東京都文京区後楽1-3-61(株)東京ドーム内 TEL:03-3816-5761

ボクシング広報12月号
image
表紙の言葉
村田諒太の覚悟
激戦区に殴り込みだ

「バケモノ」――。1995年12月19日、日本で初めて行われた世界ミドル級タイトルマッチで挑戦者の竹原慎二は王者ホルヘ・カストロのことを、こう表現した。
当時カストロは104戦98勝(68KO)4敗2分というレコードを誇り、KO負けはおろか、ダウンの経験すら皆無のウルトラ・タフガイ。竹原とて23戦全勝(18KO)と東洋無敵だが、戦前は悲観的な声が多く、「負け戦(いくさ)」などと揶揄(やゆ)された。王者の圧倒的なキャリアを聞き、テレビ局も躊躇した。「勝てる見込みはあるのか」、「ミスマッチではないのか」――。結局、生中継はなく、これまで竹原の試合を放映してきた局ではなく、テレビ東京が関東ローカル深夜枠で録画中継するにとどまった。試合後、テレビ関係者はこの歴史的一戦を生中継しなかったことを大いに悔やむことになるのだが……。
 世間の冷たい風評に竹原は「見返してやる」と闘志をみなぎらせた。この大一番で“広島の粗大ゴミ”と呼ばれた元不良少年が一世一代の大仕事をやってのける。3回には左ボディーブローをレバーにめり込ませ、不沈艦の王者から初めてダウンを奪い、最後まで果敢に打ち合って判定勝ち。歴史的快挙へと繋げた。
「日本人ボクサーでは不可能」といわれた奇跡の戴冠から22年。日本中の期待を集める村田諒太がアッサン・エンダムとの再戦に挑んだ。
 疑惑の判定負けから5カ月。WBAからの再戦勧告もあり両雄のダイレクト・リターンマッチが実現。ゲンナディ・ゴロフキンや、サウル・アルバレスなどの強豪がひしめき、世界でも最大激戦区ともいわれるミドル級で、2戦連続で日本での開催を実現させた関係者各位の尽力が偲ばれる。
 緒戦では3回まで極端に手数が少なく、ロスポイントを重ねた村田だったが、今回は強固なガードを固めながら左を多用。プレスも強い。4回、強烈な左ボディーブローが炸裂。5回には、右ストレートがアゴを射抜き、6回、右で王者を腰くだけにする。一方的に打たれるエンダムは成す術なく、7回終了でギブアップし、ニューヒーローが誕生した。
 これでオリンピック金メダリスト初の日本人プロ世界王者が誕生。さらに1904年のセントルイス大会で近代オリンピックに初めてボクシングが採用されて以来、ミドル級金メダリストがプロの世界王者に就くのも初の快挙(ゴロフキンは2004年アテネ大会ミドル級銀メダリスト)。
 ちなみに当日は衆議院議員総選挙の開票速報とテレビの放映時間が重なったが、平均20.5%と高視聴率をマーク(最高瞬間視聴率は26.7%)。村田への関心度の高さがうかがえる。
 試合後、「僕より強いミドル級チャンピオンがいる」とゴロフキンを意識する発言に村田の覚悟を感じた。さぁ、激戦区に殴り込みだ。
(デザイナー・周東良次)
巻頭言:2017年の日本ボクシング界を振り返って

WBA世界ミドル級タイトルマッチ
村田諒太、金メダリストから世界王者へ
WBC世界フライ級タイトルマッチ
比嘉、14連続KO勝利で初防衛に成功!
WBC世界ライト・フライ級タイトルマッチ
拳四朗、元王者を判定で降しV1
WBA世界スーパー・フライ級タイトルマッチ
石田、敵地で判定負け。王座獲得ならず!
IBF世界スーパー・ライト級王座決定戦
近藤、判定でリピネッツに敗れる
OPBF東洋太平洋スーパー・バンタム級タイトルマッチ
大竹、老獪なボクシングでV2に成功!
OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
中山、終盤の追い上げで辛くもドロー防衛
WBOアジア&パシフィックバンタム級タイトルマッチ
勅使河原、ジム初の王座を獲得!
OPBF東洋太平洋・WBOアジア&パシフィックヘビー級タイトルマッチ
藤本、5回KO勝利で2冠を堅持
日本ライト級王座決定戦
吉野、6戦目で日本王座を獲得!
日本ウエルター級王座統一戦
有川、TKO勝ちで日本王座を統一
TOPICS
◆井上尚弥と拳四朗が年末に防衛戦
◆中真茂会長が逝去
◆尾川堅一がアメリカで世界戦
◆JBC・中日本ボクシング協会合同医事講習会報告
◆東京試合役員会議事録
◆11月度ランキング委員会報告
◆タイトル返上届
◆引退届
◆移籍届
◆リングネーム変更届

Fight of the month
This Division
プロテスト合格判定基準
プロボクサー新人テスト申込書
ライセンス更新手続き
公式試合日程
女子プロボクサー新人テスト申込書
テスト合格者
出場禁止ボクサー
ウエイト変更勧告
拳闘史
公式試合記録
ライセンス交付者
バックナンバー案内
ランキング
WBA
WBC
IBF
WBO
OPBF
WBA女子
WBC女子
日本

あとがき
ジム住所録一覧

ご購入をご希望の方は、郵送先・お名前を明記の上、販売価格740円(送料/税込み)を現金書留にて下記の宛先までお申込みください。

〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61 (株)東京ドーム内
(財)日本ボクシングコミッション 広報購読係
電話:03-3816-5761~2

ご不明な点やお問合せがございましたら、ご連絡ください。