/4P(50.6Kg)

WBOアジアパシフィック王座決定戦
12回戦 スーパー・フライ級
     WBOアジアパシフィックスーパー・フライ級1位・日本スーパー・フライ級9位
  ○ 向井 寛史 (六島) 115P(52.1Kg)
      KO1R 1'33"
     WBOアジアパシフィックスーパー・フライ級5位
  × インタノン・シッチャモアン (タイ) 114 1/2P(51.9Kg)

OPBF東洋太平洋タイトルマッチ
12回戦 バンタム級
     WBC世界バンタム級6位・IBF世界バンタム級8位・OPBF東洋太平洋バンタム級チャンピオン
  ○ マーク・ジョン・ヤップ (六島) 118P(53.5Kg)
      KO10R 2'44"
     OPBF東洋太平洋バンタム級8位・日本バンタム級2位
  × 高野 誠三 (真正) 118P(53.5Kg)

OPBF東洋太平洋・WBOアジアパシフィックタイトルマッチ
12回戦 ミドル級
     WBCユース世界ミドル級チャンピオン・OPBF東洋太平洋ミドル級チャンピオン
  × 太尊 康輝 (六島) 160P(72.5Kg)
      TKO5R 1'46"
     OPBF東洋太平洋ミドル級12位・WBOアジアパシフィックミドル級チャンピオン・日本ミドル級3位
  ○ 秋山 泰幸 (ワタナベ) 158 3/4P(72.0Kg)

2017年12月3日 エディオンアリーナ大阪第2競技場(大阪府立体育会館) (大阪府)

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 三尾 翔 (グリーンツダ) 129 3/4P(58.8Kg)
      TKO4R 1'54"
  × 橋本 大河 (広島三栄) 130P(58.9Kg)

4回戦 58.0 Kg契約
  × 石田 学 (YANAGIHARA) 127P(57.5Kg)
      TKO3R 0'30"
  ○ 福井 貫太 (寝屋川石田) 128P(58.0Kg)

4回戦 ライト級
  − 内村 竜平 (グリーンツダ) 134 1/2P(61.0Kg)
     
  − 加納 大地 (広島三栄) 135P(61.2Kg)

4回戦 62.0 Kg契約
  × 森田 光樹 (陽光アダチ) 136P(61.6Kg)
      TKO1R 0'57"
  ○ 石脇 麻生 (寝屋川石田) 136 3/4P(62.0Kg)

6回戦 51.8 Kg契約
  ○ 那須 亮祐 (グリーンツダ) 114 1/4P(51.8Kg)
      TKO1R 2'50"
  × 山本 大智 (KTT) 113 3/4P(51.6Kg)

6回戦 ウエルター級
  × 金本 祥平 (グリーンツダ) 147P(66.6Kg)
      判定 0−2 ( 56−59・57−57・57−58 )
  ○ 嶋川 雄哉 (大星森垣) 143 1/2P(65.0Kg)

8回戦 ライト級
     日本ライト級8位
  ○ 前田 絃希 (グリーンツダ) 135P(61.2Kg)
      判定 3−0 ( 79−74・77−76・78−74 )
  × 金 泰秀 (井岡) 134 1/2P(61.0Kg)

8回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 田中 一樹 (グリーンツダ) 121 3/4P(55.2Kg)
      TKO7R 2'06"
  × 丸亀 光 (竹原慎二&畑山隆則) 121 3/4P(55.2Kg)

8回戦 53.0 Kg契約
     日本スーパー・フライ級3位
  ○ 奥本 貴之 (グリーンツダ) 117P(53.0Kg)
      KO1R 1'37"
  × サッタワット・サイトーンジム (タイ) 115 1/2P(52.3Kg)

2017年12月3日 刈谷市あいおいホール (愛知県)

4回戦 スーパー・ライト級
  × 冨田 雅季雄 (三津山) 139P(63.0Kg)
      TKO1R 1'46"
  ○ 下田 一貴 (天熊丸木) 139 1/2P(63.2Kg)

4回戦 スーパー・フライ級
  × 今村 太秋 (緑) 114P(51.7Kg)
      判定 0−3 ( 37−40・37−39・36−40 )
  ○ 中澤 誠也 (本橋) 114P(51.7Kg)

4回戦 54.5 Kg契約
  × 大森 雄貴 (三津山) 119 1/2P(54.2Kg)
      TKO2R 1'26"
  ○ 加賀 聖也 (タキザワ) 119 1/2P(54.1Kg)

4回戦 57.5 Kg契約
  − 山口 号珠 (横浜光)  計量失格
      中止
  − 佐々木 政城 (天熊丸木) 

4回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 溝越 斗夢 (緑) 129 1/2P(58.7Kg)
      TKO1R 1'52"
  × 児玉 宏紀 (タキザワ) 128 3/4P(58.4Kg)

8回戦 ライト級
  ○ 山口 祥吾 (唯心) 135P(61.2Kg)
      KO1R 1'00"
     インドネシアライト級1位
  × サム・プアディ (インドネシア) 132 3/4P(60.2Kg)

6回戦 ヘビー級
  ○ 上田 龍 (石神井スポーツ) 221P(100.2Kg)
      TKO2R 2'00"
     KBMヘビー級2位
  × キム サンホー (韓国) 200 3/4P(91.0Kg)

6回戦 ヘビー級
     OPBF東洋太平洋ヘビー級7位・日本ヘビー級1位
  ○ 竹原 虎辰 (緑) 248P(112.4Kg)
      判定 3−0 ( 59−55・58−56・58−56 )
     KBMヘビー級3位
  × イ プウイン (韓国) 200 3/4P(91.0Kg)

10回戦 スーパー・ウエルター級
     OPBF東洋太平洋スーパー・ウエルター級4位・WBOアジアパシフィックスーパー・ウエルター級5位・日本スーパー・ウエルター級2位
  ○ 丸木 凌介 (天熊丸木) 154P(69.8Kg)
      KO3R 1'33"
     インドネシアウエルター級チャンピオン
  × フィリプス・ランガ (インドネシア) 152 3/4P(69.2Kg)

2017年12月2日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 スーパー・フライ級
  ○ 藍原 伸太 (帝拳) 114 1/2P(51.9Kg)
      判定 3−0 ( 39−37・39−37・39−37 )
  × 入稲福 敬 (ドリーム) 114P(51.7Kg)

6回戦 スーパー・バンタム級
  ○ 舟山 大樹 (帝拳) 121 3/4P(55.2Kg)
      判定 3−0 ( 58−57・59−55・58−56 )
  × 提箸 弘幸 (宮田) 121 1/2P(55.1Kg)

8回戦 スーパー・フェザー級
  ○ 永田 翔 (アベ) 129P(58.5Kg)
      判定 3−0 ( 79−75・78−74・78−75 )
  × 坂本 尚志 (青木) 129 1/4P(58.6Kg)

8回戦 フェザー級
     日本フェザー級10位
  ○ 佐々木 洵樹 (帝拳) 126P(57.1Kg)
      判定 3−0 ( 79−73・78−75・78−75 )
     フィリピンフェザー級13位
  × ウィー・カンポス (フィリピン) 125 1/4P(56.8Kg)

8回戦 スーパー・フライ級
     日本スーパー・フライ級12位
  ○ 梶 颯 (帝拳) 114P(51.7Kg)
      判定 3−0 ( 76−74・77−75・77−74 )
     フィリピンフライ級14位
  × ジュン・ブラゾ (フィリピン) 114P(51.7Kg)

8回戦 スーパー・ウエルター級
     インドネシアスーパー・ウエルター級3位
  × マキシ・ジェニナー (インドネシア) 151P(68.4Kg)
      KO1R 2'39"
     日本スーパー・ウエルター級9位
  ○ 清水 優人 (木更津グリーンベイ) 153 1/4P(69.5Kg)

10回戦 62.5 Kg契約
     WBA世界ライト級15位・WBO世界ライト級4位・OPBF東洋太平洋ライト級2位・WBOアジアパシフィックライト級チャンピオン
  ○ 荒川 仁人 (ワタナベ) 137 3/4P(62.4Kg)
      判定 3−0 ( 97−93・97−93・98−93 )
     フィリピンライト級3位
  × アドニス・アゲロ (フィリピン) 138P(62.5Kg)

2017年12月1日 後楽園ホール (東京都)

4回戦 ミニマム級
  × 山本 蓮真 (RK蒲田) 104 3/4P(47.4Kg)
      判定 1−2 ( 38−37・37−38・37−38 )
  ○ 田中 雅波 (北澤) 105P(47.6Kg)

6回戦 スーパー・ライト級
  × カエオモーラコット・サックアヌムオー (タイ) 139 1/2P(63.2Kg)
      TKO1R 1'01"
  ○ 大野 俊人 (石川ジム立川) 140P(63.4Kg)

8回戦 58.0 Kg契約
  ○ 中川 祐 (竹原慎二&畑山隆則) 128P(58.0Kg)
      TKO1R 1'50"
  × 片桐 秋彦 (川崎新田) 127 3/4P(57.9Kg)

8回戦 55.8 Kg契約
  × 新座 宏 (フラッシュ赤羽) 123P(55.7Kg)
      TKO7R 2'24"
     日本スーパー・バンタム級14位
  ○ 臼井 欽士郎 (横浜光) 123 1/4P(55.8Kg)

8回戦 バンタム級
  × ライアン・ルマカド (フィリピン) 120 3/4P(54.7Kg)
      KO2R 3'09"
     日本バンタム級14位
  ○ 栗原 慶太 (一力) 118P(53.5Kg)

日本タイトルマッチ
10回戦 フェザー級
     IBF世界フェザー級10位・OPBF東洋太平洋フェザー級5位・WBOアジアパシフィックフェザー級4位・日本フェザー級チャンピオン
  × 坂 晃典 (仲里) 126P(57.1Kg)
      KO5R 3'06"
     日本フェザー級7位
  ○ 大橋 健典 (角海老宝石) 126P(57.1Kg)

WBO女子世界王座決定戦
10回戦 ライト・フライ級
     WBA女子世界フライ級チャンピオン・WBC女子世界フライ級3位
  ○ 藤岡 奈穂子 (竹原慎二&畑山隆則) 107 1/2P(48.7Kg)
      判定 3−0 ( 99−91・98−92・96−94 )
  × ヨカスタ・バジェ (コスタリカ) 106 1/4P(48.1Kg)